震度5強の夜、都心から“自転車”が一斉に消えたワケ SNSで「帰宅困難者 対策だ」と話題に

2021年10月9日

ライフ
ULM編集部

2011年3月11日の東日本大震災以来、10年ぶりに東京23区で震度5強を観測した2021年10月7日夜の地震。その夜、東京都心からは一斉に「自転車」が姿を消していました。いったいなぜなのでしょうか。


有事にはインフラにもなる?

 この投稿を見たフォロワーたちからは、

「そうかその手があった!」
「なるほど、帰宅困難者対策でもあるんだ」
「すごい。鉄道が止まった時の代替交通」
「こういう時のインフラにもなるんだなー」
「大手町あたりから自転車で帰った人が多かったんでしょうね」
「登録だけでもしとくか」

と、シェアサイクルの有用性をあらためて感じるリプライ(返信)がいくつも寄せられました。

ドコモ・バイクシェアのシェアサイクル(画像:写真AC)

 また、なかには

「こういうので人の動き見えるの面白い。状況自体は笑えないけど」
「都心部のベッドタウンがよく分かる」

と、可視化された都内の人流に興味を抱く人も。

 画像を投稿したsattobiさんによると、自身も日常的にシェアサイクルを利用しているユーザーのひとり。都心在住ということも相まって

「移動の7~8割はシェアサイクルを使っているかもしれません」

と話します。

 今回、発災の直後にシェアサイクルのアプリを起動した理由は「地震の後片付けをした後、24時間営業のドラッグストアへ買い物に出かけようと」したため。

 都心のポートが軒並み「0台」と表示されたことに驚き、思わずツイッターに投稿したと言います。

延長料金を無料にする措置も


【画像】都心から消えた「自転車」(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画