お金持ちの象徴「タワマン」が密集! 東京・豊洲はいつから「憧れの街」になったのか

タワーマンションの並ぶ湾岸の繁華街として知られる江東区「豊洲」。その繁栄の変遷について、フリーライターの出島造さんが解説します。


かつては「陸の孤島」

 湾岸タワーマンションが密集し多くの富裕層が住む「憧れの街」、江東区・豊洲――関東大震災後の埋め立てで生まれ、かつて五号地と呼ばれたこの地域は、石川島播磨重工業(現・IHI)の東京第一工場や新東京火力発電所が立地し、東京都港湾局専用線の線路が張り巡らされた工業地帯でした。また工場の周辺にはそこで働く従業員の社宅や商店が並び、現在とは違うにぎわいがありました。

豊洲(画像:写真AC)

 そんな豊洲に変化が起きたのは1988(昭和63)年6月。有楽町線が延伸し、豊洲駅が開業した頃からでした。1990(平成2)年6月に、東京都が豊洲・晴海地区開発の具体的な方向性を示した「豊洲・晴海開発整備計画」を発表。ここでは埠頭(ふとう)機能の移転などによって住宅地と商業地を整備し、21世紀初頭までに6万人が住む都市を目指すことが計画されていました。

 豊洲が新たな街へと進化するきっかけは、間違いなく豊洲駅の誕生でした。それまでの豊洲は有楽町までわずか4kmというエリアでありながら、公共交通機関は都バスのルートが4本のみ。有楽町線開通を報じる当時の新聞各紙も「陸の孤島だった」と書いていますから、確かに不便だったのでしょう。今でも有楽町方面には勝どき経由などで都バスが走っていますが、地下鉄がなければ確かに不便です。

 この開通を祝い、当時74店舗からなっていた商店街の組織・豊洲商友会では、豊洲駅近くにあった石川島播磨重工グラウンドを借りて「’88豊洲フェスティバル」を開催、パレードやミニSLで大いに盛り上がりました。

 この時点で再開発計画はまだ動き出したばかりで、十数年後に豊洲がタワーマンションを軸とした一大繁華街になると考えている人は決して多くありませんでした。

タワマン林立は1992年から


【明治~令和】地図と航空写真で見る「豊洲」の変遷

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_toyosu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画