川を越えればすぐ川崎 東京23区の端っこ「六郷土手」には一体何があるのか

東京都の端っこ、多摩川沿いの大田区・六郷土手駅とその周辺には一体何があるのでしょうか。紀行ライターのカベルナリア吉田さんが解説します。


駅前は土手

 本当に土手だ――。

 京浜急行の六郷土手駅ホームに降り立ち、しばし絶句しました。高架上にあるホームの端っこに立つと、目の前に多摩川の土手が広がっています。駅名に「土手」ってどういうこと? と思ったら、その名の通り駅前は土手なんです。

 ちなみに多摩川の向こうは、神奈川県の川崎市。六郷土手駅は、東京23区の端っこの駅でもあるわけです。取りあえず階段を下り、高架下の薄暗く狭い改札を抜け、駅を出ます。

六郷土手駅の入口は高架下(画像:カベルナリア吉田)

 小さなワッフルカフェがポツンとあるだけの、ガード下の駅出入り口。駅前ロータリーはありません。そしてガード出口を歩道のない道路が横切り、車が途切れずに走り抜けていきます。

 道沿いには居酒屋が数軒と、雑居ビルの2階に年季の入ったカフェの看板、小さな和菓子屋もあります。「六郷チャーハン」のメニューを出すラーメン屋も。「六郷土手商店街」の看板も一応連なりますが、歩道なしの狭い道なのに交通量が多いので、落ち着いて歩けません。

 道は東に進んだすぐ先で、第一京浜と交差しています。それで交通量が多いのです。とにかく「土手」駅前で下りたのだから、取りあえず土手に出ましょう。多摩川方面に延びる、ガード下の脇道へ。

たび重なる氾濫にブチ切れ(?)架橋断念


【画像】三差路でも、四差路でも、五差路でも、六差路でもない、衝撃の「七差路」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200416_rokugo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画