【評判・口コミ】LECの社労士講座!費用や合格率の実態レポート

  • 全国
  • 学び・資格
【評判・口コミ】LECの社労士講座!費用や合格率の実態レポート

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

LEC社労士講座は評判のいい講座ですが、実際に評判通りの資格試験講座なのか、気になっている人もいるでしょう。この記事では、LEC社労士講座の詳細について解説しています。実際の受講者の口コミを多く引用しているため、LEC社労士講座の受講を検討している人はぜひ参考してください。

 「LECの社労士講座が気になるけど、実際のところどうなのか」「LEC社労士講座の内容や講師陣はどんな感じなのか」。社労士の資格取得を検討している人のなかには、このような疑問を持っている人もいるでしょう。

 LECの社労士講座は頻繁に広告を見かける講座で、ネット上でも多くの良い評判が集まっています。

 しかし、講義の内容や受講者の感想は実際のところどうなのか、本当に評判通りの講座なのか、疑問に思っている人もいるでしょう。

 そんな方々の疑問を解消するために、今回の記事では、LEC社労士講座に関する、以下のようなポイントについて解説していきます。

  • LEC社労士講座の特徴
  • LECの評判を徹底検証【噂の真相を口コミから検証】
  • その他LECのデメリット
  • LECに向いてるのはどんな人?

 LEC社労士講座について、受講しようか検討している人は、ぜひ参考にしてください。

LEC社労士講座の特徴

LEC FV

 さまざまな評判を聞くLEC社労士講座ですが、この講座は具体的にどのような特色がある社労士講座なのでしょうか。

  • LECの優れているところ
  • LECの残念なところ

 次より上記の2点について、詳しく解説しましょう。

LECの優れているところ

 LEC社労士講座のメリットといわれている点は、以下の通りです。

  • 社労士講座の大手のため安心
  • 通学・通信どちらにも対応可能
  • テキスト・カリキュラムがわかりやすい
  • 講師陣の講義がわかりやすい
  • キャンペーンが充実

 LECは信頼と実績のある大手であるため、安心して受講できるといった意見が多いです。また教材、講師陣の講義ともにわかりやすいため、効率的に学習を進められるといった評判もよく見かけます。

 受講料が高いという意見もありますが、その分、お得なキャンペーン・割引制度が充実しているのも特徴です。

LECの残念なところ

 LEC社労士講座について、否定的な意見をネット上で見かけることはほとんどありません。それでも、なかには「この部分が残念ながらデメリット」という意見もあります。それは次の2点です。

  • 受講料が高め
  • 学習量が多過ぎ

 授業内容の充実度から見た場合、LECの受講料は妥当な設定という意見も多いですが、高いと感じる人もいるようです。

 またコースによっては、100回以上も授業がある場合もあります。一発合格を目指す場合は妥当な学習量ともいえますが、多過ぎると思う人もいるようです。

LECの評判を徹底検証【噂の真相を口コミから検証】

LEC FV

 この段落では、LEC社労士講座に関わる口コミを紹介します。口コミ内容の種類は、以下の4通りです。

  • 評判①:受講料は比較的高め
  • 評判②:LECの合格率は?
  • 評判③:充実の教材
  • 評判④:分かりやすいと評判の講師陣

 それでは、以下より口コミを見てみましょう。

評判①:受講料は比較的高め

 LEC社労士講座に関わる口コミで多いのが「受講料が他社と比べて高い」というものです。

 LEC社労士講座の初学者を対象としたコースである「合格コース」の受講料金は、225,000円となっています。この価格は、他の社労士講座と比較した場合、約2倍ほどの料金設定です。

 学習のためのコストを削減したい人の中には、受講料が高いと、それだけで敬遠してしまう人もいるでしょう。しかし、LEC社労士講座には、受講料が高い代わり、それをカバーするお得な特典が多数用意されています。

