全てが「中止」となったコロナ禍、イベント業界は何を考えていたのか? ベテランプロデューサーが振り返る「1年9か月」

あらゆるイベントが軒並み「中止」となった2020年からの新型コロナ禍。イベント業界は、いったい何を感じ、何を考えていたのでしょうか。ベテランプロデューサーのテリー植田さんが、自身の体験を元にこの1年9か月を振り返ります。


見直されたポッドキャスト

 TikTokで小説紹介を行う けんご(@kengo_book)さんが、30年前の実験的SF小説『残像に口紅を』(筒井康隆・著)を紹介すると瞬く間に3万5000部の重版になったのは出版界にうれしい悲鳴をもたらしました。

 宿泊サービスのAirbnbが始めた動画体験サービスでは、奈良市でカフェWAKAKUSAを経営する中西弘之さんが主宰する折り紙体験が海外企業の社員向けチームビルディングに効果的だと評判です。

 この中西弘之さんは、Amazon primeが新たに始めたバーチャル旅行体験ができる動画サービス「アマゾン・エクスプローラー」でもツアーを提供し、奈良に興味のある海外在住の外国人に新しい旅行体験の提供に成功しています。

 公営ギャンブルでは、北海道の帯広市にある世界唯一の農耕馬レースである「ばんえい競馬」が2020年の開幕日4月24日(土)にオンラインで歴代最高となる5億9233万円を1日で売り上げました。

 ブームが過ぎ去ったと思われていたポッドキャストが、2020年になってアメリカで大ブレークしました。その波が日本にもジワジワと押し寄せています。Spotify、Apple Podcast、Amazon music、Google Podcastでポッドキャストが配信されるようになり、人気番組も多く視聴できるようになりました。

コロナ禍で人気が再燃したポッドキャストのイメージ(画像:写真AC)

 スマートフォンで簡単に配信できるポッドキャスト配信アプリが登場し、また複数のマイクで同時に収録が可能でリーズナブルな価格のレコーダーも発売され、ポッドキャスターは急増しています。

 Spotifyは、2020年に「今、絶対聴くべきポッドキャストを見つけよう」をテーマに掲げてポッドキャストアワーズを実施しました。選考委員にはテレビプロデューサーの佐久間宣行さん、市川紗椰さんが参加しています。テレビ東京ではSpotifyと連動した深夜枠ドラマ『お耳に合いましたら。』(伊藤万理華さん主演)が放送スタートして注目されています。

 私はポッドキャスト番組を個人でも始め、企業からの依頼を受けて番組の制作も始めました。2021年に入り音楽雑誌の編集長から声がかかってポッドキャスト番組の制作に取りかかり4月から配信開始しました。 アメリカでのポッドキャストムーブメントの盛り上がりがすごいことになっていて、その余波が日本にも来るであろうというタイミングでした。

 番組制作のためにレコーダー、マイク、マイクスタンド一式を購入し収録、編集、配信をひとりで担当するようになりました。自分が制作した番組がApple Podcast、Spotify、Google Podcast、Amazon musicで配信されたときは声をあげるほど喜びを味わいました。

 こんな苦しい時期は、コンテンツの新発明をするか、既存のコンテンツを新しい見せ方で売ることしかありません。イベントができなければ、この時期は割り切ってイベントノウハウを学ぶセミナーという形でコロナ明けに備えて学びましょう、というスタンスを取りました。

 セミナー専門企業からセミナー講師として呼んでもらうことが増えました。オンラインでの地方企業担当者の視聴参加が多かったことから、企業や自治体がイベントできないタイミングでこそイベントについて学びオンラインで実践しようという意識があることを実感しました。

すっかり定着したオンライン出演


【データ】上野動物園は「9割減」 様変わりした2020年度レジャーの実態

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画