東京大田区の住宅地に眠る、今はなき「戦国城跡」 痕跡探しの手掛かりとなる“必要4条件”とは

東京23区にある城跡といえば、誰もが思い浮かべるのが「江戸城」。しかしそれ以外はほとんど知られていません。遺構の残っていない城跡を探す方法について、歴史ライターの永嶋信晴さんが解説します。


痕跡なき戦国の城の楽しみ方

 東京23区にある城跡といえば、誰もが思い浮かべるのが江戸城。国内最大の広さを誇る大城郭ですが、ほかには? と聞かれると、首を傾げる人も多いのではないでしょうか。
 
 しかし、東京23区内にもかつては数多くの城が存在しました。残念ながら、それらの痕跡は、一部を除いてほとんど残っていません。立派な遺構が数多く残っている関西の諸都市に比べると、東京23区は、江戸城を除けば城跡の空白地帯とも言えるでしょう。

 筆者(永嶋信晴。歴史ライター)も長い間、取り残されたような気持ちを感じていました。そんな人たちに、今回は、痕跡が残っていない戦国の城の楽しみ方を提案したいと思います。

大田区南馬込にある萬福寺(画像:永嶋信晴)

 ただ、何もないところに出かけて行って、何が面白いのかと思われるかもしれません。

 しかし、何もないと思っていた場所に、ちょっとした城の痕跡や当時のイメージを膨らませるアイテムを見つけたとき、立派な土塁(どるい。堤防)や空堀を見るのとは違った面白さを感じることができるのです。

 それは、美しい写真を眺めて楽しむというより、白い画用紙に、自分で想像しながら絵を描く楽しさに似ています。いくらでも、自分の頭の中でオリジナルの城のイメージを膨らませることができるのです。

 とは言え、抽象的な言葉をいくら重ねても、そんな不思議な感覚を理解していただくのは難しいかもしれません。そこで、今回は事例研究として、かつて大田区に存在したという戦国の大城郭「馬込城(まごめじょう)」をご紹介しましょう。

戦国の城跡を見極めるポイントは


【画像】「城跡探し」で歩いた場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画