飛行機に乗らない「羽田」の旅 漁師町の面影と鎮座する大鳥居、古き良き街並みを散歩する

「空港の街」になるずっと前から、東京を代表する漁業の街だった羽田町。その羽田町を紀行ライターで、ビジネスホテル朝食評論家のカベルナリア吉田さんが解説します。


穴守稲荷駅から出発

「羽田」というと、やはり「空港」を思い浮かべる人が多いでしょう。飛行機に乗り全国各地へ、海外へ。大半の人は「羽田から始まる旅」をしていても、旅先として「羽田を選ぶ」ことは少ないかもしれません。

万国旗がはためく商店街「穴守ふれあい通りサンサン会」(画像:カベルナリア吉田)

 そんな羽田ですが、実は散歩するほどに旅情を覚える街です。羽田が「空港の街」になったのは、その歴史の中で最近のことに過ぎません。「空港の街」になるずっと前から、羽田は東京を代表する漁業の街だったのです。

 大田区羽田へ行くなら京浜急行が便利です。大鳥居駅と穴守稲荷駅、どちらで降りても行けますが、羽田本来の空気を感じるなら穴守稲荷駅で下車するのがオススメ。

 駅を出ると、可愛いおべべを着たキツネの像「コンちゃん」がお出迎え。そして駅入口に立つ赤い鳥居をくぐると、駅前を横切る商店街は「穴守ふれあい通りサンサン会」。国際空港がある街にふさわしく、頭上に万国旗がはためいています。そして小さな店がひしめく通りは、東京下町のようなゴチャゴチャした雰囲気。自転車で走り抜けるオジさん同士が「ようっ!」とか声をかけ合って、なんだかいい感じです。

明治から昭和に、海苔の採取場として栄えた

 サンサン会から延びる路地を進むと、すぐ穴守稲荷神社に着きます。辺りが開墾されたのは200年以上も前。しかし海が近く、海岸の防波堤に開いた大穴から海水が侵入してきて、田畑を耕しても水浸しになってしまったそうです。

 そこで地元の人が豊作の神様を祀ったら、被害はなくなったとか。「穴の害から田畑を守る」神様は「穴守稲荷」と呼ばれ、今も町民の心の拠り所。商売繁盛、家内安全から開運厄除までご利益も幅広く、朝に参れば晩にご利益があるほど「即効性」もあるそうです。

参拝者が途切れない、穴守稲荷神社(画像:カベルナリア吉田)

 サンサン会を抜け、バス通りを東へ進むと、海老取川に架かる弁天橋に着きます。海老取川はすぐ先で多摩川に合流し、そのすぐ先で多摩川は海に流れ込みます。海に近い羽田では古くから漁業が行われ、特に明治から昭和にかけ、海苔の採取場として栄えました。

 弁天橋の欄干(らんかん)には、海苔漁業のさまざまな工程が、レリーフで描かれています。海苔を養殖する資材を作る「ひび作り」に「海苔取り」などなど。「浅草海苔」の多くが、ここ羽田で取れたという話もあり、浅草寺の門前で売られたから「浅草海苔」と呼ばれたとか(諸説あり)。今も羽田では漁業が行われていて、アナゴやエビが捕れるそうです。

 弁天橋を渡ると、左前方に空港の広大な敷地が見えます。そして右前方には、赤い大鳥居がそびえています。

歴史の証人、大鳥居


【地図】今回散歩した「大田区羽田町」には、近代的な羽田空港のすぐそばにもかかわらず、古き良き漁師町の風情が残っている

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190802_anamori_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly