やりたい仕事がない20代のための職種カタログと転職術

  • 全国
  • 転職
やりたい仕事がない20代のための職種カタログと転職術

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

当記事では、やりたい仕事が見つからない人に向けて、やりたい仕事を見つけるヒントや、転職を成功させるコツを公開しています。最後までお読みいただければ、20代でやりたい仕事を見つける方法を知ることができ、転職を有利に進めるヒントを得られるはずです。

 まだ若い20代の場合、紆余曲折を経てさまざまな仕事を経験しているケースは、決して多くはありません。

 そのため、「自分のやりたい仕事がなにか、いまいちよく分からない…」「20代で未経験の職種に転職したいけれど、採用してもらえないかもと不安…」といった悩みを抱える人も多いようです。

 20代は、スキルや経験こそ豊富ではないものの、今後のポテンシャルを見込まれて採用されることが多いので、未経験職種への転職は、そう難しくはありません。

 当記事では、20代の転職市場の詳細や、やりたい仕事を見つける方法、スムーズに転職を成功させるコツについて解説しています。未経験でも採用してもらえる可能性の高い人気の職種についても解説しているので、自分のやりたい仕事を見つけたい20代は、ぜひ参考にしてください。

20代なら未経験でも様々な職種・業界に転職できる

 結論から言うと20代であれば、未経験でもさまざまな職種・業種に転職することが可能です。その理由をひもといていくために、まずは20代の転職事情について詳しく見ていきましょう。

転職市場は若手の人材が求められている

 一般的に転職市場においては、若手の人材の方が求められています。これには、若手人材の方が育成しやすいことや、将来性があることが関係しています。

 基本的に若手人材は、前職の社風や考え方に染まりきっていないため、柔軟性が高く、変化にも対応しやすい傾向にあります。加えて、将来性も武器になるので、育成後のポテンシャルを見込まれて内定をゲットしやすいのです。

 実際に、求人情報を見てみると、20代を積極的に募集している会社を多く見かけます。これには、40〜50代になってくると、どれだけ素晴らしいスキルがあったとしても、定年退職までの時間が限られてきてしまうことが関係しています。

 つまり、企業としてもやはりコストをかけて人材を採用する以上、自社により長い期間貢献してくれそうな人材を見つけたいという想いがあると考えられます。年齢はどうしても変えることができないため、20代というだけで大いに有利だと考えて良いでしょう。

 このように、転職市場における20代のニーズは非常に高いため、自分のやりたい仕事があれば、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

20代前半なら未経験でもポテンシャル採用のチャンスがある

 未経験の職種に挑戦しようとしている人のなかには、「スキルがないから採用してもらえないのではないか…」と、不安を感じている人もいるかもしれません。

 しかし、20代前半であれば未経験でも転職できる可能性が高いものです。なぜなら、企業側は20代前半に対して、現状のスキルより今後の成長を期待する傾向にあるためです。

 スキルを備えているに越したことはありませんが、20代前半の人材は今後自社で活躍してくれる可能性を存分に秘めています。加えて、スキルは転職してからでも身に付けられます。

 このような理由から、たとえ未経験であっても、ポテンシャルを見込んで若い人材を積極的に採用したいと考える企業は少なくありません。「未経験の私には難しいだろう…」と、安易に諦めずに、根気よく転職先を探してみましょう。

20代後半からの転職は難易度が上がるが30代よりは断然有利

 20代後半からの転職は、20代前半の転職と比べると、やや難易度が上がります。しかし、30代以降の転職と比べると断然有利なことも確かで、実際に20代後半で志望していた会社への転職が決まったという人も多く存在します。

 20代後半で転職する場合は、「自己分析をしっかり行う」ことや、「現職での実績・成果を分かりやすく伝える」ことがキーポイントになってきます。自分の強み・弱みをしっかりと理解したうえで、転職後、会社にどのような貢献ができるのかをアピールしていきましょう。

 ただし、29歳と30歳では転職の難易度に大きな差があります。30代になると即戦力での採用がメインとなるため、20代ならではの強みである若さや意欲、熱意より、経験やスキルが重視されるようになります。そのため、転職を意識しているのであれば、20代のうちに行動を起こすことをおすすめします。

20代の転職。やりたい仕事を見つけるヒント

 ここまで、20代の転職事情について詳しくお伝えしてきました。しかし、実際に転職活動を進めるにしても、「どのようなことに注意すればいいのか分からない」という人は少なくありません。以下では、そのような悩みを解消するべく、やりたい仕事を見つけるための四つのヒントを紹介します。

自己分析を突き詰める

 まず初めに押さえておきたいポイントは、「自己分析を突き詰める」ということです。自己分析とは、自身のこれまでの経験や思考を棚卸しして、スキルや性質、強みや弱み、今後の目標などを、理解することです。

 自己分析がしっかりできていないと、自分がやりたいことや向いている仕事を見つけるのが困難になります。逆に、自己分析をしっかり行えば、自分の特性を知り、適性を見極められるので、転職における職種・企業選びから選考過程までを、スムーズに進められるのです。

