ハヤシライスの「ハヤシ」って何? 巷に広まる「人名説」を一蹴する

皆さんの生活に身近な洋食。なかでも人気なのがハヤシライスです。そんなハヤシライスの「ハヤシ」とは何でしょうか。食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


ハヤシライスは東京が発祥?

 ハヤシライスの最古の記録は、浅草生まれ浅草育ちの作家・久保田万太郎が中学生の頃(1904~1906年)に食べたという証言です。ひょっとすると、ハヤシライスは浅草発祥なのかもしれません。

 久保田万太郎は、ハヤシライスは「Hashed beef あるひは、Hashed-rice である」と回想しています(「町々……人々……」)。

 なぜ中学生がハヤシライスの英語表記名を知っていたのかというと、戦前の洋食店の多くは、メニューに英語名あるいはフランス語名を併記していたからです。

 画像は、大正時代の大阪の「南海食堂」とカフェー「キャバレー・ヅ・バノン」のメニュー。

大正時代のメニュー。南海食堂(左)とキャバレー・ヅ・バノン(画像:近代食文化研究会)




 ちなみに大阪や名古屋では、Hashを「ハイシ」とよぶことがあります。

戦前は「ハヤシ = Hash」が常識だった

 このように、戦前はメニューに英語名が併記されていたため、ハヤシは英語のHashがなまった言葉である、ということは常識的なことでした。

 ところが戦後、メニューに英語を併記する習慣が衰退。また、ハヤシ・ビーフもメニューから消えてしまったため、人々はハヤシという名の由来を忘れてしまいました。

 そのため、早矢仕有的がHashから命名したという説が、いつのまにか「早矢仕有的が自分の名前をつけた」という説にすり替わってしまったのです。

 もうひとつ、人々がハヤシがHashに由来することを忘れてしまった原因があります。

 Hashed Beefはイギリスの伝統的料理ですが、現在のイギリスではその伝統が失われ、Hashというと「コンビーフとポテトの炒めもの」を意味するようになってしまったのです。これでは、ハヤシライスがHashed Beefに由来する、といっても誰も信じてくれません。

1861年発行『The Book of Household Management(家政読本)』のHashed Beefレシピ(画像:近代食文化研究会)

 そこで、明治維新の年に200万部を売ったという19世紀を代表するイギリスのレシピ本、ビートン夫人の『家政読本』から、160年前のHashed Beefを再現してみました。

160年前のイギリス伝統料理Hashed Beefを再現


好きな洋食ランキングNo.1が決定! 2位は「ハンバーグ」「ステーキ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211225_hayashi_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画