ドーナツだけじゃない! 寒くなったら食べたいミスドの「飲茶」4選

都内で84店舗を展開するドーナツチェーン「ミスタードーナツ」。同チェーンの魅力は看板メニューのドーナツだけではありません。飲茶も人気です。


1.四川坦々麺

「四川坦々(たんたん)麺」はミスター飲茶のなかで、唯一の辛い料理です。

「四川坦々麺」(画像:ダスキン)




 これは、陳建一氏がオーナーを務める「赤坂四川飯店」(千代田区平河町)で人気のメニューを再現したもので、2020年から販売しています。

 もともと2021年3月末までの販売予定でしたが、『THE四川スペシャル』と名付けられた2021年秋冬新作メニューとともに継続販売されることに。そのため、「これからレギュラーメニューになるのでは」とファンの間では期待されています。

 甘いドーナツとは対照的な、ピリ辛味が食欲をそそる「四川坦々麺」。坦々麺のポイントとなるスープには練りゴマを使用し、ネギ油で香りづけをしています。そのため、食欲をそそる香ばしい香りが漂ってきます。

 具材は豚ひき肉を甜麺醤(テンメンジャン)と醤油で炒め、仕上げにラー油を入れています。濃厚な味付けがたまりません。

 しっかりとした味ですが、麺は細麺で食べやすく、女性でもペロリと食べられてしまう量です。
こちらの料金は583円。お手頃価格で本格的な四川坦々麺が食べられるとあって、大人気のメニューです。

2.香る海老ぷりワンタン麺

 メニュー名からして食欲をそそる「香る海老ぷりワンタン麺」。

「香る海老ぷりワンタン麺」(画像:ダスキン)

 香る海老ぷりワンタン麺はその名の通り、ぷりぷりのえびワンタンに、えびの風味豊かな香味油がかけられていて、えび好きにはたまらないメニューです。

 あっさりスープはえびの風味を引き立て、スルスルと完食することができます。後を引かないさっぱりとした味付けのため、デザートにドーナツがピッタリ。

 こちらは料金は495円と、ワンコインで食べられるのもうれしいポイントです。

3.やわらかとり肉そば


【画像】ミスタードーナツの「1号店」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211013_misudo_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画