まるで形が「蝶々」みたい! 一風変わったワンルーム、肝心の暮らしやすさは?【東京間取り図鑑】

 とても狭い部屋、すごく細長い家、だいぶ変わった形の間取り――。世界随一の都市圏人口を擁する東京には、それゆえ独特な物件が数多く存在します。不動産分野に詳しいライターの夏野久万さんが、都内のフシギな間取りを巡ります。


なんとも開放的な中庭空間

 一歩入ると、オープンエアな空間が広がっていました。中央に砂利(じゃり)が敷き詰められ、夜になるとライトアップされるようです。夜間は別の表情が見られそうです。

 ちなみにこの中庭は、「外部は外套(がいとう)を着て守りの姿勢を示し、中庭に入ると本当の姿が立ち現れる」というイメージでデザインされているのだとか。何だか癒やされる、美しい空間に仕上がっているのはそのためなのでしょう。

 上を見上げると、空が抜けています。サーフィンの板が立てかけられているような手すりを見ていると、ちょっと陽気な気分になってきました。

開放的な共用空間。手すりの形も変わっている(画像:夏野久万)

 この華やかな雰囲気のある手すりは「あまり寄りかかられると安全性に問題が生じるし、また頑丈なデザインは雰囲気を重たくするので、繊細で空気のような存在感であってほしい」という思いで、このような形になったそうです。

いざ室内へ、明るい!

 たしかにこれがコンクリートの手すりならば、重たく威圧感が出てしまったかもしれません。どこか華やかさと、開放感のある手すりは、自宅までの時間をより楽しく演出してくれそうです。

 謎の間取りの部屋は、この奥の住戸。吹き抜けに面した壁が、ガラスブロックになっています。ドアを開けると、ガラスブロックから入る陽光がすごい!

ガラスブロックからこぼれてくる陽光でとっても明るい室内(画像:夏野久万)

 ものすごく明るくてビックリしました。ここが、チョウチョに例えると「胴体」の部分であり、扇子で言えば真ん中で、奥の凹凸のある箇所が、チョウチョの羽、扇子の端っこのようです。

清潔感あるトイレと洗面台


【画像】物件の内部を見る(12枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_madori_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画