 LEC社労士講座では、各種割引・キャンペーンおよび受講料返還制度があるため、このシステムを活用すれば、数万円の割引が実現します。

 その結果、LECより受講料が安いと言われている他社と比較しても、大きな差にはならないでしょう。

 LEC社労士講座と他社の受講料の比較を表にまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

スクール名コース名受講形態2023年合格目標の料金
LEC東京リーガルマインド
LECロゴ
合格コース通学・通信各225,000円~
しっかり基礎+合格コース通学・通信各245,000円~
スタートダッシュ+合格コース通学・通信各260,000円
スタディング
スタディングロゴ
●社会保険労務士講座
ベーシック
オンライン46,800円
スタンダード59,800円
フル74,800円
資格の大原
大原ロゴ
受験対策社労士合格コース:通学 教室・映像各200,000円
受験対策社労士合格コース:通信Web195,000円
DVD220,000円
ユーキャン
ユーキャンロゴ
社会保険労務士講座オンライン79,000円
クレアール
クレアールロゴ
パーフェクトコースオンライン80,640円
セーフティコース(2024年含む)104,160円
スピードマスターコース59,800円
フォーサイト
フォーサイトロゴ
●社労士スピード合格講座
バリューセット1
オンライン78,800円
バリューセット2110,800円
バリューセット3121,800円~
アガルート
アガルートロゴ
●基礎講義&総合講義オンライン61,446円
●入門総合カリキュラム
ライト
106,260円
フル137,060円
TAC
TACロゴ
総合本科生 教室・Web各220,000円
DVD通信253,000円
総合本科生Plus教室・Web308,000円

お得な割引とキャンペーンを利用しよう

 LEC社労士講座には、さまざまな割引・キャンペーンが用意されています。LEC社労士講座の割引・キャンペーンの種類は以下の通りです。

  • 資格説明会割引
  • LECコース生再受講割引
  • 社労士受験生割引
  • 他校社労士受講生割引
  • LEC他資格受講生割引
  • 退職者・離職者応援割引
  • アクティブ・シニア割引
  • 育児休業割引
  • 法人提携割引

 これらの割引制度を活用すれば、20〜30%の割引が可能になります。具体的にいくらの割引になるのか、「LECコース生再受講割引​​」を例にみてみましょう。

 LECコース生再受講割引は30%の割引になるため、適用すると以下の料金になります。

  • 225,000円×0.7=157,500円

 この料金であれば、他社の社労士講座とそれほど違いはないといっていいでしょう。ただし、「LECコース生再受講割引​​」は「過去に社労士本試験の受験歴がある人」が対象となっています。

 社労士資格試験の受験歴がない人だと割引は適用されないため注意しましょう。

合格者受講料返還制度

 LEC社労士講座では、社労士試験に合格した場合、支払った受講料が全額返金される「合格者受講料返還制度」が用意されています。

 対象者および対象講座は以下の通りです(2022年度を参照)。

  • 対象者
    2022年6~10月までに講座申し込み、11月までに試験合格をした人(支払い方法に教育クレジットローンを利用した人は除く)
  • 対象講座(すべて2023年の試験が対象)
    合格目標 合格コース
    合格目標 年金キーパー+中上級コース
    合格目標 中上級コース
    合格目標 工藤プロジェクトSwing-byセミナー
  • 返金金額
    通学、通信ともに受講料100%返還

 受講料が高いといわれているLEC社労士講座ですが、この制度を適用すれば実質、受講料無料が実現します。

 他社の場合でも、合格した際は、お祝い金などの特典が用意されていることが多いですが、それ以上にお得な制度といえるでしょう。

 また、合格に向けたモチベーションが上がるのも、この制度のメリットといえます。

LECの社労士講座コース紹介

 LEC社労士講座は、初学者から資格試験経験者・学習経験者まで、その人のレベル・ニーズに対応できるさまざまな講座があるのが特徴です。LEC社労士講座には、以下のコースが用意されています。

  • 合格コース(社労士資格の勉強を始めて間もない人に対応)
  • 中上級講座(学習経験者に対応) 
  • 合格のトリセツ講座(独学がメインでその補助的に講座を受けたい人に対応)
  • スピードマスターコース(短期合格を希望する人に対応)
  • ウォーク問シリーズ(独学オンリーの人に対応)
  • 各単科講座(苦手分野だけ集中的に学びたい人に対応)