身につけたいスキルは何か

 転職後に身につけたいスキルから逆算して、転職先を探すのもひとつの手です。「やりたいことが見つけられないけれど、今の会社で働き続けるのはしんどい…」このようなときには、将来的に自分が手にしたいスキルや経験、ポジションなどを具体的に思い浮かべてみましょう。

 「映画が好きだから、映像に関わる仕事がしたい」「お金や資産運用に関するリテラシーを身につけたい」。このような、漠然とした目標でもかまいません。半年後・1年後・3年後・10年後と、自分がどんな社会人になっていたいのかを想像しながら、それらをかなえられる職種への転職を模索してください。

条件をはっきり決める

 やみくもに転職活動を行うだけでは、理想の職場を見つけ出せないだけではなく、転職後に後悔してしまうリスクが高まります。転職を考えている人には、必ず「転職したい理由」があるはずです。まずは転職先に求める条件を自分のなかで明確にしましょう。

 転職に成功する人は、譲れない条件や、転職をする目的が明確になっていることが多いものです。入社後のミスマッチを防ぐためにも、自分のなかで絶対に曲げられない条件をハッキリさせて、自分に適した転職先を探していきましょう。

 ただし、一切の妥協をせず理想の職場にこだわりすぎると、なかなか転職は決まりません。。100%理想通りの会社というには、現実的にほぼ存在しないため、妥協点を決めて、優先順位をつけながら効率良く転職活動を進めるようにしてください。

多くの職種を知る

 自己分析や、転職先に求める条件の絞り込みが終わったら、世の中に存在するさまざまな職種について調べてみましょう。これまであまり興味のなかった仕事であっても、調べるうちに、自分の好きなことや、興味のある分野と関連性が深い職種に出会える可能性もあります。

 職種を調べる方法には、「インターネット」「友人・知人に話を聞く」「異業種交流会やセミナーなどに参加する」などがあります。特に、志望している職種を経験した人の話は、その業界の裏話まで聞くことができるので、おすすめです。

20代なら未経験でもOK!職種カタログからやりたい仕事に近い職種を探してみよう

 ここからは、20代なら未経験でも転職できる可能性がある職種をいくつか紹介します。ぜひ、自分のやりたいことを見つけるための手立てとしてください。

IT系エンジニアの職種

 IT系エンジニアの職種は、主に「プログラマー」「Webアプリ開発」「フロントエンドエンジニア」「サーバーサイドエンジニア」「システムエンジニア(SE)」の5つです。以下では、それぞれの仕事の概要ややりがい、向いている人について紹介します。

プログラマー

 「プログラマー」とは、プログラム言語を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを創造する仕事です。現在はIT社会の発展により、さまざまな場所でプログラマーが作ったシステムが活用されています。社会的なニーズも高く、将来性もあるため、20代にはうってつけの職種です。

 プログラマーのやりがいとしては、「最先端のモノ作りに携われる充実感」や、「クライアントから感謝される喜び」などが挙げられます。IT業界では、日々新たな技術が誕生しています。最先端の技術を活用したモノ作りに携われるのは、プログラマーの特権でしょう。

 プログラマーに向いている人は、「物事を効率化するのが好きな人」や「勉強熱心な人」と言われています。

Webアプリ開発

 「Webアプリ開発」とは、その名の通りWebアプリの設計・開発を担う仕事です。アプリを制作する目的を正しく理解し、ユーザーにとって使いやすいものにすることが主な役割です。

 Webアプリ開発エンジニアのやりがいには、「たくさんの人に影響を与えるアプリを開発できる」「エンジニアとしての成長を感じられる」などが挙げられます。

 開発するWebアプリによっては、社会に大きな影響を与えられるため、他の仕事にはない大きなやりがいを感じられるでしょう。ただし、Webアプリ開発は誰でもできる仕事ではありません。開発を進めるうえでは、やはり一定以上のプログラミングスキルが必要になってきます。未経験から目指す場合は、スクールを利用するのもよいでしょう。

 Webアプリ開発エンジニアに向いている人は、「新しい情報やスキルを学び続けられる人人」や「論理的思考力に優れた人」と言われています。

フロントエンドエンジニア

 「フロントエンドエンジニア」とは、WebサイトやWebアプリの、フロントエンド側の設計や構築を行う仕事です。

 フロントエンドは、ユーザーが直接目にする部分であるため、見た目をよくすることはもちろん、ユーザーの立場になって、設計・開発に取り組むことが求められます。新しい技術やツールに触れる機会が多いため、日々刺激や学びを得ながらエンジニアとして成長できるでしょう。

 フロントエンドエンジニアに向いている人は、「新しい技術をどんどん習得したい人」や「サービス精神が旺盛な人」と言われています。

サーバーサイドエンジニア

 「サーバーサイドエンジニア」とは、サーバー側で行う処理に必要なプログラムの開発や、データ管理を行う仕事です。主にシステムの裏側の処理を担当するため、「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもあります。

