AGAの治療って保険適用になる?AGA治療のキホンと治療費が安いクリニックをまとめて紹介!

  • 全国
  • 髪の悩み
AGAの治療って保険適用になる?AGA治療のキホンと治療費が安いクリニックをまとめて紹介!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

男性ホルモンによって発症する、進行性の脱毛・薄毛症状であるAGA。本記事では、AGA治療には健康保険が適用できるのかについて解説しています。また、AGAの治療法やAGA治療を安く受けられるおすすめクリニック、AGA治療における疑問点も紹介しています。

 男性ホルモンによって発症・進行するAGA。昨今では、AGAの治療を希望する人が増えるに伴って、AGAの治療を受けられるクリニックが増加しています。クリニックに応じて、AGAの治療にかかる費用は異なるため、通い続けやすい料金設定のクリニックを選びたいですよね。
 しかしながら、そもそも、AGA治療は保険適用になるのか気になる人もいるでしょう。

 そこで本記事では、AGAの治療における選択肢や保険適用の可否を解説。
 また、AGAの治療費が安いクリニックと、それぞれのおすすめポイントや特徴を紹介しています。AGAの治療を希望する方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

AGAとは?

 「AndrogeneticAlopecia」の略語であるAGAは、男性ホルモンに起因する脱毛症という意味を持ちます。思春期を超えた成人男性であれば、誰でも発症するおそれがあります。
 AGA発症によって、生え際や頭頂部の毛髪が次第に薄くなっていき、数年間放置してしまうと自力で髪の毛を生えさせることが困難になるのです。そのため、AGAが一度発症したら、放置せずに何らかの対処を取ることが重要と言われています。

 また、AGAの発症原因として考えられているのが、毛髪に含まれているDHTという成分です。この成分は、ジヒドロテストステロンの略語で、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが合体して生成されます。
 DHTが毛髪の成長サイクルを阻害すると、髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛といった症状につながります。
 なお、DHTは遺伝によって保有量が変動するため、AGAの家族がいる人は発症リスクが高いと言われています。

AGA治療とは?

 AGAは自然治癒を期待できない症状であるため、抜け毛・薄毛症状を少しでも食い止めるためには、第一に専門のクリニックで、適切な指導のもと、AGA治療を受ける事が必要です。
治療では、薬の服用のほか、植毛や薬剤の注入といった方法が用いられます。ここでは、AGA治療方法について確認していきましょう。

内服薬による治療

 AGAの治療では、髪の毛が抜けることを防ぐ内服薬と、発毛効果を促進する内服薬の二つが処方される場合があります
 抜け毛の防止薬はフィナステリドなどの有効成分が含まれていることが多いです。
 発毛を促進する薬は、ミノキシジルという成分が入った薬が一般的ですが、動悸やめまい、心疾患といった副作用がリスクとして挙げられます。

 そのため、抜け毛防止の内服薬は多くのクリニックで処方されている一方で、発毛促進効果を持つ内服薬は処方していないクリニックも存在します。

外用薬による治療

 内服薬による治療のほか、治療では外用薬による治療も選択されます。
 外用薬による治療の場合、発毛を促進したい部分に外用薬の薬液を塗ることになります。
 外用薬は内服薬よりも効果は控えめですが、副作用のおそれが少なく、ドラッグストアでも手に入れられる点がメリットです。また、外用薬は国から認可を得ているため、安全性が保証されています。

 ドラッグストアで手に入る外用薬はクリニックで処方される薬よりも効果が劣るため、高い発毛効果を得たい場合には、外用薬をクリニックで処方してもらうのがおすすめです。

注入治療

 注入治療は注射器などの医療器具を用いて、発毛促進または薄毛抑制をしたい箇所に薬剤を注入する治療方法です。注入治療では、注射器やダーマローラー、スキンスタンプといった針のほか、針を使用しないノンニードル器具も使用されます。

 また、注入治療で使用される薬剤は、クリニックによって異なります。多くの場合、内服薬や外用薬での治療と平行して注入治療が取り入れられて、治療効果の高まりが期待されています。

HARG療法

 HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会が認定したクリニックしか行えない、毛髪再生治療です。この療法では、注入治療と同じように、針を使う施術やノンニードルでの施術によって、頭皮に薬剤を注入します。

 しかし、HARG療法で使用する薬剤はHARGカクテルというものに限定されています。この薬剤には、150種類以上もの有効成分が含まれていて、高い発毛促進効果が期待されています。

