動画編集の仕事をするためには資格があったほうが有利?資格が必要ないって本当?

  • 全国
  • 学び・資格
動画編集の仕事をするためには資格があったほうが有利?資格が必要ないって本当?

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

動画編集に資格は必要ありません。本記事では、動画編集に資格がいらない理由や、必要なスキルなどを解説しています。おすすめのスクールも紹介していますので、動画編集者を目指している方はぜひ参考にしてください。

 現代人にとって最も身近な娯楽のひとつであるYoutube。休日や寝る前、移動中や支度をしながらなど、ちょっとした隙間時間に見る人も多いのではないのでしょうか。

 そんなYoutubeを支えるのが、動画編集者の存在です。コロナウイルスの影響もあって動画編集者の需要は高まっており、また、それに伴って動画編集者を目指す人も増えているようです。

 動画編集者を目指すにあたって気になるのが、資格の存在です。職業によっては資格が必須であったり、持っていると有利になる場合もありますが、動画編集者には資格は必要なのでしょうか。

 本記事では、動画編集者になるために必要なスキルや、それが学べるスクールについて解説していきます。

動画編集を仕事にするために資格が必要ない理由

 結論から申し上げますと、動画編集者になるために資格は必要ありません。動画編集検定のような動画編集担当者に向けた資格があるにもかかわらず、資格を取ろうとする人は多くないようです。

 それには、次のような理由があります。以下のポイントを押さえたうえで、今後の動き方を考えるようにしてください。

動画編集は資格がなくてもできる仕事

 医師や弁護士、教師などは資格を持っていないとその職業につくことすらできません。ですが、動画編集者は資格の有無にかかわらずだれでも仕事を得ることができるため、資格取得の重要度は低くなります。

動画編集の資格は企業へのアピールになりづらい?

 一般的には、企業に就職する際、ITパスポートや簿記といった資格を持っていると採用に有利に働くことが多いようです。

 しかし、動画編集者を含むクリエイター業の場合、資格が有利になることは少ないようです。

 せっかく資格を取ったのに仕事が得られなかったり、反対に、資格を持っていなくても月収50万を超える売れっ子になるケースも多くあります。

 そのため、わざわざ長時間勉強して資格を取ろうと思う人は少ないようです。

 ただし、近年は採用の際に学歴や資格を重視する制作会社も多いようです。制作会社への就職を考えている場合は、採用傾向を見て、場合によっては資格の取得を考えても良いでしょう。

動画編集で仕事を得るために資格よりも重要なこととは

 動画編集の仕事では、資格はあまり重要ではないことがお分かりいただけたかと思います。では、動画編集で仕事を得るにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

動画編集で仕事を得るためには資格よりも実力が重要

 仕事を依頼する際、クライアントがまず見るのは実力です。動画編集者は、自分の作品をポートフォリオにまとめ、実力をアピールします。それでは、動画編集者に求められるスキルとは具体的に何なのでしょうか。

動画編集の基礎スキル

 まずは、カットやBGM・テロップの挿入といった基本的な動画編集スキルです。

 フリーランスで仕事を受けるのであればもちろん、就職の際にもポートフォリオの提出が求められるため、動画編集の基礎スキルを持っていることは、大前提だといえます。

 また、動画編集ソフトは新しいものが次々に登場します。一通り操作ができるようになったからといって安心することなく、日々情報収集や最新ソフトの扱い方の勉強を怠らないようにしましょう。

 日々の積み重ねこそが、ゆくゆくは大きなスキルの習得へとつながっていくはずです。

 動画編集ソフトには複雑な機能も多いので、実際に使って使い方を身につけるのがおすすめです。出来上がった作品は実績として提示することもできますし、オリジナル作品も積極的に作成しましょう。

構成のスキル

 動画制作では、視聴者を飽きさせない動画を作るために、また撮影の時間やコストを抑えるため、撮影の前にはしっかりと構成を考えます。

 撮影の前段階の作業ですので、一見、編集者にはまったく関係ないスキルのように見えますが、良い素材がなければ良い編集はできません。良い素材を録るには構成からしっかりと練る必要があります。

