一目でわかったらドラマ通? 『相棒』ファンなら当然知ってる都内「屋外ロケ地」5選

第1話放送まであと1週間に迫ったテレビドラマ『相棒』。そんな同作で使われた都内の屋外ロケ地について、五つ紹介します。


2.国会前庭(北庭)

 国会前庭(千代田区永田町)は『相棒』シリーズに何度も登場しており、ファンにとってはおなじみの場所といえます。その名のとおり、国会前庭は国会議事堂の前にある庭園です。日本庭園の南庭と洋式庭園の北庭から成り、このうち『相棒』でよく見かけるのは、北庭です。

千代田区永田町にある国会前庭(北庭)(画像:(C)Google)

 最近登場したのは、石丸幹二さん演じるIT長者に特命係が再び挑む回となった「season19」第19話「暗殺者への招待」。このIT長者と関わり転落死した男性の母親と、杉下右京・冠城亘(反町隆史)が話をするシーンで使われていました。

 そんな国会前庭ですが、見晴らしがよく気持ちのいい場所です。皇居や日比谷方面を眺めながら、息抜きするのもいいでしょう。また近くには三権分立のシンボルである時計塔や憲政記念館といったスポットもあるので、お出かけにもおすすめです。

●登場回
「season19」第19話「暗殺者への招待」

3.府中の森公園

 府中市のほぼ中央に位置する府中の森公園(府中市浅間町)。3500本もの樹木が植えられ、四季折々の景色を楽しめる癒やしスポットです。

府中市浅間町にある府中の森公園(画像:(C)Google)

『相棒』「season6」第13話「マリリンを探せ」で、ゲイバーのママ・ヒロコが初代相棒・亀山薫(寺脇康文)と一緒に犬を探しに来たのが、こちらの公園でした。

 さらにエピソードを挙げるなら、「season8」第3話「ミス・グリーンの秘密」。草笛光子さん演じる婦人と2代目相棒・神戸尊(及川光博)が向かい合うクライマックスシーンは、公園内にある日本庭園が舞台になっています。緑豊かな木々が印象的だったので、自然を好む人にはピッタリな場所です。

 さらに府中の森公園では、秋の紅葉も楽しめます。『相棒』のロケ地としてだけでなく、紅葉スポットとして訪れるのもいいかもしれませんね。

●登場回
「season6第13話「マリリンを探せ」、「season8第3話「ミス・グリーンの秘密」

4.光が丘公園


【画像】都内「屋外ロケ地」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211006_aibo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画