渋谷駅はなぜ迷路のような構造なのか? 漫画『呪術廻戦』舞台を機に考える

コロナ以前は1日平均乗降人員が300万人を超えていた渋谷駅。そんな渋谷駅は同時に複雑な構造でも知られています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの有馬里美さんが解説します。


漫画「呪術廻戦」の舞台・渋谷駅

 2020年秋にアニメ化され、注目を集めている人気漫画『呪術廻戦(かいせん)』。同作における重要なエピソード「渋谷事変」では、東京・渋谷駅とその周辺が舞台となっています。

渋谷駅(画像:写真AC)

 作品中、敵との戦闘が繰り広げられたのは渋谷駅構内を始め、渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)やスクランブル交差点など、渋谷駅を中心とした実在するさまざまな場所です。

 展開が進むにつれ、登場人物たちが渋谷駅周辺の各地を移動し、舞台となるスポットも移り変わります。場所や建物等の背景もしっかり描かれているため「聖地巡礼」をするファンが続出し、SNS上でも広がりを見せました。

「渋谷事変」を見て気づくのが、渋谷駅とその周辺の複雑さです。登場人物が駅構内の通路や周辺の通りを移動しますが、駅構内へ入る出入り口や駅へ向かう道がいくつもあることが分かります。

 事実、渋谷駅は「迷宮」や「ダンジョン」と呼ばれるほど難解な作りの駅。初めて利用する人だけでなく、普段通勤や通学で利用している人でも、違う行き先に行こうとすると迷うと言われています。

 渋谷駅とその周辺はどのような構造を持ち、なぜ「ダンジョン」と呼ばれているのでしょうか。

「ダンジョン」と呼ばれる渋谷駅の構造


【古地図】明治初期の渋谷駅周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_shibuya_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画