都心のペットが行方不明になったとき「大声で名前を呼ぶ」が絶対NGなワケ

新型コロナ禍で増えた在宅時間、都心でもペットを飼育する家庭が増えています。でも、もしも、大切なペットが行方不明になってしまったら――? 「ペット探偵」として知られる藤原博史さんの著書『210日ぶりに帰ってきた奇跡のネコ』『ペット探偵は見た!』を参考に、フリーライターの夏野久万さんが役立つ情報を紹介します。


コロナ禍背景、在宅で増えるペット

 都心の騒がしさにクタクタになっても、ペットのつぶらな瞳を見ているだけで癒やされる。ペットと暮らしたことのある人なら経験があるのではないでしょうか。

コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、東京でもペットを飼育する人が増加している(画像:写真AC)

 東京都が数年おきに実施している「東京都における犬及び猫の飼育実態調査」(2017年)によると、犬を飼育している世帯は回答者全体の18.0%、猫は11.5%。

 新型コロナ禍での在宅時間の増加によってペット需要が伸びたと言われているため、2021年現在の飼育世帯の割合はさらに多くなっていると考えられます。

 また興味深いのは、猫の入手方法について「拾った」との回答が最も多く36.2%、「いつの間にか居ついた」(9.3%)と合わせると45.5%にも上り、もともと外猫だった子を飼い始めたというケースが半数近くを占めているという点です。

 屋外の自由さを知っている猫が、ふとしたすきに玄関ドアやベランダの窓から外へ飛び出してしまうこともあるでしょう。また犬の場合も、毎日の散歩の途中で不意にリードが外れて行方不明になってしまうこともあるかもしれません。

 大切なペットとずっと一緒にいるために「もしもペットがいなくなったら」について考えていきたいと思います。

もしもペットがいなくなったら


【必読】備えておくべき災害時の「ペット避難」対策

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_pet_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画