日本最大級の繁華街とともに発展 浅草のすき焼き名店「ちんや」が辿った軌跡とは

流行最先端の地だった浅草でも、とりわけ有名な存在だったすき焼き「ちんや」その歴史について、食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


流行最先端の地だった浅草

 レトロな雰囲気で人気の観光地、浅草。意外かもしれませんが、戦前の浅草は、レトロどころか流行最先端の地でした。

 銀座がまだ現在ほど栄えておらず、新宿、池袋、渋谷が寂れた片田舎であった明治時代から、浅草は日本最大級の繁華街として全国に名をとどろかせていたのです。

ちんやのすき焼き(画像:ちんや)

 その浅草を代表する店が、すき焼きの「ちんや」。浅草とともに千変万化していったちんやの歴史は、浅草の流行の歴史そのものであったのです。

将軍家の獣医師から発展

 風俗評論家・植原路郎(ろろう)著『明治語録』によると、ちんやの先祖は徳川2代目将軍秀忠の獣医師として、馬の健康管理を行っていたとのこと。

 その縁かどうか、ペットショップとして犬の狆(ちん)を大奥に販売するようになったそうです。これが「ちんや」という名前の由来になります。

大奥の狆を描いた楊洲周延『千代田の大奥 狆のくるひ』(画像:国立国会図書館)

 日本画家・伊藤晴雨(せいう)の「ちんやの故来」(『食通 昭和12年1月号』)によると、狆は足の先がふたつに割れているところが鳥に似ていたため、犬が禁止された大奥において「鳥扱い」され特別に飼育が許されていたとのこと。

 ところが、明治維新とともに大奥は廃止。大手販売先を失ったちんやは、講釈場(こうしゃくば)という現在でいう寄席のような店を開きます。

 浅草は、芝居に始まって浅草オペラ、レビュー、活動写真と、娯楽分野でも日本の最先端を走っていましたが、まさにその浅草にふさわしいエンターテインメント店へと変身したのです。

食堂からすき焼き店、カフェーなどに進出


【白黒写真】流行の最先端だった「浅草」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_chinya_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画