 サーバーサイドエンジニアのやりがいは、「世の中をより便利にするサービスを生み出せる」ことです。システムの構築はもちろん、設計や要件定義などの初期段階にも関わるため、大きな責任があります。

 サーバーサイドエンジニアに向いている人は、「裏方の仕事が好きな人」や、「システムの運用や保守に興味がある人」と言われています。

システムエンジニア(SE)

 「システムエンジニア(SE)」とは、システムの設計を行う仕事です。クライアントからの要望を細かくヒアリングし、システムの設計図を考案するのが主な役割です。

 具体的には、クライアントと「システムを作ることでどのような効果をもたらせるのか」という内容を細かく打ち合わせします。その後、話し合いの内容に基づいて、システムの全体図を設計します。企業によっては、実際にプログラミングまでを担当することもあります。

 顧客のニーズに応えるシステムを思索し、自分のアイデアを形にする楽しさが味わえることは、システムエンジニア(SE)ならではの、大きなやりがいです。

 システムエンジニア(SE)に向いている人は、「コミュニケーション能力が高い人」や「マネジメント能力のある人」と言われています。

ものづくり系エンジニアの職種

 ものづくり系エンジニアの職種は、「機械設計」「アナログ電子回路設計」「デジタル回路設計エンジニア」「生産管理」の4つです。

機械設計

 「機械設計」とは、文字通りに機械を設計する仕事です。機械の動くメカニズムを正しく設計するのが、主な仕事内容です。

 機械設計のやりがいには、「自分の思い描いたアイデアを具体的に形にできること」があります。また、ひとつの製品を完成させるために、チームで試行錯誤を繰り返しながら創作することもあるため、チーム内で喜怒哀楽を共有できる点も、機械設計のやりがいです。
 機械設計に向いている人は、「手先が器用な人」や、「細かい作業が得意な人」「チームプレーが好きな人」と言われています。

アナログ電子回路設計

 「アナログ電子回路設計」とは、コンピューターをはじめとする電気製品の電源や、アナログ信号を司る電子回路を設計する仕事です。

 電子製品の根本を担う重要な業務に携われることから、近年はアナログ電子回路設計を目指す20代が増えています。

 アナログ電子回路設計は、あらゆる電子機器が正常に作動するために不可欠な技術であるため、「自分が開発に関わった製品を多くの人に利用してもらえる」ことが、大きなやりがいにつながります。

 「モノ作りに深く携わりたい人」はもちろん、「電子回路への興味が強くある人」は、アナログ電子回路設計に向いていると言えるでしょう。

デジタル回路設計エンジニア

 「デジタル回路設計エンジニア」とは、電子機器や家電製品などをに使われるデジタル回路の設計を担う仕事です。

 デジタル回路設計エンジニアのやりがいについては、「開発に携わった製品が世に出る喜びを実感できる」ことや、「最先端の技術に接しながらスキルを高められる」ことが挙げられます。

 そのため、「専門知識を学ぶのが好きな人」や、「好奇心を持って業界のトレンドを収集できる人」は、デジタル回路設計エンジニアの適性があると言えるでしょう。

 デジタル回路設計エンジニアは、専門性が高く、キャリアアップが目指せる点も魅力です。

生産管理

 「生産管理」とは、生産スケジュールの調整や在庫管理などを行う仕事です。「どの製品を、いつまでに何個製造するべきなのか」という生産計画を管理するのが主な役割です。

 生産管理の魅力としては、達成感を得られることが挙げられます。同じ製造部門でも、アルバイトやパートが受け持つことの多いライン作業とは異なり、重責を伴うポストですが、それだけにやりがいを強く感じられます。 

 「コミュニケーション能力がある人」や、「冷静に物事を俯瞰して視られる人」は、生産管理に向いていると言えるでしょう。

クリエイティブ系の職種

 クリエイティブ系の職種で代表的なものとしては、「Webプロデューサー」「Webディレクター」「Webデザイナー」「編集者・ライター」が挙げられます。

Webプロデューサー

 Webプロデューサーとは、ネットビジネスにおけるプロジェクト全体を統括する仕事です。

 Webプロデューサーの代表的な役割には、「クライアントへのヒアリングと企画提案」「予算・スケジュール管理」「プロジェクトメンバーとの関係構築」などが挙げられます。

 Webプロデューサーとしてのスキルを高められることはもちろん、経営やマネジメントへのキャリアパスもあるため、将来的に経営者や管理職を目指す人にはおすすめの職種です。

 「プロジェクト全体を俯瞰して見ることができる人」や、「過去にマネジメント経験がある人」などは、Webプロデューサーに向いているでしょう。

Webディレクター

 「Webディレクター」とは、Web制作に携わるスタッフを監督・指揮・管理する仕事です。

 具体的な仕事の範囲は、会社によってさまざまですが、なかには、スタッフの人選や、コンテンツの構成、スケジュール管理に至るまでの全てを一任されることもあります。それだけに、仕事量も多く、長時間仕事と向き合わなければなりませんが、自分の力で新しいコンテンツを生み出せるという点はWebディレクターの大きなやりがいです。

