大田区「COCOFUROますの湯」はサウナが毎日無料! 冷たい黒湯温泉もくつろぎソファも最高だった【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(14)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第14回は、大田区の西馬込駅からスタートです。


池上梅園の庭園にウットリ

 ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第14回は、大田区の西馬込駅からスタートです。

※ ※ ※

 久しぶりに大田区の、あの濃厚な黒湯に入りたくて出掛けたのが、都営浅草線は西馬込駅。

 ここ終点なんですな。そこからちょいと池上本門寺方面へ。

 まずは池上梅園(大田区池上)。

 グルグルしてっと、ここは梅の咲く季節は最高だろうなぁと、すてきな庭園を見て回ります。

 ここはどうやら日本画家の伊東深水氏の自宅兼アトリエだった所で、戦火で焼けた所を再建した物なんだそうです。

 ふーん、なんてウロウロ。

 せっかくだからそのまま池上本門寺まで歩き、いやはや万歩計が何と9523まで記録されております。でもここからが大変っすよ。銭湯は逆方向ですから。

土・日・祝はサウナが無料

 第2京浜を渡って、東急池上線の久が原駅に向かいます。

 途中に久が原湯(久が原)ってのがあるけど、ここは人気があるのか家族が多いのか、人数制限されてて入れず、それじゃあ駅スグ目の前のCOCOFUROますの湯(南久が原)に向かいます。

大田区南久が原にある銭湯「COCOFUROますの湯」ののれん(画像:島本慶さん制作)

 この銭湯はいいんですよ。2年前にリニューアルされててスゴクおしゃれな雰囲気。しかもサウナ無料ですからねぇ。

 まずはげた箱に靴を入れ、券売機で大人470円のチケットを買いフロントへ。

 脱衣場でサクサク服を脱ぎます。洗い場に入ると、さすがにみんな黙浴。

 まずはカランを確保してと、ん? シャンプーにボディーソープも置いてあって、何々? 冷たいシャンプー? へーえ、何か気持ち良さそう。

冷たい黒湯温泉もある


【地図】今回登場した銭湯をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_sento_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画