 このように多様なコースが用意されており、特に単価講座の豊富さは他社にない強みといえるでしょう。

 人によっては、さまさまな講座を受けたいという人もいるでしょうが、それだけ受講料も多くなるので、自分に合ったものをしっかり見極めて、学習を進めましょう。

受講者の口コミ

 では、実際に受講された方々の意見をみてみましょう。

年アド2級の勉強の進め方が分からず停滞してたのでLECの講座に申し込みました。
社労士かFPの試験を受験した人は5000円割引がきくらしいのでラッキー活用✨
次回から受験料も上がるし、一発合格決めたい
引用元:Twitter

LECさんの社労士模試
ホームページ見てると、はじめてパック(割引)は電話か来校のみってことだよね…
おうちでは集中できないから会場受験にしたいの
引用元:Twitter

本日LECの社労士講座を申し込みしました!(割引の締切ギリギリのタイミング)
他の勉強ごともあって今はあまり時間がとれないけど、それを片付けたらシャロ勉集中します!
皆さんのつぶやき読みながらまた楽しく勉強続けていきたいです
引用元:Twitter

 以上のように、割引制度がお得でうれしかったという意見が多いようです。

評判②:LECの合格率は?

LEC FV

 「LECの講義の特徴や割引制度の評判はネット上でよく見かけるけど、実際に受講して合格できるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

 いくら講義内容が優れていても、実際に結果が出ないと講座を受ける意味がありません。では、ここからLEC社労士講座の合格率や、受講者の口コミはどういったものがあるのか、紹介しましょう。

合格率は非公開

 LEC社労士講座の合格率は、非公開となっています。そのため、LEC社労士講座を受けた人のうち、具体的にどれくらいの人が合格したのかはわかりません。

 しかし、LECでは、社労士以外の資格について、合格率を公表しており、それによると、合格率は以下の通りになります。

  • 平成29年度・行政書士試験におけるLECの行政書士コース受講生の合格率:65.7%
  • 平成30年度の司法書士試験の合格者のうちLECの模擬試験を受けた率:74%

 このように50%以上の合格率を誇っています。また、司法試験・弁理士といった難易度の高い分野においても、多数の合格者を輩出した実績が残っているため、合格率は総じて高いといえるでしょう。

 合格率が高いということは、それだけ合格を達成するためのノウハウが蓄積されている証明であるため、社労士に関しても質の高い効率的な学習方法が確立されていることが想像できます。

 それでも講座を選ぶ際は実績にこだわりたいという人は、実績では圧倒的に定評があるフォーサイトがおすすめといえるでしょう。

受講者の口コミ

 では、実際のところはどうなのか、受講者の口コミをみてみましょう。

テキストは、初学者の私でも理解できるような図や説明が記載されている上に、基本事項が理解できた上でのプラスで押さえた方がいい論点や判例も記載があり、1冊の教材ながら学習進度にあわせて幅広く対応していてとても優秀だと感じました。カリキュラムは、他社さんより早期にインプットをはじめ、バランスよくアウトプットが入っていて、長年の実績がある学校であることを感じられるような、初学者の私が合格までたどり着けるような力のつくものになっていて、他社さんの教材は使わずに合格することができました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

第一は椛島先生の授業です。原理原則から明確に教えていただけたので、単なる暗記ではなく、一度理解できたことは、問題を解く時にはそれを思い出しながら、本試験でも解答できました。
第二は教材です。テキストの内容充実はもちろんのこと、Web教材、ぽちぽち過去問なども充実していました。
第三は質問の受け入れ体制です。次の授業までの間に、メールで質問したことを丁寧に教えていただけたので、授業の理解もより深まりました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