 Webディレクターが向いている人は、「スケジュール管理が得意な人」や「マルチタスクができる人」と言われています。

Webデザイナー

 「Webデザイナー」とは、Webサイトのデザインを立案・制作する仕事です。クライアントが頭のなかで思い描いているWebサイトを実現するために全体の構成を考え、魅力的なデザインを制作します。

 Webデザイナーのやりがいは、自分で考えたWebサイトを多くの人に見てもらえることです。自身のアイデアが反映されたWebサイトを多くの人に目にしてもらい、いい反応を得られることは、何者にも変え難い喜びです。

 Webデザイナーに向いている人は、「デザインへの興味が深い人」や「勉強熱心な人」と言われています。

編集者・ライター

 「編集者・ライター」とは、雑誌や書籍などの紙媒体や、Webメディアなどで発信する内容・中身の制作を担う仕事です。

 編集者・ライターのやりがいは、自分のアイデアを形にできる点にあります。場合によっては、チームでひとつの作品を作り上げることもあるため、他者と達成感を共有できることも大きなやりがいです。 また、編集者・ライターは、企画に沿って取材やインタビューなどの情報収集を行うため、その分野に関する知識が増える、新しい知見を得られるといった刺激もあります。
 このような理由から、編集者・ライターに向いている人は、「文章を書くことが好きな人」や、「コンテンツ制作が好きな人」と言われています。

マーケティング系の職種

 マーケティング系の職種には、「Webマーケター」「営業企画・マーケティング」「広告宣伝・PR」の三つがあります。

マーケティング系の職種

 「Webマーケター」とは、マーケティングの知識を活用して、Webサイトの売り上げを拡大するための戦略を立てる仕事です。Webマーケターの具体的な業務としては、コンセプトやターゲットの設定、SEO対策、SNS運用、広告・コンテンツの打ち出し、アクセス解析などがあります。

 Webマーケターには、オンラインの特性を生かした発信が求められるため、Web広告に関する深い理解が必要です。公開した情報はアクセス解析などによって、都度確認できるため、成果を可視化しながら、やりがいをもって働けます。

 Webマーケターに向いている人は、「結果を目に見える数字で確認したい人」や「失敗を恐れない人」と言われています。

営業企画・マーケティング

 「営業企画・マーケティング」とは、マーケットを分析して、戦略的に商品・サービスを売る仕事です。市場調査やサービス・商品のPRを行うエキスパートとして、売上拡大や企業のイメージアップを図ります。

 営業企画・マーケティングのやりがいは、新規市場の開拓や、市場分析に基づく新規商品・サービス開発の最前線に立てることです。商品やサービスが自分の予測通りに売れてヒットすることに面白みを感じられる人にとっては、マーケティング・営業企画職に就くメリットがあると言えるでしょう。

 営業企画・マーケティングに向いている人は、「数字に強い人」や、「好奇心旺盛な人」と言われています。

広告宣伝・PR

 「広告宣伝・PR」とは、自社のサービスや商品を消費者に知ってもらうために、メディアに広告を打ち出す仕事です。会社によっては、サービスや商品だけでなく、自社そのものの広告を出すこともあります。

 広告宣伝・PRのやりがいは、自分が関わった広告が、世の中の注目を浴び、商品がヒットしたり、自社のブランドイメージが向上したりするなど、広告を掲載した手応えを感じるときです。また、各メディアの担当者や、クリエイターの人たちと知り合って、刺激を受けられる点もやりがいのひとつと言えるでしょう。

 広告宣伝・PRに向いている人は、「人とのコミュニケーションが好きな人」と言われています。

営業系の職種

 営業系の職種は、「法人営業(新規開拓)」「法人営業(ルート営業)」「個人営業」「広告代理店(広告営業)」「MR」の五つです。

法人営業(新規開拓)

 法人営業(新規開拓)とは、新規のクライアントを相手に、自社のモノやサービスを売る職業です。取り扱う商材は、有形商材と無形商材に分かれます。

 新規開拓は、新しいマーケットの獲得にもつながるため、とりわけ重要度が高い仕事と認識されています。契約後も、顧客と良好な関係を保つために、密にコミュニケーションを取ることはもちろん、自社製品を通じて、顧客が利益を上げられるよう考えなくてはなりません。

 法人営業(新規開拓)に向いている人は、「ヒアリング能力がある人」や「提案力が高い人」と言われています。

法人営業(ルート営業)

 法人営業(ルート営業)とは、既存のクライアントを巡回して、自社製品に関する商談を行う仕事です。複数のクライアントを巡回するケースもあれば、一社専属で毎日のようにやり取りをするケースもあります。

 クライアントと長期に渡って関係性を築けることは、法人営業(ルート営業)の大きなやりがいです。担当者と仲を深められるだけではなく、自分がした提案でクライアントが売上を拡大する喜びも感じられます。

