訪日客でにぎわう渋谷 魅力のウラには「川」と「谷」の存在があった

大規模工事が続く、渋谷駅。この工事と密接に関わるのが、渋谷の「川」と「谷」です。渋谷の知られざる成り立ちについて、東京の地形や地理に詳しい、ライターの内田宗治さんが解説します。


地下鉄がJR線より上を走る、ふたつの理由

 川の流れというのは、大雨が降れば激しい濁流となり、浸食作用で谷を深くしていきます。坂の多い谷の町渋谷の地形はこうしてできました。

JRよりも上にある地下鉄銀座線渋谷駅のホーム(2019年3月17日、内田宗治撮影)

 山手線渋谷駅ホームが高架上にあるのに対し、地下鉄銀座線ホームがさらにその上にあるのも、この深い谷のためです。青山方面の台地の比較的浅い地下を走っていた銀座線は、突然渋谷の谷に出くわして、谷の斜面から飛び出るようにして地上に顔を出してしまうのです。

 ちなみに御茶ノ水駅や四ツ谷駅でも地下鉄が地上に顔を出しますが、これらは渋谷のように自然の谷ではなく、江戸時代に徳川幕府が江戸城の外濠として掘った窪地に地下鉄が出くわすためです。徳川家康が計画して掘らせた濠のせいで、地下鉄が地上に出てしまうというわけです。

 渋谷川の谷は南北に続いているので、同じく南北に走る山手線に乗っていても谷をあまり実感しません。

 一方、山手線に直角に交わる線路は、渋谷が谷にあるのを如実に感じさせてくれます。井の頭線も谷から出るのにトンネルが必要でした。神泉駅がトンネルの中にあるのはそのためです。2013年に地下化する前の東急東横線も代官山駅に行くのにトンネルを通っていました。

 渋谷駅の再開発は、谷の地形をうまく活かすことも考慮されています。2018年開業した高層ビルの複合施設、渋谷ストリーム(渋谷区渋谷)の地点で渋谷川が地上に顔を出し始めます。河岸には東横線の線路跡地を利用した遊歩道、渋谷リバーストリートが完成しました。

 再開発の完成は2027年ですが、東側の谷上、宮益坂上付近から山手線渋谷駅ホームをまたいで西側の谷上の道玄坂上まで、スカイデッキが通じます。谷を完全に横断する幅の広い橋が渡される形で、両方の坂上を含めた谷全体がバリアフリーで結ばれます。

 JR埼京線のホームが2020年予定で山手線ホームに隣接して便利になるなど、順を追って様々な施設が完成していくので、楽しみに見ていきたいものです。


【写真】スマホの壁紙にすると幸運が!? 人気パワスポ「清正井」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_06-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190424_shibuya_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画