GW 外出派「回数増やす」 自宅派「ゆっくりしたい」、あなたはどっち?

2019年4月28日

ライフ
ULM編集部

ついにスタートした、最大10連休にもなる大型GW。小学生以下の子どもを持つ保護者へのアンケートによると、遠くへ行くよりも、外出の「回数」を増やす人が多いようです。


過ごし方1位は「国内旅行」、自宅派は「日頃の疲れやたまった家事をリセット」

「昨年と今年のGWの過ごし方」の質問への回答は、いずれも1位が「国内旅行(日帰り、宿泊問わず)」(去年:50%、今年:44%)でした。「海外旅行」は少数派で、去年、今年共に2%。「自宅で過ごす」と回答した人も約2割に上りました(去年:29%、今年:19%)。

過ごし方でいちばん多かった回答は「国内旅行」(画像:写真AC)

 国内旅行と海外旅行に行く予定だと回答した人に、「GWが最大10連休になることで旅行の仕方などに何か変化があるか(複数回答可)」を聞いたところ、圧倒的に回答が多かったのが「おでかけの回数が増える」の声で70%。一方、「おでかけ先がより遠い場所になる」と回答したのは、29%でした。

 遠方へ出向いたり、長い期間旅行したりというより、いろいろな場所に日程を分けて行くという人の方が多い様子が見てとれます。

 一方、GWを自宅で過ごすという人に、「GWに自宅でやりたいこと(複数回答可)」を聞いたところ、「ゆっくりしたい」が最も多く68%。「家の修理や大掃除、片付けなど日頃できない家事をしたい」も多く、54%でした。

 これに対し、アクトインディは「自宅派は、長い休みがあるからといって新しく何かを始めたりするのではなく、疲れやたまった家事をリセットすることに休みを使いたいということのよう」と分析しています。

 また、アンケートの総括として「休みが長ければ旅行した後、自宅でゆっくりもできる、実家に帰る途中で他県に寄ってプチ旅行も付け加えられるというように、ひとつに限定しないでいろいろできることも、今年のGWのメリットとしてあげられている」としています。

 GWはまだまだ前半戦。連休明け、健やかに5月を乗り切るためにも、外出するとしても、自宅で過ごすとしても、無理なく、リフレッシュを心がけたいものです。


【画像】10連休の「お出かけ予算」はどのくらい?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190427_de_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190427_de_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190427_de_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190427_de_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190427_de_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画