 法人営業(ルート営業)に向いている人は、「柔軟性が高い人」や「クライアントの役に立ちたいと考えられる人」と言われています。

個人営業

 「個人営業」とは、個人や個人経営のお店に対して、モノやサービスを売る職業です。金融・保険・人材・住宅・自動車など、幅広い業界で、個人営業が活躍しています。 

 個人営業の具体的な業務内容には、訪問やテレアポなどによる新規開拓営業と、既存営業の2種類があります。どちらもクライアントとの密な信頼関係を築くことが不可欠であるため、高い人間力が求められます。

 個人営業に向いている人は、「コミュニケーション能力に長けている人」「相手のニーズウィ聞き出せる人」と考えられています

広告代理店(広告営業)

 「広告営業(広告営業)」とは、クライアントである広告主の商品やサービスなどをプロモートして、企業の価値や商品の売上を高める仕事です。どの媒体を使い、どのような手法で企業や商品の認知度を高めていくかを共に考え、広告出稿に必要な準備や調整を行います。

 広告営業(広告営業)のやりがいは、「自分が提案した広告により、クライアントの売り上げやブランドイメージが向上すること」にあります。また、広告は多くの人に影響を与える可能性を秘めているため、「スケールの大きな仕事をしている実感を得られる」のも醍醐味です。

 広告営業(広告営業)に向いている人は、「トレンドに敏感な人」や、「フットワークの軽い人」と言われています。

MR

 「MR」とは、医薬品の有用性や安全性、効能・効果などを医療従事者に説明する仕事です。

 一見すると他業種の営業職と同じ業務内容に見えますが、あくまでもMRが担当する仕事は医薬品に関する情報を伝えることのみです。そのため、価格交渉や商品代金の回収には一切、携わることがありません。

 医療に関わる専門的な知識を身につけられることや、医療従事者などとの人脈が広がることがMRの主なやりがいです。

 MRに向いている人は、「医療に興味がある人」や、「忍耐強い人」と言われています。

事務系の職種

 事務系の職種には、「一般事務」「営業事務」「経理」「人事・採用」「総務」の五つがあります。

一般事務

 「一般事務」とは、データ入力や、書類の作成、郵便物の仕分け・発送、電話対応、来客対応などを幅広く担当する仕事です。

 業務の内容は多岐に渡りますが、そのどれもが企業経営に欠かせない仕事です。そのため「縁の下の力持ち」や「陰の立役者」などと表現されることが多いものです。

 また、一般事務を経験することで、パソコンスキルも身につきます。パソコンスキルは現代のビジネスパーソンであれば、誰しもが身につけておきたいスキルのひとつのため、今後のキャリアにも役立つことでしょう。

 「黙々と作業をするのが好き」「長時間同じ作業をしても、飽きない」という人は、一般事務に向いていると言えます。

営業事務

 「営業事務」とは、営業担当者がクライアントとの交渉に注力できるように、社内での事務作業をサポートする仕事です。会社によっては、「営業アシスタント」または「営業サポート」などと呼ばれることもあります。

 営業事務の具体的な仕事内容には、請求書などの書類作成や、受発注データの入力、会議用資料の準備や手配などが挙げられます。

 営業事務のやりがいは、会社に貢献できるのはもちろん、チームの一員として、メンバーに信頼してもらえることにあります。また、営業感覚も身に付きやすいため、将来的に営業職を目指している人にも最適です。

 営業事務に向いている人は、「サポートが得意な人」や、「臨機応変な対応が苦でない人」と言われています。

経理

 「経理」とは、会社のお金の動きを管理する仕事です。具体的には、伝票作成・入力や各種申告書の作成、帳簿の管理などを担います。

 経理担当として経験を積めば、仕事を通じて得た知識やスキルを、さまざまな場所で生かせるようになります。また、経理の仕事は、通常「日単位」「月単位」「年単位」で区切られています。それぞれの業務をミスなく進めて、すべての仕事を成し遂げたときには、大きな達成感を味わえます。

 経理に向いている人は、「コツコツと業務を続けられる人」や、「細かいところに気を配れる人」などと言われています。

人事・採用

 「人事・採用」とは、企業が必要とする人材を育成・採用する仕事です。社内組織の構築や給与計算、社員教育など、社員に関する全ての実務を取り仕切ります。

 人事・採用は、社員と直接関わる機会が多いため、「人」と接することが好きな人にはおすすめの職種です。人材の成長を身近で感じられるだけではなく、従業員一人一人と深く関われるため、人事・採用業務に面白さを覚える人も多いようです。

 人事・採用に向いている人は、「会社の顔として対応できる人」や、「誰とでも分け隔てなくコミュニケーションが取れる人」と言われています。

総務

 「総務」とは 、会社組織全体に関わる業務に従事し、組織が円滑に動くようにサポートする仕事です。他部署が担当しないさまざまな業務を担当するため、業務範囲が明確に定まっていないケースがほとんどです。

 総務は、資料作成、データ入力をはじめとする幅広い業務を担うことから、実務遂行能力の高さを求められます。また、日によって担当する業務が異なるため、日々のスケジュールや業務内容が変化に富んでいます。これにより、いつまでも飽きることなく、フレッシュな気持ちで働きやすいでしょう。