 以上のように充実した内容の講義を受けられたという意見が多いです。

評判③:充実の教材

LEC FV

 LEC社労士講座の特色のひとつが、クオリティーが高く内容が充実している教材です。

 LEC社労士講座の教材の特徴は次の2点です。

  • インプット&アウトプット
  • 的中率の高い模試

 では、LEC社労士講座で使用されている、教材の2つの特徴について、次より詳しく説明していきましょう。

インプット&アウトプット

 LEC社労士講座では、コースやカリキュラムごとに独自に作成したLECオリジナルの教材が用意されています。

 副教材も合わせると量も多く、インプット・アウトプットともに質の高い、そして密度の高い学習効果が期待できるでしょう。

 講座で使用されているテキストはモノクロ印刷でオーソドックスな仕様です。学習における重要なポイントを押さえた読みやすく・使いやすい機能的な仕上がりとなっています。

 必要な情報が読みやすく整理されているため、勉強自体が苦手な人、社労士に関する学習の初心者でも、使いやすい教材といえるでしょう。

 わからない部分があった場合も、講師陣がサポートしてくれるため、安心して学習を進められます。

 また、受講方法も、通学・通信講座の2種類が自由に選べるため、自分のライフスタイルに合わせた学習プランで進められます。インプット・アウトプットとともに円滑に行えるのが、LEC社労士講座の強みといえます。 

 口コミをいくつか見てみましょう。

直前期には実戦答練や公開模試のほか、各科目ごとの確認テストや本試験予想答練を繰り返し解きました。コースのものだけでなく、前年度の問題や「出る順社労士 当たる!直前予想模試」も繰り返し解き、問題に接する機会を増やしました。特に模試は本番と思って、時間配分に重きをおきました。個数問題や計算問題は後回しにし、時間をかける肢と一本吊り等のできるの選択に細心の注意を払い、問題を解く順をある程度決めておきました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

実戦答練以降はいよいよ本格的なアウトプットの時期に入ります。しかし、特別なことはせずにインプットの比率を減らしてアウトプットの比率を増やしたぐらいです。また、LECの実戦答練は基本に忠実な問題が多いです(いいかえれば本試験では絶対に落としてはならない問題です)。私の場合は若干アウトプットに不安があったのでテキストの読み込みが終わってから、模試の復習を行いました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

的中率の高い模試

 LEC社労士講座の売りは、本試験の的中率が高い模試が用意されている点です。完成度の高い模試は、長年、ノウハウを蓄積してきたLECならではのものといえます。

 LECに常駐している講師陣・教材制作スタッフは最新の試験傾向を把握しているため、本試験に関する多角的なアドバイスおよび対策の提供が可能です。

 LECの模試は、全国28カ所にあるLEC本校およびLEC提携校で実施しています。

 模試で本試験の雰囲気・緊張感を体験できるので、本番前に本試験のシミュレーションが可能です。模試の日程が自分の都合に合わない場合は、自宅でも模試を受けられます。

 模試の結果は、後日web上で確認できます。全国の模試受験者のランクが発表されるため、自分が現在どれくらいの実力なのかを把握できます。それにより、本試験に向けた苦手分野がわかり、本試験に向けた対策がより明確になるでしょう。

LEC社労士模試第1回
選択式30/40
択一式33/70
勉強時間は圧倒的に足りないが、あと社労士試験まで98日あるので、これからの努力と運次第で7割を狙えれば合格可能性はある!
#社労士24
#9フレーム
#シャロ勉
引用元:Twitter

社労士LECは模試でお世話になりました。模試の中では一番LECが良かったと思います。
年アド2級受験料が8,250円もするので、ちょうどその費用分ゲット❗️って感じです💪🏻
Twitterで宣言しちゃったし、お金も出したので頑張ります🤞
引用元:Twitter

評判④:分かりやすいと評判の講師陣

LEC FV

 LEC社労士講座の強みは、魅力的な講師陣がそろっていることです。講師陣は全員が実務家であるため、経験者の視点で、実務の例を出しながらわかりやすく説明してくれます。

 またLEC社労士講座は、コースによって複数の講師の講義を選択することも可能です。ある講師の講義をメインに受けて、復習もかねて、別の講師の講義を受けるといった、学習方法も可能になります。