 また、構成から編集まで幅広く仕事を請け負える人材は重宝されるため、仕事を増やすためにも身につけておきたいスキルです。

構成力が特に生きるのが広告動画の作成です。広告動画では、短い時間で確実に、印象に残るようにメッセージを伝えることが重要になってきますので、構成力が作品の出来を左右するのです。

コミュニケーション力

 動画編集の仕事をする際に、意外と重要とされるのがコミュニケーション能力です。動画編集は一人で黙々と作業するイメージが強いかもしれませんが、クライアントと密なコミュニケーションを取り、正確に要望に応えるのも動画編集者の仕事のひとつです。

 企業で仕事をする場合にも、チーム内での情報共有は重要です。チーム内で情報が伝わっていなかったり、認識のずれが生じていたりすると、やり直しが多くなりスムーズに仕事が進まなくなってしまいます。

 フリーランスにしても、会社勤めにしても、イメージを形にするクリエイターの仕事においてコミュニケーション能力は重要なスキルのひとつなのです。

ディレクション能力

 一人で回すのが難しい、大きな案件が来た時にはディレクション能力が重要になってきます。仕事を細かく振り分けて大きな仕事もスムーズに回せるようになると、次の案件確保にもつながります。

 ディレクション能力は、企業に就職する際のアピールポイントにもなります。制作会社での仕事はチーム作業も多いため、企業は全体を見て的確な指示を出せる人材を求めているのです。

動画編集のスキルアップにつながる資格はある?

 実力が最重要とは言いましたが、先程説明したように企業によっては資格が重要視される場合もあります

 また、そうでなくても資格は実力があることの客観的な証明にもなります。

 次に紹介する3つの資格は、動画編集のスキルアップにもつながる、動画編集者におすすめの資格です。

色彩検定

 色彩検定は、文部科学省後援の公的資格で、学生から社会人まで幅広い層が取得しています。試験内容は色彩心理、ビジュアルデザイン、色彩調和、配色技法など、色に関する幅広い知識を問うものになっています。

 動画編集においても、テロップや色彩補正など、色に関する知識が必要となるシーンは多くあります。

 センス頼りにするのではなく、理論や法則を理解したうえで仕事をすることで、よりクオリティの高い作品に仕上がるでしょう。

動画編集検定

 動画編集検定は、動画編集に特化した資格ですので、取得を目指す動画編集者も、きっと多いのではないでしょうか。

 動画編集検定は、一般社団法人日本動画編集協会が実施をしている検定です。試験は実技試験と学科試験からなり、編集の基礎や契約に関する知識などが問われます。

 取得することで編集スキルを可視化することができ、案件の取得にじかに役立てることが可能ですので、資格を取りたいのであればまず動画編集検定を受けることをおすすめします。

CGクリエイター検定

 CGクリエイター検定はCGクリエイター向けの検定です。デジタル基礎や撮影など2DCGに関する知識、モデリングや合成、カメラワークといった3DCGに関する知識などCG制作にまつわる問題が出題されます。

 CGクリエイター向けの検定であるため、動画編集者は取得してもあまり意味のない資格のような印象を受けますが、決してそのようなことはありません。

 デッサンや色、動きなどの表現の基礎や知的財産権、数理造形に関する知識など映像制作に関する知識を幅広く問われますので、動画編集者を含み、映像制作に関わる人はぜひとも取得しておきたい資格のひとつと言えるのです。

初心者は動画編集スクールで学ぶと効率が良い

 動画編集は、独学でも学ぶことができます。書店に行けば動画編集や映像制作に関する本はたくさんありますし、独学でスキルを身につけることは十分可能でしょう。

 ですが、効率よく学びたいのであればスクールに通うのがおすすめです。スクールではカリキュラムに沿って学習が進むので、効率よく、取りこぼしなく学習することができます。

