伝説の野球漫画『キャプテン』と江東区にあった「幻の球場」から見る青春群像

コージィ城倉氏の作画で2019年から連載開始されている漫画『キャプテン2』。そのオリジナルとなるのが、ちばあきお氏の『キャプテン』です。同作品の背景について、法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


江東区新砂1丁目にある記念碑

 先日とある会議に出席することになり、江東区役所(江東区東陽)へ出向きました。東陽町といえば、「洲崎(すさき)球場」を思い出します。

 洲崎球場は、場所が長らく定かではありませんでした。しかし文献調査などでおおよその場所が判明し、2005(平成17)年に江東区が記念碑を建てました。

 場所は、水処理大手のオルガノ、会計システムを手がける日本デジタル研究所がある江東区新砂1丁目です。

伝説の野球マンガ『キャプテン』(画像:(C)ちばあきお、学研ホールディングス)

 日本のプロ野球草創期――杉並区上井草にあった上井草球場(1936年8月開場)に続き、洲崎球場は同年10月に開場しました。

 もともと松竹ロビンス(1936年から1952年まで活動したセリーグ加盟球団)の前身球団である大東京軍の本拠地だったのですが、当時はフランチャイズ制が確立しておらず、東京読売巨人軍(現在の読売ジャイアンツ)も使用していました。

1936年に行われた巨人対大阪の優勝決定戦

 この球場で行われたもっとも有名な試合は、1936(昭和11)年の巨人対大阪(現在の阪神タイガース)の沢村栄治、景浦将(かげうら まさる)が出場した優勝決定戦です。熊本県立工業学校(現在の熊本工業高校)から巨人入りした「打撃の神様」、川上哲治のプロデビュー戦もこの球場だったそうです。

 しかし1937年には都心部に後楽園球場が作られ、上井草球場、洲崎球場ともに試合数が激減。1938年の3試合を最後に閉鎖。1943(昭和18)年頃に解体されたといいます。埋め立て地に作られたため、満潮時には海水が流入したという話もありますが、日本のプロ野球の礎となった球場と言えるでしょう。

洲崎球場跡に立つ記念碑(画像:(C)Google)

 なお同じ江東区には、1999(平成11)年と2001年に全国高校野球選手権(夏の甲子園)に出場した「都立の星」、城東高校(江東区大島)もあります。

『キャプテン』の墨谷二中のモデルは?


【地図】あなたは知ってた? 「洲崎球場」のあった場所を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200225_chiba_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画