新宿からわずか15kmの原風景 森と水田に囲まれた三鷹市「大沢地区」をご存じか

東京都の多摩地域東部に位置する三鷹市。そんな同市の西端に位置する大沢エリアは自然が豊かで、のどかな場所として知られています。その魅力について、ライターの野村宏平さんが解説します。


自然豊かでのどかな大沢エリア

 東京23区に隣接している三鷹市は都心からもさほど時間がかからず、多摩地域のなかでも人気の高いベッドタウンです。大部分は市街地化されていますが、鉄道の駅から少し離れれば、昔ながらの自然がけっこう残されています。

三鷹市大沢にある水車経営農家(旧峯岸家)。茅葺き屋根の母屋は1813年頃の建築。奥の建物が「しんぐるま」のある水車小屋。(画像:野村宏平)

 市の西端に位置する大沢はとりわけ自然が豊かで、のどかなエリアです。代表的な施設といえば、国立天文台(三鷹市大沢2)と国際基督教大学(同3)でしょう。どちらも緑に包まれた広大なキャンパスのなかに歴史的建造物が点在し、通常時なら一般人でも構内を散策・見学できるのですが、残念ながら現在は新型コロナウイルスの影響で、関係者以外の入場が制限されています。

 しかし大沢周辺には、ほかにも見どころがたくさんあります。それらを紹介してみることにしましょう。

国分寺崖線と野川

 大沢を語るうえで欠かせないのが、町の中央を縦断する国分寺崖線と野川です。

 国分寺崖線は古代の多摩川が武蔵野台地を侵食することによって形成された約30kmに及ぶ長い崖で、立川市から国分寺市、小金井市、三鷹市、調布市、世田谷区を経て大田区まで続いています。

三鷹市大沢周辺の地形(画像:国土地理院)

 国分寺市から世田谷区まで、この崖下を流れているのが野川です。

 野川沿いはどのエリアでも緑が多く、自転車歩行者専用道路が整備されているので散歩やサイクリングを快適に楽しめますが、大沢まで来ると、東岸には水田と森が広がり、西岸では水車がまわっているという、新宿からわずか15kmの場所とは思えないような風景を見ることができます。

水田と水車と茅葺き屋根が残る「大沢の里」

 この場所は、地域全体を博物館ととらえるエコミュージアム構想のもとに生まれた「大沢の里」(大沢2)と呼ばれる一帯で、武蔵野の農村の原風景が保たれています。公共交通機関を使って訪れる場合は、JR中央線の三鷹駅南口から「鷹52」系統のバスに乗り、「竜源寺」で下車するのが便利です。

 もともとこのあたりには数軒の水車農家があったそうですが、現在も茅葺き屋根の水車経営農家(旧峯岸家)が残っており、1808(文化5)年頃に造られた「しんぐるま」と呼ばれる製粉・精米用の大型水車装置が極めて良好な状態で保存・公開されています。

水車経営農家で保存されている水車装置「しんぐるま」。直径4.6mの水輪は新たに作り直されたもの(画像:野村宏平)

 この「しんぐるま」は、野川の護岸工事によって水流が変化した1968(昭和43)年頃まで、約160年間にわたって稼働していたといいます。そのほか敷地内には大正時代に建てられた土蔵や物置などが残り、ここで使われていた民具も展示されています。

 見学は有料(200円、中学生以下は無料)ですが、ここの入館券があれば、対岸にある大沢の里古民家(旧箕輪家住宅主屋)にも入ることができます。

 大沢の里古民家は、湧き水を利用して江戸時代からこの地でワサビ栽培を営んできた箕輪家の母屋です。1902(明治35)年に建てられ、1980年頃まで住居として使われていましたが、2007(平成19)年に三鷹市に寄贈され、復元・整備工事を経て、2018年から一般公開されるようになりました。家の周囲には、ワサビ田と湿生花園も広がっています。

 この建物の裏が国分寺崖線ですが、竹林と雑木林のなかに設けられた自然観察路の坂道を登っていくと、ちょっと変わったものが待ち受けています。出山横穴墓群(でやまおうけつぼぐん)と呼ばれる7世紀頃の墓です。崖の斜面を横に掘って遺体を埋葬した墓で、現在、10号墓まで発見されていますが、そのうちの8号墓が一般公開されています。

 この墓からは4体の人骨が発見されたそうですが、特徴的な石積みの奥に置かれたレプリカの人骨がガラス越しに展示されています。「大沢の里」のなかでも、独特の雰囲気をたたえた神秘的なゾーンといえるでしょう。

調布飛行場と武蔵野の森公園


【画像ギャラリー】三鷹市「大沢地区」の風景(18枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_21-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_22-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_23-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_24-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_mitaka_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画