赤レンガ造りの「東京駅」 一歩間違えたら、お寺のような「渋いデザイン」になっていた!

赤レンガ駅舎で知られる「東京の玄関口」、東京駅。そんな東京駅ですが、1800年代末~1900年代初頭の設計段階ではさまざまな案がありました。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


設計に8年もかかった東京駅

 東京駅は東京の玄関口です。その顔ともいえる赤レンガ駅舎は、建築家・辰野金吾と彼が率いる辰野葛西建築事務所によって設計されました。なお辰野に設計が依頼されたのは1903(明治36)年で、設計が完了するまで約8年の月日が流れています。

東京駅(画像:写真AC)

 文化財となった建物の設計者として、現在はあちこちに名前を残す辰野金吾は1854(嘉永7)年、唐津藩の下級武士の家に生まれました。建築家としての人生は、1873(明治6)年の工部省工学寮(現・東京大学工学部)入学からです。

 工学寮の開校は同じく1873年のため、辰野が受験したのは、工学寮初の入学試験ということになります。しかし意外にも辰野は試験に落第。その後に追加募集試験が実施され、なんとか合格しています。

 明治初期の教育体制がどこでもそうだったように、この工学寮にも外国人教師が招かれました。その外国人教師とは、三菱一号館などを設計するジョサイア・コンドルです。コンドルの教えがマッチしたのか、辰野は工学寮を首席で卒業し、その特典としてロンドン留学などを経験、建築家としての素養を高めていきます。

日本的デザインを設計前任者

 東京駅は当初、ドイツから招いたフランツ・バルツァーが設計を行っていました。ちなみにバルツァーは高架鉄道の基本設計を行い、東京の鉄道網の基本をデザインした人としても知られています。中央本線が東京駅に乗り入れたり、総武線と山手線・京浜東北線が秋葉原で交差したりするのは、大半がバルツァーの仕事です。

唐破風(画像:精選版日本国語大辞典)

 そんな流れで、バルツァーが東京駅を設計することになりました。ところがバルツァーは日本文化のファンだったこともあり、東京駅も日本風のデザインを目指しました。具体的には、レンガ造りの建物に、和風の

・入母屋破風(いりもやはふ)
・唐破風(からはふ)

を取り入れた屋根を載せるというものでした。なお破風とは、屋根の棟の端にある三角形の部分のことです。

周辺との調和が重視されたデザイン


【1947年頃~現在】東京駅「丸の内口」の変遷

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_tokyo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画