 また、プロとして現役で働いている人から学べる機会があったり、就職サポートを受けられたりといった面でもスクールはおすすめです。

おすすめの動画編集・映像制作スクール_選

 一口に動画編集のスクールといっても、さまざまなスクールがあります。選び方を間違えてしまうと、せっかく映像制作ができるスクールに通ったとしてもお金や時間の無駄になってしまうので、慎重に選ぶ必要があります。

 ここでは動画編集におすすめの、スクールを10校紹介しますので、ぜひ自分に合ったスクール選びの参考にしてください。

スクール名特徴コース名・料金キャンペーン受講形式受講期間学べるソフト
STUDIO USSTUDIO US ロゴ15本以上ある動画制作のカリキュラム
▶公式サイト
編集コース:55,000円
クリエイターコース:99,000円
総合コース:220,000円
ありオンラインPremiere Pro・After Effect・映像編集
(Cinema 4D・Photoshop・illustrator・ディレクション・セールス・画像加工・リテラシー)
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGデジタルハリウッドSTUDIO by LIG ロゴ通学の場合、PC、ソフトの購入の必要なし
▶公式サイト
ネット動画ディレクター専攻:330,000円オンライン・通学3カ月After Effects・Premiere Pro・Illustrator・Photoshop
ヒューマンアカデミーヒューマンアカデミー ロゴAdobeプラチナスクールパートナー認定校
▶公式サイト
動画クリエイターコース:250,668円
動画クリエイター総合コース:392,720円
Web動画クリエイター総合コース:917,085円
ママ割
学割
紹介割
ペア割
オンライン・通学6カ月~12カ月Premiere Pro・After Effects・Web動画広告
(Photoshop・Illustrator・XD・UIデザイン・動画撮影・サムネイル/バナー制作)
MOOCRESMOOCRES ロゴ受講期間中PC無料レンタル
▶公式サイト
マスターコース
・クラスプラン:374,000円
・ゼロイチプラン:297,000円
・マンツーマンプラン:594,000円
先割
トモダチ割
個別相談会参加割
オンライン・通学3カ月~4カ月After Effects・Premiere Pro・Photoshop
DMM WEBCAMPDMM WEBCAMPロゴ「自己調整学習理論」に基づいた独自メソッド
▶公式サイト
動画クリエイターコース
・4週間:169,800円
・8週間:224,800円
・12週間:279,800円
・16週間:334,800円
返金保証制度オンライン1カ月~4カ月Premiere Pro・After Effects
SHElikesSHElike ロゴ女性専用のキャリアスクール
▶公式サイト
月5回/受け放題
・1カ月:10,780円/16,280円
・6カ月:60,280円/93,280円
・12カ月:107,800円/162,800円
体験レッスン
体験参加特典
月額対応
オンライン・通学1~2カ月Premiere Pro
デジハクデジハク ロゴ入学金0円
▶公式サイト
デジハクコース
REG:148,000円
PRO:248,000円
オンラインREG:3カ月
PRO:6カ月
After Effects・Premiere Pro・You Tube編集講座・サムネイル制作
PROのみ:illustrator・Photoshop
デジハリオンラインデジハリONLINE ロゴ卒業後、フリーランス案件を紹介
▶公式サイト
動画クリエイター講座:281,600円オンライン6カ月After Effects・Premiere Pro・DaVinci Resolve・Illustrator・Photoshop
MOOV SCHOOLmoov school ロゴ自分に合わせた個別指導カリキュラム
▶公式サイト
1講習:月6,000円〜オンラインIllustrator‎・Photoshop・Premiere Pro・After Effects・EDIUS

