東京の銭湯経営者に「北陸出身が多い」説は本当か?

東京の銭湯には北陸出身者が多いとよく言われますが、本当でしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが資料を基に解説します。


「石川県出身の銭湯経営者は大阪で六割」

 東京の銭湯には北陸(新潟県・富山県・石川県)出身者が多いという説があります。同様の説は京阪神であります。

 早速調べてみると、『北國新聞』2002年10月8日付に掲載された全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会(千代田区東神田)の大会が金沢市で開催されたことを報じる記事では、『「父祖の地」で全国大会』として

「石川県出身の銭湯経営者は大阪で六割、京都で八割を占め、関東でも新潟に次いで石川や富山、福井の出身者が多い」

としています。

 北陸新幹線開業を控えた2012年には、富山市が観光PRの一環として、都内各地の銭湯のペンキ絵に立山連峰や路面電車「富山ライトレール」を描いています。このような一風変わったPRが行われたのは、東京の銭湯関係者に北陸出身者が多いから。

 この観光PRを報じた『東京新聞』2012年9月21日付の記事では、この年にペンキ絵が描かれた

・菊水湯(文京区本郷)
・世界湯(中央区日本橋)
・第二日の出湯(大田区西蒲田)
・燕湯(台東区上野)
・松の湯(墨田区東向島)

は、いずれも店主やその親が富山市などの北陸出身であるとし、東京都公衆浴場業生活衛生同業組合の説として

「富山、石川両県出身者の創業者や店主が多いのは、農家の次男や三男が都会に出て下積みを重ね、独立して自分の店を持ったことが理由といわれるという。雪の多い厳しい自然環境で培った粘り強さも関係しているとみている」

としています。

詳細を知るべく図書館へ

 これは納得のいく理由ですが、もっと詳しいことが知りたくなります。

昭和レトロな銭湯のイメージ(画像:写真AC)

 そう考えて、図書館で資料を探していたところ、國學院大学研究開発推進センター渋谷学研究会が編集するブックレット『渋谷学』を見つけました。

 渋谷学というのは、國學院大学(渋谷区東)が2002(平成14)年に創立120周年を迎えたことを契機に記念事業として展開しているもので、渋谷の街をさまざまな学問を使って研究しています。

 渋谷の文化や歴史など、研究者がそれぞれの専門を駆使してアプローチしているわけですが、古い歴史を知る人たちへの聞き取りも多くおこなわれており、実に興味深い研究事業です。

國學院大学の研究結果


【人気ランキング】入浴後に飲みたくなる「ドリンク」 ビール、お茶、1位は……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_sento_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画