東京大田区の住宅地に眠る、今はなき「戦国城跡」 痕跡探しの手掛かりとなる“必要4条件”とは

東京23区にある城跡といえば、誰もが思い浮かべるのが「江戸城」。しかしそれ以外はほとんど知られていません。遺構の残っていない城跡を探す方法について、歴史ライターの永嶋信晴さんが解説します。


戦国の城跡を見極めるポイントは

 初めに述べておきますが、馬込城跡へは、最初から目的を持って訪れたわけではありません。馬込文士村を巡る文学散歩の途中に、戦国の城として最適な場所を見つけ、後になってから城跡だったと気づいたのです。

 その場所とは、大田区南馬込にある萬福寺(まんぷくじ)。

 境内には、大田区の文化財に指定された仏像や板碑、馬具などを紹介する解説板が並び、地元屈指の古刹の雰囲気が漂っていました。

古刹の雰囲気が漂う萬福寺境内(画像:永嶋信晴)

 この寺を開基した人は、鎌倉幕府の設立に大きな力を果たした梶原景時(かじわら かげとき)です。和歌をたしなみ、「武家百人一首」にも選出されるほど、当時の東国武士には珍しく教養があった人だと言われています。

 境内の片隅には、景時の墓がひっそりと立っておりました。

 ただ、墓石にある「梶原三河守景時同助五郎景末」は後北条家の家臣と推測され、景時の子孫の可能性もあるそうです。

 本堂にお参りし、境内を巡るうちに、『ゲゲゲの鬼太郎』の妖怪アンテナならぬ“戦国の城アンテナ”が反応しているのに気づきました。

 ちなみに、私の城跡アンテナが反応するのは、主に次の条件に触れたときです。

見晴らし、高台、崖、近くに川……


【画像】「城跡探し」で歩いた場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211010_catsle_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画