ツルならぬ「カラスの恩返し」? 男女の悲しい別れを描く『水神』【連載】東京すたこら落語マップ(13)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


真っ黒な着物の美しい女

「鶴の恩返し」や「羽衣伝説」など、民話や昔話では多くの「異類婚姻譚(いるいこんいんたん)」が語られています。人間とそれ以外の存在が結ばれる説話です。

 落語にもいくつかありまして、民話と落語との高い親和性がうかがえます。

 今回紹介する『水神(すいじん)』も、そのひとつ。主人公が「見るなのタブー」をおかしてしまう、ちょっと切ないお話です。

歌川広重「隅田川水神の森真崎」名所江戸百景(画像:櫻庭由紀子)

※ ※ ※

 向島(現・墨田区)の三囲(みめぐり)神社の縁日。歳は30恰好のみすぼらしい形をした男が、腹を空かせて泣く乳飲み子を抱えて途方にくれていた。

 そこに、豆や柿を屋台で売っていた女が声をかけた。

「どなすったんです? まあ、赤ん坊、震えて泣いているじゃありませんか」

 見ると、黒い着物に黒い帯、足袋まで真っ黒な出で立ち。なのに肌の色はぬけるように白い。目鼻立ちの良く品の良い、それでいて妙な色気のある女だ。

「かわいそうに。さあ、赤ん坊をこちらに早くお出しなさい」

 女は男からもぎ取るように赤ん坊を抱きとると、着物の胸を広げ赤ん坊に乳を飲ませた。

「よっぽどお腹が空いていたのね。おかみさんはどうなすったんです」

 男はきまり悪くためらったが、頭をかきながら話し出した。

「あっしは生まれついての怠け者でしてね……、稼ぎが悪いってんで、かかあのやつ、出てっちまったんです。子どもは嫌いだとは言ってたんですがね、なにも赤ん坊まで置いていくこたあねえだろうって。俺の意気地がないばっかりに、こいつまでひもじい思いをさせられていやがる」

 腹が満足したのか寝息を立てている赤ん坊を見ながら女は、赤ん坊に乳を飲ませてくれる人がいないのだったら、自分のうちに来るように言う。

「今は独り身ですから、良いんですよ。あたしは、こう、というんですの」
「お幸(こう)さんってんで。あっしは、屋根職の杢蔵(もくぞう)てえもんです」

 お幸の家は水神様の境内にあった。水神の森の中で、ふたりはやがて夫婦となった。

「お幸、行かないでくれ」


【地図】舞台はスカイツリーのすぐ近く!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210506_rakugo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_rakugo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_rakugo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_rakugo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画