 総務に向いている人は、「他者をサポートすることに愉悦を覚える人」「裏方の業務にやりがいを持って取り組める人」と言われています。

コンサルタント系の職種

 コンサルタント系の職種は、「ITコンサルタント」「経営コンサルタント」「M&Aコンサルタント」「財務・会計コンサルタント」の四つです。

ITコンサルタント

 「ITコンサルタント」とは、IT技術に関するアドバイスやシステムの導入支援を行う仕事で。IT技術を用いた施策を提案し、クライアントの抱える課題を解決へ導くのが主な役割です。

 ITコンサルタントのやりがいは、やはり「クライアントが抱える経営課題を解決したときに得られる達成感」にあります。クライアントと喜びを分かち合える仕事でもあるため、日々高いモチベーションを保ちながら、仕事に取り組めるでしょう。

 ITコンサルタントに向いている人には、「他者のために行動することにやりがいを感じられる人」と言われています。

経営コンサルタント

 「経営コンサルタント」とは、企業などの経営についてコンサルティングを行う仕事です。年々激化する企業間競争を、いかに生き抜くかという大きな問題を多角的な視野で支援・解決します。

 経営コンサルタントが扱う分野は、中長期経営計画から事業ごとの戦略立案など、多岐に渡ります。そのため、企業経営に関する深い知識、知見が必要になってきます。

 経営コンサルタントのやりがいとしては、ITコンサルタント同様、「大きな達成感を得られる」ことや、「広い知識やスキルを身につけて、成長していける」ことが挙げられます。

 経営コンサルタントに向いている人は、「ロジカルシンキングができる人」や、「コミュニケーションスキルに長けている人」などと言われています。

M&Aコンサルタント

 「M&Aコンサルタント」とは、M&Aに関する相談に乗り、M&A実行に必要な一連の流れをサポートする仕事です。

 M&Aの実行においては、さまざまな専門知識が求められます。加えて、税理士や会計士、司法書士や弁護士が行うM&A業務には、当然のことながら国家資格が必要となってきます。

 会計士や弁護士などの資格を持っていない場合でも、「M&Aエキスパート認定制度」「M&Aスペシャリスト」「JMAA認定M&Aアドバイザー」などの資格を取得することで、クライアントから高い信頼を得られます。M&Aコンサルタントへの転職を検討しているという人は、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてください。

財務・会計コンサルタント

 「財務・会計コンサルタント」とは、クライアント企業の財務や会計に関するコンサルティングを行う仕事です。具体的には財務・会計に関する法規制の確認や対応、会計業務プロセスの改善、投資やコスト削減などについてのアドバイスを行います。

 財務・会計コンサルタントは、通常、経営層に対してヒアリング、提案を行います。会社の経営に直接的な影響を与えるため、仕事の責任は重いですが、それだけ大きな達成感を実感できる職種でもあります。

 財務・会計コンサルタントに向いている人は、「強い責任感がある人」や「論理的思考能力の高い人 」と言われています。

まとめ

 ここまで、業種別に計30個の職種について見てきました。職種ごとで、業務内容や仕事を通じて得られるやりがいのほか、向いている人についても違いがあることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

 今回紹介した職種のなかで気になったものがあれば、積極的にその職種に関して調べてみましょう。思わぬかたちで、あなたの新しいキャリアが始まるかもしれませんよ。

20代がスムーズに転職を成功させるコツ

 20代がスムーズに転職を成功させるためには、いくつかのポイントに留意しておくことが重要です。以下では、20代がスムーズに転職を成功させるコツについて紹介します。

離職せず在職期間に転職活動をする

 転職活動を進める際に最も悩むことは、「現職を退職してから転職活動を進めるべきか?」という問題だと思います。これについては、さまざまな考え方がありますが、トータル的なことを考えると、「離職せず、在職期間中に転職活動をする」のが最適解です。

 

 退職してからだと、転職活動中に収入が得られないため、どうしても、収入面が不安定になりがちです。一方、在籍中に転職活動をする場合は、現職の給料を受け取れるため、生活レベルを落とす必要がありません。これにより、精神的にも安定しますし、ストレスも最小限に抑えられます。

 
 また、在籍期間中の転職活動であれば、志望企業と現職の条件や待遇の違いを冷静に比較できます。一度離職してしまった後では、「やはり前の会社がよかった」と思っても、戻ることができません。転職するかしないかを慎重に判断したいという人は、在籍中に転職活動をするのがいいでしょう。

できるだけ早く行動する

 将来的に転職を見据えている場合は、できる限り早く行動することが肝要です。前述した通り、転職市場では将来性や今後のポテンシャルが重視されるため、年齢が若ければ若いほど採用に有利に働きます。

 20代前半と20代後半とでは、企業が求職者に求めるレベルも変化するため、即戦力になれないと判断されれば、未経験の業種に挑戦することは難しくなってしまうのです。

 さらに、転職活動は、自己分析や企業研究、面接など思っている以上に時間がかかります。自分の希望のタイミングで転職するためにも、転職活動はできるだけ早く始めるのがおすすめです。

