訪れた人を時空旅行にいざなう街「青梅」 江戸商家から猫スポットまで、その魅力の真髄に迫る

青梅市の観光といえば、御嶽山ハイキングなどが思い浮かびますが、実は街中にも多くの魅力が詰まっています。都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


映画が輝いていた時代の記憶が残るまち

 東京駅から在来線を乗り継いで1時間半の青梅。市の観光案内を見ると、御嶽山(みたけさん)のハイキングや御嶽渓谷のカヤック、そして四季折々の花を愛でるコースなど、そのほとんどが大自然を堪能するものばかり。今回は、そんな大自然に囲まれた青梅のちょっと変わった楽しみ方のご提案です。

 青梅は、江戸時代から石灰、木材、織物産業で栄え、江戸中期に整備された青梅街道が、地の利を生かした江戸との通商に拍車をかけます。特に江戸から明治期の「青梅縞(じま)」、明治から戦後までの「青梅夜具地(やぐぢ)」に代表される織物は、青梅の発展を根底からささえた基幹産業でした。

 青梅は今、江戸時代の商家から明治期の蔵造り、戦前の看板建築や町家、そして平成に展開された映画の街としてのまちおこしの名残など、さまざまな時代の栄枯盛衰が渾然一体となって共存し、摩訶不思議な異空間を作り出しています。そんな青梅の魅力を、

1.映画の街
2.看板建築
3.町家建築
4.三業地
5.猫の街
6.昭和幻燈館

の6つのポイントから、具体的に解説します。

1.映画の街

 まずは映画の街としてまちおこしをした名残から。青梅駅構内の地下通路には、壁一面に往年の名作映画の看板が展示されています。『旅路』『終着駅』『怪傑黒頭巾』『鉄道員(ぽっぽや)』。洋邦ないまぜ、時代もまちまちに並べられた映画の看板群は、とても駅の構内とは思えません。

駅の構内とは思えない異空間を現出する映画の看板(画像:黒沢永紀)

 街へ歩みだしても、旧青梅街道のそこかしこに掲げられた映画の看板が目を楽しませてくれます。『ティファニーで朝食を』やフェリーニの『道』。色、フォント、表情、すべてが懐かしの映画看板そのもの。

 実はこれらの看板は看板絵師、久保板観(ばんかん)さんの作品。90年代初頭に青梅で開催されたアートフェスティバルで描いて以来、まちおこしも兼ねて描き続けては掲示されてきたのだそうです。

 惜しくも板観さんは、2018年の初春にこの世を去り、新作を見ることは叶わなくなってしまいました。今では老朽化による崩落の危険もあるため、徐々に撤去されつつあるのが残念です。

 市内には、板観さんの手による看板以外にも、大小さまざまな手描きの看板が見られます。例えばバス停の上にはマリリン・モンローの『バス・スットプ』や、傘屋の上には『シンギング・イン・ザ・レイン』など、洒落の効いた演出もまた一興。

 しかし現在、青梅に映画館はありません。映画が最も輝いていた時代の記憶だけが封印されたかのようです。

変わった造りの看板建築も


【写真】市内の「昭和レトロ商品博物館」。所狭しと懐かしの昭和グッズがひしめいている!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_ohme_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画