STUDIO US

おすすめポイント:満足度100%のオンライン動画編集スク―ル

 STUDIOUSはレッスン満足度93.3%、講師の満足度91.7%、上達実感度は驚異の100%とかなり評判の良いスクールです。

 動画教材は毎月新しいものが追加されるため、継続しておけば常に新しい内容を学習することができます。

 700もの動画教材が用意されているため、自分にマッチするものを選んで学習できるところがひとつの大きなポイントです。

 おすすめポイント

  • 700を超える動画教材
  • 講師がチャットで随時質問に回答
  • 毎月新しい教材が追加
  • 15本以上ある動画制作のカリキュラム
  • 上達実感度100%

基本情報

コース名・料金動画編集コース:55,000円
動画クリエイターコース:99,000円
動画クリエイター総合コース:220,000円
キャンペーンあり
受講形式オンライン
学べるソフトPremiere Pro・After Effect・映像編集
一部:Cinema 4D・Photoshop・illustrator・ディレクション・セールス・画像加工・リテラシー
授業サポート毎月追加される最新教材
定期的なライブ授業
チャット対応質問受付

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

おすすめポイント:オンラインでも、通学でも、丁寧な指導が受けられるスクール

 デジタルハリウッドSDUDIO by LIGは、LIGとデジタルハリウッドが提携して運営しているスクールです。

 通学、オンライン、またはその両方など、自分に合ったスタイルで受講できます。LIG監修の校舎が使い放題、PC、ソフトの購入必要なしの通学スタイルも魅力ですが、オンラインスタイルでも個人面談や懇親会など手厚いサポートが受けられます。

 さらには、実績豊富な講師からダイレクトにフィードバックがもらえるところも、他ではあまり見られないポイント。

 自分の良い点や、直すべきポイントを可視化することができるでしょう。転職相談も行っているため、今後自分のキャリアを見直していきたい方にぴったりと言えます。

 おすすめポイント

  • 通学、オンライン、通学+オンラインから好きなスタイルを選べる
  • 通学の場合、PC、ソフトの購入の必要なし
  • 実践講座では直接フィードバックがもらえる
  • 専任スタッフがポートフォリオを添削
  • メンターとの個人面談、転職相談が受けられる

基本情報

コース名・料金ネット動画ディレクター専攻:330,000円
受講形式オンライン・通学
受講期間3カ月
学べるソフトAfter Effects・Premiere Pro・Illustrator・Photoshop
授業サポート質問無制限
ソフトの特別価格購入
コワーキングスペース無料利用
就職・独立サポートあり
他コースWebデザイナー専攻:495,000円
グラフィックデザイン講座・デザイン集中講座

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

おすすめポイント:全国6校のAdobeプラチナスクールパートナー認定スクール

 ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、オンライン、通学混合型の動画編集スクールです。日本でも数少ないAdobeプラチナスクールパートナー認定校で、AdobeCreativeCloudを特別価格で購入できます。

 北海道から九州まで、全国に23箇所に校舎を構えているので、地方在住かつ通学スタイルで学びたい方にもおすすめです。

 現役である、人気の動画クリエイターが監修をした映像授業は興味を引くものとなっていて、楽しく、集中して授業を受けられます。

 求人紹介から履歴書添削、さらには面接対策と、転職支援には非常に力を入れているため、キャリアアップを狙う方におすすめです。

 おすすめポイント

  • 現役の動画クリエイターが監修をする映像授業
  • 校舎は全国23箇所
  • Adobeプラチナスクールパートナー認定校
  • 映像見放題、質問回数も無制限
  • 求人紹介、履歴書添削、面接対策など手厚い就職サポート

基本情報

コース名・料金動画クリエイターコース:250,668円
動画クリエイター総合コース:392,720円
Web動画クリエイター総合コース:917,085円
キャンペーンママ割
学割
紹介割
ペア割
受講形式オンライン・通学
受講期間6カ月~12カ月
学べるソフトPremiere Pro・After Effects・Web動画広告
一部:Photoshop・Illustrator・XD・UIデザイン・動画撮影・サムネイル/バナー制作
授業サポートオンラインサポート
e-ラーニング
Selfingサポートカウンセラー
就職・独立サポートあり
教育訓練給付金Web動画クリエイター総合コースのみ

