知ってた? 羽田空港から直行できる国内線の「意外な観光地」とは?

東京大田区にある羽田空港。実は日本の意外な場所に行くことができるのをご存じでしょうか。ジャーナリストのシカマアキさんが解説します。


新ターミナル開業で注目の宮古(下地島)路線

 一方、羽田から直行で行ける沖縄県の空港は、

・沖縄(那覇)
・宮古
・宮古(下地島)
・石垣

の4か所。このうち、宮古(下地島)空港は、宮古島から伊良部大橋を渡った先の下地島にある空港です。

下地島空港で有名な撮影スポット「17エンド」(画像:シカマアキ)




 空港は1979(昭和54)年7月開港。航空会社のパイロットが主に訓練する飛行場として知られ、定期便も当時運航されていたものの、1994(平成6)年7月に運休。その後、2019年3月に新たな空港ターミナルが開業し、定期便としてジェットスターの成田線が新規就航しました。そして現在、スカイマークが羽田からの直行便を運航しています。羽田からの飛行時間は約3時間30分です。

 宮古諸島は、手つかずの自然が多く残り、海が美しい場所。沖縄本島や石垣島よりも都会化されておらず、南国特有ののんびりとした雰囲気も人気です。空港ターミナルも新しくなり、地元食材が味わえるカフェや、まるで高級リゾートホテルのような待合スペースなどがあり、空港を離れる直前まで宮古旅行の楽しみが続きます。

 さらに、滑走路の延長上にある「17エンド」は、美しい海と着陸する飛行機が撮影できる絶景スポットとして人気。羽田や成田から一気に人気の南国リゾートへ直行できる、メリットの大きい路線です。

八丈島は羽田から直行便

 東京都民でも足を運ぶ機会が少ない場所のひとつ、八丈島。その八丈島空港へも羽田から直行便が定期運航しています。

八丈島空港は東京から約290km離れている(画像:Google)

 八丈島は、東京から南に約290kmの場所に位置する、伊豆諸島南部で最も人口が多い島。南国の自然あふれる亜熱帯リゾートで、海水浴や温泉、地元の焼酎なども人気。大型客船だと最短でも10時間20分かかるところ、飛行機だと羽田からたった55分で到着します。ANAが「羽田 = 八丈島」の路線を1日2便運航しています(運航日に気を付けてください)。

 また、東京から南に約120kmの洋上に浮かぶ伊豆諸島最大の島にある大島空港へも、東京から飛行機で行けます。名称は東京大島かめりあ空港です。ただ気を付けたいのは、羽田発着ではなく、調布飛行場から新中央航空(茨城県龍ケ崎市)が運航していること。飛行時間は約25分。

 ほかにも「調布 = 新島」「調布 = 神津島」「調布 = 三宅島」の定期路線があります。いずれも運航会社は、同じ新中央航空。羽田発着の飛行機よりもさらに小さい「ドルニエ228-212 NG」(乗員2名、乗客19名)で、自然あふれる島々での観光に加え、小型プロペラ機ならではの空の旅も併せて楽しめるのが魅力です。

名古屋へ飛行機で?


【画像】今と全然違う? 60年前の「羽田空港」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_travel_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画