​​ 受講生は実務の経験がないため、講義中に聞ける実務に関する貴重な話は、合格を目指す大きなモチベーションとなるでしょう。

 試験対策はもちろん合格後の進路に関してもためになる講義が聞けるのが、LEC社労士講座の強みといえるでしょう。

 そのなかでも人気を博しているのが「工藤寿年」先生「澤井清治」先生のお二方です。多くの受講者を魅了するこの講師2人には、いったいどのような魅力があるのでしょうか。

 ここからはLEC社労士講座の名物講師である2人の講師の特徴、口コミをそれぞれ紹介しましょう。

工藤寿年先生

 LEC社労士講座で、トップクラスの人気を誇り受講者たちからの支持を集めているのが、工藤寿年講師です。

 工藤講師は、建築建材メーカーに約15年間勤務、平成12年に社会保険労務士試験合格という経歴の持ち主です。

 資格取得の1年後、社会保険労務士事務所を開業し、それと同時にLEC東京リーガルマインド社労士合格講座の講師に就任しました。現在は労働安全衛生を中心としたコンサルタント活動のかたわら、執筆業も行っています。

 工藤講師の指導方針は「生きた・活きている・使える」知識についての提供

 複雑そうに思える問題も工藤講師の手にかかれば、「なぜこうなのか」「その理由はこうだからです」といった具合に、誰でもすぐに理解できます。

 受講生一人一人の質問にも、納得のいく回答を返しているのも工藤講師が人気を集める理由といえるでしょう。わかりにくい問題も工藤講師の講義で理解できたという受講者の意見も多数見受けられます。

他の予備校の体験講座も受講しましたが、ただずっと単調に聴いているだけ……という時間が苦痛でした。工藤先生の講座は大変面白く、テンポよく聴くことができ、初めから各法律を横断整理するカリキュラムにも魅力を感じました。また、予備校の案内の方が工藤先生の講義の良さを熱く語ってくださり、内部のスタッフさんをこれほど虜にする講義に興味を持ちました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

昨年度の試験後に、3校の社労士講座の説明会に参加しました。そして、工藤講師の「工藤プロジェクトSwing-byセミナー」に出会いました。ツールボックス編として、厚生労働白書で社会保険制度の検証から始めるというスケールの大きい講義の構成に魅力を感じました。また科目のテキストでは、各項目ごとに趣旨と条文から始まってしっかりと理解するために必要な知識が網羅されていて、項目毎の分量やレイアウトなどは眼中にないというゴツゴツしたテキスト構成にも惚れました。何より工藤先生の情熱や豊富な受験経験に裏打ちされた信念に圧倒されました。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

澤井清治先生

 熱血指導のキャッチフレーズで多くの支持を集めているのが、澤井清治講師です。澤井講師は、平成12年に社会保険労務士資格取得、他にも行政書士など多数の資格を取得しています。

 講師歴20年を誇り、多くの実務経験から得た知識・経験により多角的な視点での講義を行ってくれます。

 運営するブログ「SAWASEN」は10年以上も続いている人気ブログでアクセス数も非常に多いです。

 澤井講師の講義の特徴は、重要な箇所にいかに興味を持たせるか、学習のモチベーションの向上および維持をどうするかといったことを重要視している点です。

 自らの実務体験を講義に盛り込んで、受講生のモチベーションが低下しないようにしています。

 また、ただ講義をするだけでなく受講生たちとの心のつながりも大事にしており、勉強の相談などに気軽に対応してくれるのも特徴です。

 このような指導が実を結び、これまでに数百人の受講者が合格を果たしています。

澤井講師を知ったきっかけは、東京でおすすめの講師を調べていたところ、澤井講師の講義は分かりやすく、講義中に実務の話を織り混ぜ社労士として働くイメージを持たせて、印象に残る語呂合わせで勉強のモチベーションを高めてくれる素晴らしい講師であると紹介されているサイトを拝見したことです。実際に相談会で勉強について相談を行い、おためし講義を受け、サイトで紹介されている通りの講師であると感じてLECで学ぶことにしました。短い時間のおためし講義の中で、今まで独学で時間をかけて勉強して曖昧だったことが腹にストンと落ちる感覚で理解できたことがとても良い印象として今でも残っています。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

事前に確認した不明点や講義中に理解できなかった点は、澤井先生に質問し、講義のある日のうちに解消するようにしました。澤井先生は講義の後でも、分かるまで丁寧にご説明くださるので、大変ありがたかったです。
LEC東京リーガルマインド公式サイトより