自毛植毛

 自毛植毛は、薄毛や抜け毛が進んでいる箇所に、自分の毛髪を移植する治療法です。自分の髪の毛を移植するため皮膚炎症などのおそれが少なく、薄毛になりにくい箇所の毛髪を移植することで長期間効果を持続できる点がメリットです。

 一方で、効果を実感するまでに長い期間と多額の費用がかかるため、ほかの治療方法で効果が出なかった場合に選ばれる最終手段でもあります。

 しかし、ヘアスタイルを自由に楽しめるようになったり、通院やメンテナンスの手間が少なくなったりといった魅力があります。

光・LED・レーザー照射治療

 光・LED・レーザー照射治療では、ダイオードレーザーやLEDを、薄毛や脱毛が進んでいる頭皮に照射します。

 この治療法では、乳毛頭細胞という細胞に刺激を与えることで、細胞の働きを活性化させます。乳毛頭細胞は、髪の毛の付け根にあって、髪の毛を作り出す毛母細胞へ栄養を届けたり、発毛・育毛の指令を出したりといった役割をもつ細胞です。自毛植毛や注入治療と比較して効果は控え目な一方で、副作用のリスクが少ない点がメリットです。

 AGA治療に保険は適用される?

 AGA治療を検討するうえでは、治療にかかる費用が心配ですよね。AGA治療に健康保険を適用できると、治療費が少なくなってうれしいものですが、AGA治療の保険適用は認められているのでしょうか。
 ここでは、AGA治療における健康保険の適用可否について、詳しく見ていきます。

AGA治療は保険適用にならない

 AGA治療は、健康保険が適用されず、自由診療という扱いになってしまいます。AGAでは薄毛や抜け毛といった症状が出ますが、こうした症状は健康を害したり死亡リスクを高めたりといった重篤なものではないからです。基本的に健康保険が適用されるのは、明らかに健康を害したり日常生活に悪影響を及ぼしたり、あるいは重篤な障害を残すリスクがある病気やけがだけです。

 例えば、風邪やインフルエンザといった感染症の場合、放置しておくと体調が悪化して日常生活を送るのが困難になってしまうため、健康保険が適用されます。
 また、交通事故やスポーツで骨折や捻挫(ねんざ)といった怪我をしたときも、治療を行わないと後遺症が残ったり状態が悪化したりといった危険性があります。このように、けがをした場合にも、健康保険が適用されます。

 一方で、AGAは発症によって健康状態が悪化したり、後遺症や死亡のリスクが高まったりといったことはありません。そのため、AGAの治療では健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担の自由診療扱いになるのです。

診察費や血液検査も保険適用外

 AGA治療では、頭皮や毛髪の状態を確認したり、体質についてヒアリングしたりするため、医師による診察が行われます。また、AGA治療では副作用のおそれがある薬を処方する場合がある関係で、血液検査が実施されることもあります。こうした診察費や血液検査の費用も、保険適用外で自由診療となる点に注意してください。

 しかし、クリニックによっては診察費や血液検査の費用を無料としているところもあります。AGA治療にかかる費用を抑えたいという人は、初診料や再診料、血液検査が無料となっているクリニックを探すのがおすすめです。

皮膚科でAGA治療を受けても保険適用外

 実は、AGA治療専門のクリニックでなくても、皮膚科などでAGA治療のための薬を処方してもらえることがあります。皮膚科で処方してもらえる薄毛抑制の薬としては、フィナステリドやデュタステリドが挙げられます。

 しかし、皮膚科でこうした薬を処方してもらう場合も、AGA専門クリニックと同様に保険適用外の自由診療となる点に注意が必要です。さらに、薬の処方にかかる費用は、AGA専門クリニックよりも高額になるケースが少なくないため、AGA専門クリニックに行くのがおすすめです。

AGA治療は医療費控除も受けられない

 AGA治療は、確定申告における医療費控除も受けられません。確定申告では、1年間に支払った医療費が一定の額を超える場合、医療費控除を受けられますが、AGA治療は自由診療のため医療費控除の対象外となります。そのため、診療費や血液検査の費用を含めて、AGA治療で支払うすべての費用は、健康保険も医療費控除も基本的に適用外となるのです。

 ただし、医療費控除の申請可否についてはさまざまな判断が存在しているため、AGA治療費が医療費控除の対象となるかどうかは、最終的に管轄税務署の判断によるとも言えます。したがって、AGA治療費の医療費控除申請を検討している人は、一度管轄の税務署に確認してみるのがおすすめです。

薄毛の原因がAGAではない場合は保険が適用される場合も

 AGAは病気ではありませんが、抜け毛や薄毛の原因に脂漏性脱毛症や円形脱毛症といった病気が考えられる場合があります。こうした病気が原因の薄毛症状・脱毛症状の場合は、健康保険が適用される可能性が高いです。したがって、薄毛症状や脱毛症状があるからと言ってAGAと決めつけず、まずは一度クリニックで診察してもらうのがよいでしょう。

AGA治療が保険適用されるのはいつ?

