昭和の戦前、なんと中央線に沿って「乗馬道」があった! いったいなぜなのか

かつて、中央線の代々木~千駄ヶ谷間の鉄道線路に沿って乗馬道があったのをご存じでしょうか。その理由について、地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


長さは約750m、幅は約7m

 昭和の戦前、中央線の代々木~千駄ヶ谷間の鉄道線路に沿って、意外な道が延びていました。長さ約750m、幅約7mの乗馬道です。馬が走りやすいように、路面には砂と木くずを混ぜたものが敷かれ、乗馬道の両端には周回広場があり、馬つなぎ場、馬用の水槽も設けられていました。

乗馬道のある連絡道図。乗馬道『明治神宮外苑志』1937年より(画像:内田宗治)

 線路と乗馬道との間には高木が密に植えられていたので、電車から乗馬道はよく見えず、そのためあまり知られていなかったようです。

 東京で数多くの馬車が運行され、荷馬車向けも含めて馬が数多くいたのは明治30年代くらいまでです。大正時代を経て乗馬道が完成した1928(昭和3)年頃では、町中で馬の姿はほとんど見かけなくなっていました。なぜここに乗馬道がつくられたのでしょうか。

 その理由は、この道が明治神宮北参道入り口と神宮外苑(がいえん)西北端を結ぶ連絡道路だったためです。

 そして皇族の閑院宮載仁(かんいんのみや ことひと)親王が、当時としても突拍子もないこの乗馬道案を強く主張したためです。閑院宮は皇族軍人として活躍し、当時陸軍元帥にまで上り詰めていました。絶大な強さの発言権をもっていたわけです。

実は歴史の浅い明治神宮

 乗馬道の立地を見るうえで、明治神宮(内苑〈ないえん〉)と神宮外苑の歴史を確認しておきましょう。

明治神宮(画像:写真AC)

 明治神宮は、内苑と外苑とに分かれます。ともに明治天皇の崩御後、その遺徳を永く後世に伝えるために計画されたものです。

 一般に明治神宮と呼ばれるのは、原宿駅に隣接して広がる内苑部分を指しています。明治天皇および昭憲皇太后(明治天皇の皇后)を祭神として造営された神社です。

 境内に足を踏み入れるとうっそうとした森が広がっているので、古くからある神社だと思われがちですが、1920(大正9)年の創建です。都内の神社としては、かなり新しいものといえましょう。

連絡道路の総延長は約1200m、幅は約36m


【画像】中央線に沿った「乗馬道」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_horse_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画