自身を持ちたいなら資格を取得する

 資格があれば、その分野に関する専門能力を有していることを証明できます。そのため、志望している職種と保持資格の関係が深ければ深いほど、面接官にいいアピールができます

 「どのような資格を取得するべきか?」については、志望する職種や業種によって大きく異なるため、簡単には絞り込めませんが、2023年現在、人気の資格には以下のようなものが挙げられます。

  • TOEIC(800点以上)
  • 日商簿記検定
  • 行政書士
  • 公認会計士
  • 簿記3級以上
  • 社会保険労務士(社労士)
  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • ファイナンシャルプランナー
  • 中小企業診断士
  • MOS検定
  • ITパスポート
  • マーケティング検定
  • ウェブデザイン技能検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • 秘書検定

 自分の希望する職種に関連性の深い資格を調べてみましょう。

転職エージェントを活用する

 転職活動では、自分の希望条件とマッチする企業を見つけることも重要な要素です。しかし、数多くある求人を一つ一つチェックするのは、決して容易なことではありません。そのようなときには、転職エージェントを利用するといいでしょう。転職エージェントを利用するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 幅広い求人のなかから自分の希望条件に適した転職先を探せる
  • 非公開求人にも応募できる
  • 面接などの調整を、キャリアアドバイザーが担当してくれる
  • 履歴書作成や面接対策などのアドバイスを受けられる

 転職エージェントは多くの場合、無料で利用できるため、少しでも気になっている人は、登録してみましょう。

20代におすすめの転職エージェント

 ここからは、「20代におすすめの転職エージェント」を4社紹介します。ぜひ、自分にピッタリの転職エージェントを見つけるための参考にしてください。

サイト名特徴求人数運営会社
リクルートエージェント
リクルートエージェント ロゴ画像
非公開も含めて求人数60万件以上
▶公式サイト
604,776件
(非公開も含む)
株式会社リクルート
マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’s ロゴ
全求人が20代対象、うち75%が未経験OK
▶公式サイト
3,921件株式会社マイナビワークス
doda
doda ロゴ
転職サイトと併用可能
▶公式サイト
216,271件
(非公開も含む)
パーソルキャリア株式会社
ワークポート
ワークポート ロゴ
履歴書、職務経歴書の作成ツール「レジュメ」
▶公式サイト
64,205件株式会社ワークポート
マイナビエージェント
マイナビエージェント ロゴ画像
職種や業界ごとに細分化された専門サイト
▶公式サイト
63,066件
(非公開も含む)
株式会社マイナビ

リクルートエージェント

おすすめポイント:求人数NO.1を誇る大手転職エージェント!専任のキャリアアドバイザーが転職を徹底サポートしてくれる

 「リクルートエージェント」は、求人数NO.1を誇る大手転職エージェントです。リクルートエージェントのみで取り扱っている独占求人も多く存在するため、転職を検討する際には、まず登録しておきたいエージェントと言えます。

 
 また、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、提案力に長けていることも特徴です。志望企業の採用担当者に魅力的な売り込みをしてくれるだけでなく、入社後の条件面なども細かく交渉してくれます。そのため、自分自身を売り込むことが苦手な人や、条件交渉を代行してもらいたい人におすすめです。

おすすめのポイント

  • 求人数NO.1を誇る大手転職エージェント
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評あり
  • 入社後の条件面なども細かく交渉してくれる
  • 独占求人も持っているため、リクルートエージェントにしか掲載されていない求人と出会える

おすすめな人

  • 転職初心者
  • 自分自身を売り込むことが苦手な人
  • 条件交渉を代行してもらいたい人
  • 自身のスキルをさらに伸ばしたい人
求人数604,776件
(非公開も含む)
運営会社株式会社リクルート

マイナビジョブ20’s

おすすめポイント:若手人材特化型の転職エージェント!既卒者限定の就職支援サービスもあり

 マイナビジョブ20sは、若手人材特化型の転職エージェントです。登録している人の75%以上が20代となっており、掲載求人も20代限定のものが多いのが特徴です。

 

 マイナビジョブ20’sでは、「マイナビジョブ20’sアドバンス」という既卒者限定の就職支援サービスも行っています。マイナビジョブ20’sアドバンスでは、就職市場の現状について知ることができるほか、面接対策や既卒者の採用に積極的な企業の選考会といったサポートもしてくれます。

 

 そのため、既卒で「なにから転職活動を始めたらいいのか分からない」「職務経験がなく、不安」といった悩みを抱えている人におすすめのサービスです。

おすすめのポイント

  • 若手人材特化型の転職エージェント
  • 20代限定の求人が多い
  • 既卒者限定の就職支援サービス「マイナビジョブ20’sアドバンスを展開
  • キャリアアドバイザーに転職に関する悩むを相談しながら転職活動を進められる

