米軍施設から「モデル都市」へと大変身! 大規模団地「光が丘」の苦難と現在

東京都の大規模団地のひとつとして知られる練馬区「光が丘」。そんな同エリアが完成するまでの知られざる困難について、フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


光が丘の開発が難行した理由

 大江戸線の利用者にとって光が丘は聞き慣れた地名であり、練馬区北部に位置する大規模団地を中心とした住宅地です。

練馬区「光が丘」(画像:(C)Google)

 もともとは武蔵野の山林だったこの地域は、太平洋戦争中に陸軍が成増飛行場を設置。戦後、米軍の家族住宅であるグラントハイツが作られた後に米軍から返還され、団地と公園が造成されたことはよく知られています。

 しかし返還後、その開発の実現にあたって、極めて困難な出来事があったことはあまり知られていません。今では東京都の大規模団地のひとつとしてよく知られている光が丘の開発が難行した理由――それは、あまりに土地が広かったことにありました。

 もともと、武蔵野の山林地帯だった現在の光が丘。戦前には、都心を囲む環状緑地帯の一部として整備することが予定されていました。ところが太平洋戦争の発生により予定は変更、半ば強制的な買収によって成増飛行場が建設されます。

 戦後、成増飛行場は廃止されますが、これを接収した連合軍はアメリカ空軍の家族宿舎を建設し整備を進めます。1960年代になると、東京都などによる返還の要請が実施され、1973(昭和48)年には全面返還が実現します。

 この全面返還を前に、東京都などでは跡地の利用計画を策定し、大規模な都市型公園と団地の建設を決定します。これを受けて返還に先立ち、1972年には

・東京都
・練馬区
・板橋区
・日本住宅公団(現在のUR都市機構)
・東京都住宅供給公社

による「グラントハイツ跡地開発計画会議」発足し、都市計画が進められます。

明るい未来が待っていたはずが……


【画像】終戦間もない「光が丘」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_hikari_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画