都内の高層ビルはどのくらい増えているのか?「変貌の20年」を辿る

東京都内の至るところに林立する高層ビルや高層マンション。その数はこの20年間でどのように変化してきたのでしょうか。データをひもとくと、都市の変貌の過程が見えてきます。統計データ分析家の本川裕さんが図表を使って解説します。


防災面で再注目を集めるタワーマンション

 2011年の東日本大震災の際、東京の臨海部では、浦安やベイエリアの新木場、豊洲、お台場で液状化により道路が土砂で埋まるなどの散発的な被害に見舞われたほか、震災に伴う計画停電でタワーマンションの47階まで30分掛かって階段を上るといった困難が生じたことも報じられました。

 最近では、2019年10月、関東・東北に大な被害を及ぼした台風19号によって、川崎市中原区・武蔵小杉の47階建ての高級タワーマンションの周辺が冠水し、マンション自体が停電、断水、汚泥汚染の被害にあったことが報じられ、憧れのタワーマンションも、案外、自然災害に弱い側面がある事例として話題になりました。

東京に増え続ける高層ビル・高層マンションのイメージ画像(画像:写真AC)

 近年、東京では臨海部などを中心にタワーマンションが大きく増加し、「都心回帰」ともいわれる東京への人口集中の大きな受け皿になっています。それだけに、首都直下型の大地震がいずれは起こると考えられているなか、そうした高層建築物における安全性について大きな関心が高まっているといえるでしょう。

 東京における暮らしの実態や地域としての東京の特色をさまざまな統計データから探るシリーズ記事の第1回目のテーマとして、今回、東京の高層ビルや高層マンションはどのくらい増えているかを取り上げます。

 これは、高層建築物における安全性を議論する前提として、「そもそもわれわれは、どれだけ高いところで仕事をしたり暮らしたりするようになっているのか」という点について素朴に現状を知りたいと思うからです。

20年間で5倍近くにまで増加


【調査】東京23区の新築マンション、申込率が激減? 最新データをチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_tower_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画