 健康保険の適用可否は、健康保険法によって示された判断基準に基づいて決まります。したがって、この健康保険法の内容や解釈が変えられない限り、AGA治療の保険適用化は実現しません。しかし、健康保険法の解釈変更や法改正を行う政府の動きはないため、AGA治療の保険適用化は当面の間は期待できないと言えます。

 ちなみに、2022年に行われた韓国大統領選では、薄毛治療を保険対象にすることを公約に掲げた候補者が現れました。しかし、財源のばらまきであるとして批判されて、落選してしまったのです。日本でも韓国でも、AGA治療が保険適用となる可能性は低いのではないでしょうか。

AGA治療の料金が安いクリニック5選

 AGA治療にかかるすべての費用は、健康保険の適用対象外となるため、全額自己負担です。
 その結果、AGA治療の費用がとても高額になってしまうケースもあります。そこで、ここからはAGA治療にかかる費用を安く抑えられるクリニックを見ていきます。
 クリニックの特徴、おすすめポイントを解説しますので、自分に合うクリニックを見つける気持ちで読んでみてください。

クリニック名特徴料金(月額)キャンペーン初診料・再診料診療形態保証診療時間
DMMオンラインクリニック
DMMオンラインクリニックロゴ
最短で診察当日に薬が受け取れる
▶公式サイト
・予防プラン:3,799円
・発毛ライトプラン:8,500円
・発毛ベーシックプラン:15,792円
・発毛集中プラン:26,462円
・発毛集中ストロングプラン:29,686円
※薬送料:550円
まとめ割 定期配送割
DMMポイント
無料オンライン8:00~22:00
AGAオンラインクリニック
AGAオンラインクリニックロゴ
男性スタッフのみ在籍、診察に顔出しの必要なし
▶公式サイト
・予防プラン:4,000円~
・AGA初期プラン:6,000円~
・発毛プラン:9,000円~
・発毛プランW:13,000円~
・積極発毛プラン:15,000円~
・積極発毛プランW:19,000円~
初月無料無料オンライン全額返金保証(条件あり)オンラインで24時間相談可能
AGAスマクリ
AGAスマクリロゴ
シンプルな処方と手厚いサポートが魅力
▶公式サイト
4,980円初月無料無料オンライン9:00~22:00
イースト駅前クリニック
east駅前クリニックロゴ
全国に28院、通院とオンラインの併用に便利
▶公式サイト
・プロペシアジェネリック 28錠:3,800円~
・プロペシア 28錠:8,200円~
・ザガーロジェネリック 30錠:7,000円~
・ザガーロ 30錠:10,500円~
・ミノキシジル 60mg:5,500円~
無料通院、オンライン通院:院によって異なる
オンライン:
平日 10:00~22:00
土日祝 10:00~17:30
Hair’s
Hair’sロゴ
送料無料でプライバシーに配慮した配送
▶公式サイト
・抜け毛予防プラン:4,000円~
・発毛プラン:9,800円~
無料通院、オンライン通院:
平日
9:30~13:30
15:00~20:00
土日祝
9:00~12:30
14:00~17:30
オンライン:9:00~21:00

DMMオンラインクリニック

AGA治療が1日あたり108円から、業界最低水準のクリニック

 DMMオンラインクリニックは、1日あたり108円という低価格の利用料金のAGA治療クリニックです。オンライン専門クリニックのため、インターネット環境とスマホ・PCがあれば、好きな場所とタイミングで診察を受けられます。

 また、24時間予約可能で当日診療もできるため、忙しい毎日を送っている人にも便利です。最短で診察当日に薬を受け取れるスピーディーな対応も、DMMオンラインクリニックの魅力のひとつです。

おすすめポイント

  • 1日あたり108円からAGA治療が可能
  • 最短で診察当日に薬を受け取れる
  • 初診からオンラインで診察可能
  • 24時間診察予約できる
  • 当日診療も可能

