ラーメンじゃないのに二郎系? 入谷「SUN」のナポリタン【連載】東京レッツラGOGO! マグロ飯(3)

都内散歩と食べ歩きにくわしいフリーライターの下関マグロさんが、都内一押しの「マグロ飯」を紹介します。


ナポリタンの提供は喫茶店が圧倒的に多い

 ナポリタンの本の執筆を頼まれて以来、精力的に食べ歩いています。もともと好きでよく食べていたのですが、いざ本を書くとなると行ったことのない有名店もけっこうあって、「1日1ナポリタン」のペースで食べ歩いていました。

 ぶらぶらとナポリタンを探し歩いたので、書籍のタイトルは『ぶらナポ』(駒草出版)。サブタイトルは「究極のナポリタンを求めて」となっています。究極といっても自分自身の究極ということで、もちろん万人向けではありません。

 本書ではナポリタンの極私的ランキングとして、思いつくまま1位から23位まで順位をつけました。面白いのは、20代の頃に1位だと思っていた店と現在61歳の筆者が現在1位だと思う店が違っていることです。好きなナポリタンは年齢とともに、あるいは時代とともに変わるのですね。

 ナポリタンはイタリアのナポリ発のスパゲッティ料理ではなく、ケチャップ味で炒められた日本式の料理です。提供するお店は喫茶店が圧倒的に多く、そのほかには洋食屋やスパゲッティ専門店などです。

喫茶店「SUN」の「なぽりたん」(普通盛り)は単品650円。サラダや飲み物とのセットだと850円(画像:下関マグロ)



 というわけで、お店をひとつ紹介しましょう。それは、喫茶店「SUN」(台東区下谷)です。

今の味を作ったのは2代目

 日比谷線入谷駅からほど近い路地に、お店はあります。「珈琲とスパゲティーの店」という置き看板が目印。おいしいナポリタンは路地裏にあるのです。駅前のお店もいいのですが、どちらかといえば、住宅街などにひっそりたたずんでいるような喫茶店がいいですね。

おしゃれなカフェのような外観の「SUN」(画像:下関マグロ)



 メニューは「なぽりたん」とひらがな表記になっています。ちなみにナポリタンがおいしいお店の条件は、大盛りがあることです。SUNも土曜日を除く平日は大盛りが可能です。しかも、無料というのがうれしいですね。

 最初にサラダが出て、粉チーズとタバスコが提供されます。厨房から聞こえる麺を炒める音。ほどなくしてナポリタンの到着です。皿の端っこにはパンが二切れ乗っています。

 ひと口めがまろやかですねぇ。おいしいです。どこか懐かしいのですが、それだけではない新しさやパンチ力もあります。麺はアルデンテで、味付けにはケチャップだけでなく、トマトソースやニンニク、輪切りの唐辛子などを使っていて、多彩な味わいです。またサラダやコーヒー、アイスがついたセットは850円で、これは安いと思いました。

 コーヒーを飲みながらうかがったお店の歴史ですが、創業40年くらいになるそうです。初代は現在のマスター・向田勝さんのお父さま。今はちょっとおしゃれなカフェ風ですが、これは1999(平成11)年に建て替えたもので、それまでは昔ながらの喫茶店という店構えだったといいます。

 建て替え以降、徐々に先代から2代目に仕事が移り、4年前から2代目がひとりでお店を切り盛りしているとのこと。

 先代のナポリタンは典型的な喫茶店ナポリタン、つまり茹で置きした麺をバターで炒めたケチャップ味ですね。その後、2代目は自分なりのナポリタンを提供するようにりましたが、最初は風当たりがきつかったそうです。

「『以前のように柔らかい麺がいい』と言われることが多かったんですよ」

 それでも新しいナポリタンはじわじわ浸透したといいます。

ニンニク追加でまるで別メニューに変身

 この原稿を書くために久しぶりにSUNへうかがうと、とんでもないことになっていました。

SUNの2代目オーナーシェフの向田勝さん(画像:下関マグロ)



 お店の前には黒板があって、今日のサービスメニューが書かれています。「なぽりたん」もサービスメニューですね。セットメニューは通常850円ですが、サービスメニューだと750円。消費税が上がっても、値上げをしていませんでした。しかも、アイスクリームを食べない人は700円に下がるそうです。

 なぽりたんを注文すると、意外な言葉が帰ってきました。

「ニンニク入れますか?」

えっ、ここは喫茶店ですよね。ラーメン二郎じゃないですよね。へぇ、そういうサービスを始めたんですか。

「これが意外においしいんですよ」

と2代目が不敵な笑みを浮かべます。うーん、じゃ、入れてもらいましょうか。

「よくまぜてからお召し上がりください」と2代目。おお、刻みニンニクがトッピングされています。聞けば、小さじ3杯ほど入っているのだそうです。

 いただいてみると、ひえ~、こりゃかなり刺激的。タバスコとはまた違った、辛みと苦みが押し寄せてきます。かなりエッジが効いてます。ベースになっているのは以前にいただいたナポリタンなのですが、まったく別物に仕上がってますね。聞けば、ニンニクのマシマシもできるそうです。お好きなかたはぜひ。


【画像】ある意味、二郎インスパイア系? 刻みニンニクがトッピングされたナポリタン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191126_napo_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画