江東区vs杉並区――世界有数の清潔都市「東京」を生み出した昭和「東京ゴミ戦争」をご存じか

極めて衛生的な都市として世界に知られる東京。そんなイメージが出来上がる裏には、数多くの苦労がありました。今回振り返るのは昭和の「東京ゴミ戦争」です。フリーライターの出島造さんが解説します。


東京が清潔な街になった理由

 東京は世界でも極めて清潔な都市です。ヨーロッパではゴミのポイ捨てがよく見られますが、東京はあまり見られません。なぜなら、戦後、街を清潔にすることで伝染病の流行を減らしていったという背景があるからです。

 ゴミ処理は現在でも、全国の行政が抱える重大な問題です。東京都ではかつて、この問題が深刻化したことがあります。それがよく知られる「東京ゴミ戦争」です。

 江戸時代から、東京のゴミは一貫して東京湾の埋め立て地に運ばれ、最終処分されていました。明治以降、特に戦後になるとゴミは大量になり、廃棄物の種類も増えたため、その処理方法も変わっていきます。

 東京初の清掃工場は現在の品川区大崎にできた大崎塵芥焼却場で、1924(大正13)年のことです。その後の1929(昭和4)年には、現在の江東区に深川塵芥処理工場が完成。ここは東京35区(当時)のうち、15区のゴミを処理する最大規模の焼却場となります。

 しかしこれらの焼却場はかまどを使ってゴミを燃やすだけの施設であり、大気汚染を拡大していました。清掃工場も戦後になると進歩しますが、人口増にともない、都内のゴミの量も増加します。

 東京都では

・夢の島(14号埋め立て地)
・新夢の島(15号埋め立て地)

を最終処分場としますが、残念ながら最終処分とは名ばかりで、回収したゴミはそのまま運び込まれ、埋められていました。

江東区夢の島(画像:国土地理院)

 1961年当時、東京都のゴミのうち85%が直接埋め立てられていました。その結果、夢の島のあちこちでガスが自然発火し、ネズミやハエが飛び回るとんでもないこととなりました。

 1965年夏にはハエが異常発生し、大群となって江東区南西部を襲うという事件もぼっ発。殺虫剤の散布では駆除が追いつかず、警察・消防・自衛隊も出動、発生地点となっていたゴミの断崖部分を焼き払う「夢の島焦土作戦」を実施し、ようやく事態は沈静化しました。

迫り来るごみの危機


【事前にチェック!】東京都「埋立処分場」の変遷

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210729_trash_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画