基本情報

料金(月額)・予防プラン:3,799円
・発毛ライトプラン:8,500円
・発毛ベーシックプラン:15,792円
・発毛集中プラン:26,462円
・発毛集中ストロングプラン:29,686円
※薬送料:550円
キャンペーンまとめ割
定期配送割
DMMポイント
初診料・再診料無料
診療形態オンライン
保証
診療時間8:00~22:00

AGAオンラインクリニック

全額返金保証制度ありで初心者も安心のクリニック

 AGAオンラインクリニックは、全額返金保証制度があるため、初心者も安心のクリニックです。初診は薬代、診察料などがすべて0円で気軽にAGA治療を始められます。

 また、カウンセリング料金はずっと無料で、24時間365日いつでも相談できる点もメリットです。男性スタッフのみ在籍しているため、スタッフの性別が気になる人にもおすすめです。

おすすめポイント

  • スマホ1台ですべての診察が完結する
  • 24時間365日、いつでも相談無料
  • カウンセリング料金はずっと無料
  • 男性スタッフのみ在籍のクリニック
  • 初月は無料で薬を提供
  • 全額返金保証制度あり

基本情報

料金(月額)・予防プラン:4,000円~
・AGA初期プラン:6,000円~
・発毛プラン:9,000円~
・発毛プランW:13,000円~
・積極発毛プラン:15,000円~
・積極発毛プランW:19,000円~
キャンペーン初月無料
初診料・再診料無料
診療形態オンライン
保証全額返金保証(条件あり)
診療時間オンラインで24時間相談可能

AGAスマクリ

シンプルな処方と手厚いサポートが魅力のクリニック

 AGAスマクリは、2種類の処方薬を取り揃える、シンプルな制度のオンライン専門クリニックです。初回は診療代や薬代、送料がすべて無料で、安くAGA治療を始められます。

 また、医師が81名在籍していて、何回でも医師による再診を受けられるという手厚いサポートも魅力のひとつです。不安なことがあっても、24時間受付で相談できるため、副作用が心配な人にもおすすめのクリニックです。

おすすめポイント

  • 処方薬はシンプルな2種類
  • 初回は診療代、送料、薬代0円
  • 24時間いつでも受付可能
  • 何回でも医師による再診無料
  • 在籍医師は81名

基本情報

料金(月額)4,980円
キャンペーン初月無料
初診料・再診料無料
診療形態オンライン
保証
診療時間9:00~22:00

イースト駅前クリニック

全国28ものネットワーク。すべてのクリニックが主要駅から徒歩5分!

 イースト駅前クリニックは、全国に28ものクリニックを構えている、オンラインと通院型併用可能なクリニックです。

 すべてのクリニックが主要駅から徒歩5分の好アクセスのため、通院して治療をしたい人にも便利です。

 また、診療代は0円、オンライン診療は15分という短時間で終わる点も魅力のひとつ。AGA検査キットの取り扱いもあるため、AGAの診断をしてみたい人は活用してみることをおすすめします。

おすすめポイント

  • 全国28院のクリニックを構える
  • すべてのクリニックが主要駅から徒歩5分
  • 国内正規品のジェネリック薬が1錠あたり約136円から購入できる
  • 診療代は0円
  • 15分という短時間でオンライン診療が終わる
  • AGA検査キットも取り扱い

基本情報

料金(月額)・プロペシアジェネリック 28錠:3,800円~
・プロペシア 28錠:8,200円~
・ザガーロジェネリック 30錠:7,000円~
・ザガーロ 30錠:10,500円~
・ミノキシジル 60mg:5,500円~
・AGA検査キット:5,980円~
キャンペーン
初診料・再診料無料
診療形態通院、オンライン
保証
診療時間通院:院によって異なる
オンライン:
平日 10:00~22:00
土日祝 10:00~17:30

Hair's

薬代は1日あたり50円から、プライバシーへの配慮も安心なクリニック

 Hair’sは、スマホ1台ですべての治療が完結するオンライン専門クリニックです。

 医師による診察が無料で、薬代は1日50円からというリーズナブルな料金設定。薬の定期配送は送料無料で行われる点も、おすすめポイントです。

 また、プライバシーに配慮した包装をしてもらえるため、周囲にAGA治療中だということを、知られたくない人にも最適なクリニックです。

おすすめポイント

  • 医師による診察が無料
  • 薬代が1日あたり50円から
  • プライバシーに配慮した包装
  • スマホ1台で完結するオンライン専門クリニック
  • 送料無料で薬を定期配送

基本情報

料金(月額)・抜け毛予防プラン:4,000円~
・発毛プラン:9,800円~
キャンペーン
初診料・再診料無料
診療形態通院(クリニックプラス下北沢)、オンライン
保証
診療時間通院:
平日 9:30~13:30/15:00~20:00
土日祝 9:00~12:30/14:00~17:30
オンライン:9:00~21:00

AGA治療についてのよくある疑問を解決!