おすすめな人

  • 転職初心者
  • 既卒者
  • 第二新卒
  • 自分の市場価値を確かめたい人
  • キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めたい人
求人数3,921件
運営会社株式会社マイナビワークス

doda

おすすめポイント:「転職サイト」と「転職エージェント」の2つの機能を展開!両方の求人をまとめて確認できる

 「doda」では、「転職サイト」と「転職エージェント」の2つの機能を展開しています。これにより、「自分で求人を探して応募するか」もしくは「エージェントから求人紹介を受けるか」のいずれかを自由に選択できます。

 

 「転職サイト」と「転職エージェント」では、掲載されている求人情報が異なることも多いため、両方の求人をまとめて確認できる点は、dodaならでは魅力だと言えるでしょう。

おすすめのポイント

  • 「転職サイト」と「転職エージェント」の2つの機能を展開しているため、両方の求人をまとめて確認できる
  • 転職に役立つサービスが充実している
  • 事務職や営業職など人気職種の求人が多い
  • ハイクラス求人の取り扱いもあり

おすすめな人

  • より多くの求人情報を閲覧したい人
  • 転職希望日まで、あまり時間がない人
  • ハイクラス求人を志望している人
求人数216,271件
(非公開も含む)
運営会社パーソルキャリア株式会社

ワークポート

おすすめポイント:IT業界やゲーム業界への転職を目指す人に人気の転職エージェント!転職活動を進めるうえで役立つ「アプリ」や「スクール」も提供

 ワークポートは、IT業界やゲーム業界への転職を目指す人に人気の転職エージェントです。特に、WebデザイナーやITエンジニアなどの求人が多いため、これらの職種への転職を考えている人には、ピッタリのエージェントだと言えるでしょう。

 

 また、ワークポートでは、転職活動を進めるうえで役立つ「アプリ」や「スクール」も提供しています。アプリでは、スマホで簡単に履歴書や経歴書が作成できますし、スクールでは、「転職講座」を通じて転職に関するノウハウを学べます。

 

 また、無料のエンジニアスクール「みんスク」も開校しているため、未経験からエンジニアとして活躍するチャンスを広げられます。

おすすめのポイント

  • IT業界やゲーム業界への転職を目指す人に人気の転職エージェント
  • WebデザイナーやITエンジニアなどの求人が多い
  • 転職活動を進めるうえで便利なアプリ(履歴書作成・レジェメ機能など)を開発
  • 未経験からエンジニアを目指す人向けの無料スクールも用意

おすすめな人

  • IT業界やゲーム業界への転職を目指している人
  • 未経験から挑戦したい人
  • 転職に関するノウハウを学びたい人
  • 将来エンジニアになりたい人
求人数64,205件
運営会社株式会社ワークポート

マイナビエージェント

おすすめポイント:20代からの人気が圧倒的に高い転職エージェント!5〜10年先を見据えた、個別カウンセリングをしてくれる

 「マイナビエージェント」は、20代からの人気が圧倒的に高い転職エージェントです。

 マイナビエージェントの特長は、5〜10年先を見据えた、個別カウンセリングを実施している点にあります。細かいヒアリングをもとに、適性のある職種や企業を紹介してもらえるため、今後のキャリアを考えるうえで、役立つアドバイスが得られます。

 

 また、マイナビエージェントでは、サポート期限を設けていないため、転職するか悩んでいる人でも安心して登録できます。

おすすめのポイント

  • 20代からの人気が高い転職エージェント
  • 5〜10年先を見据えた、個別カウンセリングを実施
  • 適性のある職種や企業を紹介してもらえる
  • 転職のサポート期限は一切なし

おすすめのポイント

  • 転職初心者
  • カウンセリングの内容を重視したい人
  • 年収アップを目指したい人
  • 転職するかどうかを悩んでいる人
求人数63,066件
(非公開も含む)
運営会社株式会社マイナビ

まとめ

 今回は、20代の転職市場や、やりたい仕事を見つけるヒント、未経験でもOKな職種について見てきました。

 社会人経験の少ない20代のうちは、「自分がやりたい仕事が分からない」という人が、珍しくありません。また、未経験ゆえに採用してもらえないんじゃないかと不安を覚える人もいらっしゃいますが、20代の未経験者を積極的に採用している企業は多いため、過度に恐れなくて大丈夫です。 

 自分がどのような仕事がしたいか、全く思い浮かばないというときには、自分の適性を理解することがとても大切です。自己分析を突き詰めて、転職の目的を整理してみてください。

 また、実際に転職を進めるうえでは、「転職先に求める条件を検討する」「なるべく在籍中に転職活動をする」などのポイントを押さえて、効率よく転職活動を進めるのが重要です。

 初めて転職活動をする場合や、プロによる手厚いサポートを受けながら自分に適した職場を見つけたいという場合には、転職エージェントを活用してみましょう。転職エージェントに相談することで、転職の成功率がグンと高まります。

 ぜひ、当記事で紹介した内容を参考に、情報収集をしてみてください。皆さんの転職が上手くいくことを心からお祈りしています。

関連記事