まさにコンクリートジャングル! 新宿西口に「超高層ビル」が集中しまくってるワケ

世界有数の大都市「新宿」。多くの高層ビルが建つ様は、まるでコンクリートジャングルのよう。新宿はなぜこのような街になったのでしょうか。代々木ゼミナール地理講師の宮路秀作さんが解説します。


新宿駅の乗降客数は1日約353万人

 1日約353万人――。これは2017年の新宿駅を利用する乗降客数の平均値です。

 新宿駅はJR東日本各線に加え、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、東京都交通局の5社が乗り入れています。ここから東京西部、神奈川県北西部、埼玉県南部などのベッドタウンと結ばれ、通勤で都心へやってくる人たちでごった返します。

 横浜市の人口が378万273人(2021年5月1日速報値、横浜市のウェブサイトより)であることから、まるで「横浜市民が大挙して新宿駅にやってくる!」といった具合です。なお新宿駅を利用する乗降客数は、世界記録としてギネスブックに掲載されています。

 一般的な都市機能は「職住学遊」に集約されますが、新宿駅は「職」機能に特化していると言っても過言ではありません。そのため、新宿駅周辺、特に西口周辺にはオフィスビルが立ち並び、まるで「コンクリートジャングル」の様相です。

新宿西口の風景(画像:写真AC)

 いったい新宿がコンクリートジャングルとなっているわけはどこにあるのでしょうか? 今回は、こちらの謎をひもといていきます。

色別標高図から分かること


【明治初期】新宿西口の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_shin_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画