 AGA治療を検討するうえでは、治療後に後悔することがないか気になりますよね。また、AGA治療への効果のほどが気になる、心配になる人もいるかもしれません。
 そこで、AGA治療に関する疑問に対して、一般的な答えを解説していきます。

AGA治療をして後悔することはある?

治療費用が高すぎた

 AGA治療をした後に、思っていたよりも治療費用が高額になったと後悔する声が存在します。AGA治療は自由診療のため、治療にかかってくる費用は、クリニックによって大きく異なります。人件費や広告費、テナント費が多くかかっているクリニックは、AGA治療費が高くなりやすい傾向にあるようです。

 通院するクリニックを選ぶ際は、治療総額が自分の負担になりすぎないクリニックや、治療総額が明確に示されているクリニックでの治療をおすすめす。

 もちろん、治療方法によって治療費用は変動するため、薬の処方だけの治療では安く抑えられますし、自毛植毛では高額になります。同じ治療方法で、複数のクリニックを比較するようにしましょう。

副作用が出て治療を中止した

 AGA治療で用いられる薬には、頭痛やめまい、動悸といった副作用のリスクがあります。一般的には、こうした薬で副作用が出る可能性は0.1~0.2%程度と言われているため、そこまで副作用の危険性は高くはありません。

 しかし、体質によっては副作用が出る場合もあるため、治療前の血液検査や問診で副作用のリスクを見極めることが重要です。そのため、クリニックを選ぶ際には、副作用のリスク判定をしっかり行ってくれるところがおすすめです。

定期的に通院するのが面倒くさい

 薬によるAGA治療の場合、1カ月に1回のペースで1年間ほど通院を続ける必要があります。途中で薬を切らしてしまうと、治療の効果を期待できないおそれがあります。そのため、仕事帰りに立ち寄りやすいクリニックを選んだり、オンラインで気軽に続けられるクリニックを利用したりするのがよいでしょう。

AGA治療をやめるとどうなる?

 自毛植毛手術以外の治療方法では、AGAは完治することが極めて難しい症状です。一度AGA治療を中断すると、薄毛や脱毛の症状が再び進行してしまいます。目安としては、AGA治療を止めてから半年から1年程度で、治療前の状態に戻ると言われています。したがって、薄毛や脱毛の症状を軽減したいうちは、半永久的にAGA治療を続ける必要があるのです。

効果がないような気がするけどなぜ?

 AGA治療を始めても、数カ月や半年の間は効果を実感できないことが多いものです。

 AGA治療を始めたら、半年以上は根気強く薬の服用を継続する気持ちが重要といえます。また、AGAの進行速度が早かったり、進行度合いが高かったりすると、処方された薬では十分な効果を期待できない場合もあります。薬を服用しても、むしろ症状が悪化した気がする、または効果がまったくないといった場合は、一度担当医に相談してみるのがおすすめです。

まとめ

 AGAは男性ホルモンや遺伝によって、症状が進んでしまう脱毛・薄毛症状です。成人男性であれば、誰しもAGAが進行するリスクがあります。また、AGAは放置すると加速度的に薄毛・脱毛症状が進んでしまうため、早いうちから治療を行うことが重要です。

 しかし、AGAの症状を食い止め続けるためにはずっと治療を継続する必要があり、費用面が心配な人は多いものです。

 自由診療となるAGA治療では、クリニックによって治療総額がかなり異なるのが実情。そのため、自分が治療費用を支払い続けられるクリニックを選ぶことが重要です。

 また、AGA治療では定期的な通院が必要なため、仕事帰りに立ち寄りやすいクリニックやオンラインで完結するクリニックを選ぶこともおすすめです。

 本記事では治療費用を安く抑えられて、通院を継続しやすいクリニックを紹介してきました。AGA治療を検討している人、AGAの症状に悩んでいる人は、本記事で紹介したクリニックの無料相談や無料カウンセリングを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事