MOOCRES

おすすめポイント:超実践型学習で実用的なスキルが身につくスクール

 MOOCRESは、実際の仕事を想定した学習でスキルを身につけることができるスクールです。MOOCRESは課題として実際に合った案件に取り組むなど、クライアント役を演じる講師による超実践型の授業が特徴です。

 受講中から副業として案件を獲得することができ、講師のサポートを受けながら、納品することができます。

 転職サポートもさることながら、生徒に対しては副業案件を紹介しているところもひとつ大きなメリットです。

 これによって生徒は実践を積みながら、動画編集のスキルを積んでいくことができます。

 おすすめポイント

  • クライアント役に徹した講師による超実践型授業
  • 受講中から副業を開始できる
  • 系列校や提携企業からの案件紹介
  • 受講期間中PC無料レンタル
  • Adobe CCコンプリートプランを3ヶ月分無償提供

基本情報

コース名・料金マスターコース
・クラスプラン:374,000円
・ゼロイチプラン:297,000円
・マンツーマンプラン:594,000円
キャンペーン先割
トモダチ割
個別相談会参加割
受講形式オンライン・通学
受講期間3カ月~4カ月
学べるソフトAfter Effects・Premiere Pro・Photoshop
授業サポートAdobeツール3ヶ月分無償
PCレンタル実質無料
おすすめ無線マウス推薦

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース

おすすめポイント:質の高い講師と独自システムで確実に身につくスクール

 DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは、独自のメソッドで実践的なスキルを身につけることを目的としたスクールです。

 通過率10%の選考を通過した質の高いメンターによる授業が魅力。学習進捗が見えるので、やる気を保ったまま授業を受けられます。

 また、大きな特長であるのが週2回にわたって受けられる、マンツーマンのメンタリング。こちらを受講することによって、さらに高いモチベーションを維持できるようになるはずです。

 専用のシステムを利用することで、自分の理解度やつまづきポイントを可視化することができます。

 おすすめポイント

  • 週2回のマンツーマンのメンタリング
  • 専用システムで学習進捗(しんちょく)を可視化
  • 「自己調整学習理論」に基づいた独自メソッド
  • 通過率10%の選考を通過した質の高いメンター
  • 早く学習終了した場合の返金保証制度

基本情報

コース名・料金動画クリエイターコース
・4週間:169,800円
・8週間:224,800円
・12週間:279,800円
・16週間:334,800円
キャンペーン返金保証制度
受講形式オンライン
受講期間1カ月~4カ月
学べるソフトPremiere Pro・After Effects
授業サポート延長料金対応
学習方法のレクチャー
疑問点の解消
1週間の振り返り
タイムマネジメント
就職・独立サポートあり

SHElikes

おすすめポイント:作業通話で仲間と一緒に勉強できるスクール

 SHElikesは女性専用のキャリアスクールです。専門用語もかみ砕きながら説明してくれるため、初心者にもおすすめのスクールです。

 オンラインでも通話をしながら授業を受けられるので、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)しながらスキルをつけることができます。

 動画編集というと男性が強いというイメージがあるかもしれませんが、SHElikesでは女性の視点ならではの良質な動画を制作できるようになるはずです。

 「女性同士でカジュアルに楽しく勉強したい」「女性のみの空間のほうが質問をしやすい」と考えている方は、こちらのスクールを選んでみてはいかがでしょうか。

 おすすめポイント

  • 女性専用のキャリアスクール
  • 1~3ヶ月の短期集中型
  • 作業通話をしながら仲間と一緒に学べる
  • 月に1回コーチングを受けられる

基本情報

コース名・料金動画編集コース:全3レッスン
月5回/受け放題
・1カ月:10,780円/16,280円
・6カ月:60,280円/93,280円
・12カ月:107,800円/162,800円
入会金:162,800円
キャンペーン体験レッスン
体験レッスン参加で特典あり
月額対応
受講形式オンライン・通学
受講期間1~2カ月
学べるソフトPremiere Pro
授業サポート月1回のコーチング
自由に質問可能
仕事獲得のサポートあり

