花見イベント中止のストレスを癒やしてくれるのは「お台場のチューリップ」かもしれない

新型コロナウイルスのまん延で、今春はお花見が開催できませんが、サクラのかわりにチューリップはいかがでしょうか。場所は都内のお台場。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


宣言解除後も「密」を避ける人たち

 友達や同僚とごはんを食べたりお酒を飲んだりして、コミュニケーションする時間はとても楽しいものです。しかし、新型コロナウイルスのまん延後、会食控えが叫ばれ、世間には自粛ムードが漂っています。

 春は別れと出会いの季節であり、本来なら送別会・歓迎会があちこちで開催されているはずでした。しかし2回の緊急事態宣言、そして宣言解除後も「密」を避けるように繰り返し注意が促されています。

 花見シーズンである3月から4月にかけて、サクラの名所には多くの人が詰め掛けます。東京都内にも

・上野恩賜公園(台東区上野公園)
・飛鳥山公園(北区王子)
・隅田川
・目黒川

といった名所は多く、昼夜を通じて花見で盛り上がります。

 コロナの影響で大勢で集まって飲食を伴う花見はできないため、2021年の花見は桜並木をそぞろ歩いて楽しむといったスタイルに切り替わっています。

コロナ禍における花見の在り方

 世間で言われているように、私たちができるコロナの予防策は密を避けることが最善です。

 とはいえ、ずっと家にこもっているわけにもいきません。外出して気分転換をしたり、遊びたくなったりするのは誰でも同じです。特に春は気分が高揚して、出掛けたくなる季節です。

パレットタウンの観覧車近くの広場に植栽されたチューリップ(画像:小川裕夫)

 サクラの名所は人でごったがえしてしまいますが、近年はサクラではない花見も盛んに提唱されるようになりました。サクラと比べると穴場スポットになるので密になりにくく、それゆえにコロナ禍における花見としては打ってつけです。

 とはいえ、花を愛(め)でるために人里から離れた山奥へ足を運ぶのは非現実的です。そこまでしなくても、東京の都心部にはサクラ以外の花を楽しめる穴場スポットがたくさんあります。

都内の穴場スポットとは


【事前にチェック】お台場のチューリップが咲く場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210405_tulip_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画