その他LECのデメリット

LEC FV

 ここまでは、LEC社労士講座の良い面、メリットを重点的に解説してきました。ネット上で見られる口コミもLEC社労士講座に関して否定的な意見というのは、それほどありません。

 しかし、マイナス面が全くないとはいえないでしょう。ここからはデメリットと指摘されている点について、紹介していきます。

勉強量が多い

 LEC社労士講座には、充実した教材・魅力的な講師陣と多彩な魅力がありますが、受講者にとっては勉強量が多いことを重荷と感じる人もいるかもしれません。


 確かに勉強量は少なくありませんが、通学だけではなく通信講座も選べるため、受講者のペースに合わせた学習が可能です。この点はメリットと捉えられるでしょう。

WEB講義の画質が悪い

 LEC社労士講座では、通学だけでなく、通信講座を選択できるのも特徴です。

 通学する手間がかからないのが何よりのメリットですが、通信講座を受けている一部の受講者から「LEC社労講座の通信講座は画質が悪い」という声が挙がっています。

 「画質が2000年代初期のクオリティ」「ゼロ年代によくあったカクカクした画質」という意見が少なくありません。

 そのため、いくら講義内容が充実していても、画質の悪さが気になって講義に集中できないといった意見も見られます。

 LEC社労士講座は、通信講座の画質に関しては、他社より劣っていると判断してもいいかもしれません。

LECに向いてるのはどんな人?

LEC FV

 社労士資格試験の勉強において、メリットの多いLEC社労士講座ですが、この講座に向いていない人がいるのも事実です。

 ここからはLEC社労士講座に向いている人・向いていない人の特徴を説明しましょう。

LECの社労士講座に向いている人

 LEC社労士講座が向いている人は、以下のような特徴のある人です。

  • 多少費用がかかってもいいから確実に知識を身に付けたい人
  • 実績のある大手で勉強に励みたい人​​

 講師陣、教材ともに、充実しているLECの社労士講座ですが受講料金を割高に感じる人は少なくないでしょう。

 しかし、社労士の資格取得を重要視していて合格のためなら多少費用がかかっても問題ないという人であれば、LEC社労士講座は、充実した学習プランが多数用意されているため、納得いく質の高い講義が受けられるでしょう。

 講師陣から講義の最中に実務経験についての話も聞けるために、今度の人生にも大いに役立つでしょう。

 また、LECは大手であるため、実績豊富で信頼もあります。そのような講座であれば安心して講義を受けられるでしょう。

LECの社労士講座に向いていない人

 LEC社労士講座について、向いていない可能性のある人は、以下のような特徴の人です。

  • 資格試験の勉強はしたいがなるべく費用はかけたくない
  • 資格試験の勉強よりも普段の生活を重視したい人

 LECでは数多くの割引制度がありそれを利用すれば受講料は割引になりますが、それでも他社と比べた場合、高いと感じる人もいるでしょう。

 資格取得のための勉強はしたいがなるべく費用はかけたくないという人にとっては、LEC社労士講座は割高かもしれません。受講料の高さが気になる人は、LEC社労士講座は向いていないといえるでしょう。

 また、LEC社労士講座を受講すると、充実したカリキュラムや教材を提供されるために、やるべきことが増えます。

 与えられた多くの課題を消化すればそれだけ実力がつきますが、勉強時間を多く取られることにデメリットを感じる人もいるでしょう。

LECでは、通学不要の通信講座もありますが、あまり時間を取られたくない人は、LEC社労士講座は、向いていないかもしれません。

LECの社労士講座まとめ

LEC FV

 今回は、LEC社労士講座における、以下のポイントについて解説しました。

  • LEC社労士講座の特徴
  • LECの評判を徹底検証【噂の真相を口コミから検証】
  • その他LECのデメリット
  • LECに向いてるのはどんな人?

 LECは資格取得の大手で多くの合格者を輩出した実績もあるので、ネット上でも否定的な意見があまり見られません。

 しかし、実際にLECを利用したことがなく、LEC社労士講座がどれほどメリットのある講座なのか、わからないという人もいるでしょう。

 今回は、そのような人のために、あえてデメリット部分にも注目してLEC社労士講座について詳しく解説しました。

 社労士の資格取得を検討している人は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

関連記事