渋谷ヒカリエの前身 「東急文化会館」の夢と希望に満ちたプラネタリウムと映画館の思い出

1956年12月に開業し、2003年6月に閉館した渋谷駅前の東急文化会館の歴史と思い出について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


コルビュジエの弟子が設計

 渋谷の街が再開発でどんどん近未来化しています。期待感と同時に、消えていった風景も思い出します。

 特に懐かしいのは、渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷)が完成する前にあった東急文化会館です。銀座線から見えたプラネタリウムの円いドームは、夢と希望に満ちた渋谷の象徴でした。

 そんな東急文化会館がオープンしたのは、1956年(昭和31)年のこと。当時の東急電鉄会長・五島慶太(1882~1959年)の指示の下、「文化の殿堂」を目指してつくられました。建物を設計したのは、近代建築の巨匠として知られるル・コルビュジエに師事した坂倉準三で、手掛けた作品はアンスティチュ・フランセ東京(新宿区市谷船河原町)や岡本太郎記念館(港区南青山)などが現存しています。

 東急文化会館は地上8階地下1階で、オープン当初はプラネタリウムと四つの映画館、老舗を誘致した特選街、結婚式場、美容室などが入っていました。

 建設計画が進んでいた頃、五島は社員を前にあることを言いました。

「文化会館の屋上に水族館をつくって、でっかいクジラを泳がせよう」

 当時の渋谷は決して華やかとは言えない街だったため、インパクトのあるものを持ってこなくてはいけないと社員に発破をかけたのかもしれません。

 社員は見当もつかないまま検討に入りますが、クジラが入るような巨大水槽を屋上に置くのは無理だと判明。そんなところに持ち上がったのが、プラネタリウムの設置計画でした。

投影機の価格は大卒初任給の7000倍


【2003年6月撮影】在りし日の「東急文化会館」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_planetarium_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画