池袋「本町」なのに池袋駅からずいぶん離れている理由

豊島区池袋本町は、繁華街である池袋駅周辺から遠く離れた場所にあります。本町なのになぜ? ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「北」池袋はどこにいったのか

 東京都でも有数の繁華街である豊島区池袋。この街の住所を見ると、少し不思議なことに気がつきます。

・池袋1~4丁目
・東池袋1~5丁目
・西池袋1~5丁目
・南池袋1~4丁目
・上池袋1~4丁目
・池袋本町1~4丁目

 東・西・南・上はあるにもかかわらず、なぜか「北」がないのです。上池袋の「上」は北を意味していますが、それにしても、町名の池袋を囲むように東西南の池袋があるのに、真上は池袋本町。なお池袋本町1丁目には、東武東上線の北池袋駅があります。北池袋駅は直線距離で、池袋駅から1300m以上も離れています。

赤枠のなかがる豊島区池袋本町。池袋駅から遠く離れている(画像:(C)Google)

 不思議な点は、次のふたつです。

・本来「都市の中心の町」を意味する「本町」が池袋の繁華街から外れたところにあること
・池袋本町の場所が北池袋という町名になっていないこと

 きっとそこに知られざる歴史があるに違いません。早速、この謎を探ってみることにしました。

 まず、池袋本町が生まれるまでの経緯をまとめておきます。

・1889(明治22)年:市制町村制により巣鴨村の大部分、池袋村、新田堀之内村、堀之内村飛地などが合併し巣鴨町・池袋村・巣鴨村誕生。現在の池袋本町は池袋村に(所属は北豊島郡)。
・1918(大正7)年:町制施行し西巣鴨町となる(現在の駒込、巣鴨、南北大塚などからなる巣鴨町が既にあったため「西」がつく)。
・1932(昭和7)年:巣鴨町・西巣鴨町・高田町・長崎町が東京市に編入され豊島区を設立。池袋1~8丁目設立。現在の池袋本町は1~7丁目のそれぞれ一部に属する。
・1969(昭和44)年:4月1日より住居表示を実施し、池袋本町1~4丁目が誕生。

 現在の池袋本町は豊島区成立から住居表示実施まで、池袋1~7丁目のそれぞれ一部だったのです。

 1960年代から始まった住居表示の実施で、(旧)池袋1~7丁目の解体、周辺町域との合併で新たに現在の町名が誕生。となると、やはり北池袋ではなく池袋本町になった理由が気になります。

旧町域の一部が分割された理由


【地図】池袋駅から池袋本町までの距離

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_05-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_06-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_07-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_08-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_09-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_10-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_11-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_02-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_03-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ike_04-1-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画