日本の「職人技」とは何か、そしてなぜ継承が必要なのか? ユネスコ無形文化遺産登録を機に考える

このたび、木造建造物を受け継ぐための伝統技術「伝統建築工匠の技」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。どのような技術で、なぜ技術継承は必要なのでしょうか。ユネスコフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


人から人へと受け継がれてきた職人技

 新型コロナウイルスの感染拡大により、訪日外国人観光客の姿が街から消えました。それまではあちこちでその姿を見かけただけに、新型コロナウイルスの脅威を感じさせます。

 訪日外国人観光客の多くは神社仏閣や和食といった日本の伝統文化、漫画やアニメといった“クールジャパン”に強い興味を抱き、また、それら日本の文化を目的に訪日していました。

 その日本文化のうち、和食は2013年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されています。アニメや漫画は歴史が浅いこともあって、登録までには歳月を要するかもしれません。しかし、このほど新たに神社仏閣の基礎的技術ともいえる「伝統建築工匠の技」が無形文化遺産に登録されました。

 現在、多くの住宅やビルといった建築物はハウスメーカー、デベロッパー(開発会社)、ゼネラルコントラクター(総合建設会社)といった建設・土木の企業が手がけています。企業がそうした施工を請け負うことで、安定的に、安価に、迅速に建物を生み出すことができるのです。

 一方、法隆寺や東大寺といった寺社建築、江戸城や大阪城といった城郭建築、そのほかにも歴史遺産ともいえる建築物・建造物は熟練技を養ってきた職人たちの手で築かれてきました。

 職人技は熟練を要するので、一朝一夕に体得できません。また、「体」得という言葉からもわかるように、繰り返し作業をして体で覚える、感覚を養うことが求められます。そのため、指南書などの文字にして語り継ぐことも難しく、その技術は人から人へと受け継がれてきたのです。

需要減少にともない危ぶまれる技術の継承


【画像】今回ユネスコに登録された「日本の職人技」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画