散歩好きからジャニーズファンまでが夢中に 赤羽駅西側の「凸凹スポット」とは【連載】拝啓、坂の上から(7)

赤羽と言えば、昭和のムード漂う飲食店や居酒屋が集まるイメージがあります。しかしそれは平地の駅東側で、西側は起伏にとんだ土地となっています。そんな赤羽エリアをフリーライターの立花加久さんが歩きました。


いたるところに階段坂がある赤羽

 太陽の光を浴びながら、見晴らしの良い坂のある、起伏に富んだ街を散歩するのは快適です。平地では使われない脚の筋肉も鍛えられ、野山ハイキングぐらいのエクササイズ効果も期待できます。緊急事態宣言が3月7日(日)に解除されたら、試してみることをお勧めします。

 都内には見晴らしの良い坂の集まる街がいくつかありますが、今回紹介するのは東京都北区にある赤羽です。赤羽に行くには京浜東北線や埼京線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインが走るJR赤羽駅が便利です。

 赤羽の地名の由来は、荒川の流れに削られ露出した赤い粘りのある土「赤埴(あかはに)」と言われています。そんな赤羽ですが、河岸段丘の低地が北の荒川から東にかけて広がり、西から南にかけては武蔵野台地がせり上がる起伏のあるエリア。散歩するにも飽きさせない、都内でも珍しいエリアなのです。

 赤羽は昭和のムードが漂う飲食店や居酒屋が集まるイメージが強いですが、それは駅の東口側。こちらは起伏の無い平地で、見晴らしの良い坂は反対の西口側となります。

 西口側は台地が織り成す起伏に富んだ丘陵地形が広がります。少し歩いただけで、いたるところに急な階段坂や、高低差のある地形が現れるのです。

標高20mからの眺め


【画像】今回登場するビュースポット(18枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_21-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210209_saka_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画