デジハク

おすすめポイント:独学でプロになった講師による最短学習法

 デジハクは、2022年で、おすすめ動画スクールにも選ばれたオンラインスクールです。未経験から独学でプロになった講師による、丁寧で的確な指導を受けられる点が魅力のスクールです。

 300本以上の講座は受講後も視聴可能であることから、いつでも振り返り学習をすることができます。

 入学金0円というスクールは動画編集教室のなかでも珍しく、まずは一度チャレンジしてみたいと考えている方にはぴったりと言えるでしょう。

 おすすめポイント

  • 入学金0円
  • 300本以上の講座が受講し放題
  • 動画教材は受講後も視聴可能
  • プロによるマンツーマンのサポート
  • 講師が添削、フィードバックをしながらポートフォリオを作成

基本情報

コース名・料金デジハクコース
REG:148,000円
PRO:248,000円
受講形式オンライン
受講期間REG:3カ月
PRO:6カ月
学べるソフトAfter Effects・Premiere Pro・You Tube編集講座・サムネイル制作
PROのみ:illustrator・Photoshop
授業サポートチャット質問
オンライン面談
作品添削
副業相談
技術サポート
就職・独立サポートあり

デジハリオンライン動画クリエイター講座

おすすめポイント:卒業後すぐ仕事を得られる、手厚い就職サポート

 デジハリオンライン動画クリエイター講座は、現役クリエイターが講師を務めるオンラインスクールです。

 卒業後の案件紹介や、受講者限定で利用できる非公開求人サイトなど、就職、独立のサポートが手厚い点が魅力です。

 教材はトップクリエイターが監修しているため高品質を期待できます。課題についても一人一人じっくり見てもらうことができるため、確実にスキルアップできるはずです。

 おすすめポイント

  • トップクリエイターが監修する高品質な教材
  • 課題はプロクリエイターが一人一人添削
  • ライブ授業で講師と話せる
  • 卒業後、フリーランス案件を紹介
  • 限定非公開求人サイト『WorketCareer』が使える

基本情報

コース名・料金動画クリエイター講座:281,600円
受講形式オンライン
受講期間6カ月
学べるソフトAfter Effects・Premiere Pro・DaVinci Resolve・Illustrator・Photoshop
授業サポート質問回数無制限
添削
ライブ授業で講師と話せる
就職・独立サポートあり
他コース3DCG・映像クリエイター講座:355,300円
After Effects・Premiere講座:74,800円

MOOV SCHOOL

おすすめポイント:自分に合ったカリキュラムが組めるスクール

 MOOVSCHOOLは、最短1ヶ月ほどで動画編集を学ぶことができるオンラインスクールで、1講習単位で受講できる点が特徴です。

 目的、要望に合わせた完全オリジナルカリキュラムで学習することができるので、習得したい技術や知識に専念することができます。

 個別指導を行っているところも、MOOV SCHOOLの大きな特徴のひとつ。わからないところは周りに遠慮することなく聞けるため、自分のページでじっくり、そして着実に勉強したいという方は気に入る可能性が高いものです。

 おすすめポイント

  • 最短1ヶ月から受講可能
  • 自分に合わせたオリジナルカリキュラム
  • 講習外の時間でも質問可能
  • 個別指導

基本情報

コース名・料金1講習:月6,000円〜
入会金:10,000円
受講形式オンライン
学べるソフトIllustrator‎・Photoshop・Premiere Pro・After Effects・EDIUS
授業サポートオリジナルのカリキュラム
オンライン質問可能

まとめ

 動画編集者にとって一番大切なのは実績とスキルです。資格を取っても良いですが、動画編集の仕事を始めるなら、大学や専門学校、スクールなどでスキルをつけ、作品を作って実力をアピールするのが良いでしょう。

関連記事