単なるお金持ちじゃない! 由緒ある都内高級住宅地「松濤園」「大山園」「清風園」に共通する4つの条件とは

東京都内の高級住宅地として歴史があり、かつて「松濤園」「大山園」「清風園」と呼ばれていたエリアをご存じでしょうか。ライターの春日ルナさんが解説します。


徳川山と呼ばれていた「大山園」

 渋谷区の代々木上原は、千代田線が小田急線に乗り入れる高台の人気エリアです。代々木村から見て高い土地にあったため、「上の原(うえっぱら)」と呼ばれるようになりました。

 明治初期の頃、維新の三傑のひとりである木戸孝允が代々木上原の一角を農園として所有していました。このように代々木上原は牧場などが営まれる郊外の土地だったのです。まさに田舎といってもよいでしょう。また、ここに至るまではかなりの坂道。井の頭通りを歩くと、その上り坂具合がわかります。

渋谷区大山町の街並み(画像:(C)Google)




 代々木上原からほど近い場所にかつてあったお屋敷街が「大山園」です。1889(明治22)年、市制町村制が施行されると、代々幡村大字代々木字大山に住所変更。当時の土地所有者は外交官の青木周蔵でしたが、のちに付近一帯の地主であった鈴木善助が取得。

 鈴木は1913(大正2)年に和風庭園をあるじとした遊覧施設「大山園」をつくり、開放しました。それが地名「大山」が広く知られるきっかけになっています。

 また西原3丁目のあたりは、もともと紀州徳川家の子孫(政治家・実業家だった紀州徳川家第15代当主・徳川頼倫)が所有していたことから「徳川山」とも呼ばれました。

 高台にあったことで被害が少なく、その安全性が注目されました。1927(昭和2)年に小田急線が開通したことも後押しとなって、大山園から徳川山の不動産が分譲され始めます。そして、現在も多くの財界人の邸宅が立ち並ぶ高級住宅地が形成されました。

かつて大物政治家が集う町だった「清風園」


【画像】明治初期の「松濤エリア」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210930_rich_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画