労働者の街から「城南の副都心」に大変貌 大井町の過去と現在と未来を考える

今では東京・城南の副都心に進化している大井町。その歴史について、フリーライターの出島造さんが解説します。


城南の下町から副都心へ

 城南(目黒区、品川区、大田区、港区)の下町だった大井町、その風景は次第に城南の「副都心」へと変わりつつあります。

大井町駅(画像:(C)Google)

 2000(平成12)年頃の大井町駅の駅舎は昭和の香りが漂い、古めかしい立ち食いそば屋もありました。その後、2002年12月にりんかい線の駅が開業した頃から、瞬く間に姿を変えていきました。2008年、東急大井町線に急行電車が走るようになった頃には、すっかり洗練された雰囲気に。

 大井町が城南の副都心へと姿を変えていったのは、いつ頃からでしょうか。

 1978(昭和53)年に策定された『品川区長期基本計画』によると、大井町駅周辺を核として、大井町~五反田~大崎を結ぶ都市軸の形成が品川区発展の前提とされています。

 当時、品川区の最大の繁華街は五反田でした。

 大井町とはいえば、昭和50年代になっても戦後のヤミ市のような雰囲気が残っており、国鉄の駅舎から阪急百貨店(品川区大井)側の出口周辺には小さな飲み屋が軒を連ねていました。新宿ゴールデン街や赤羽といった小さな飲み屋の並ぶエリアは、今でこそ一種の観光地となっていますが、それは21世紀になってからのことです。

 20世紀の終わり頃まで都内各地にあった飲み屋街は、どこも一見には敷居の高い「ハイレベル」なエリアでした。JRの駅舎は1993(平成5)年にアトレ大井町となり、東西自由通路もできましたが、昭和には、品川文化会館公会堂(現・品川区立総合区民会館、東大井)側はロータリーがあるのに出口はない、という奇妙なつくりになっていました。

国鉄大井工場と地元商店街の強固な信頼


【画像ギャラリー】国鉄時代の大井町駅周辺

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_ooimachi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画