大ブームから早2か月、新宿“3D巨大猫”に仲間が? 新キャラ登場に「いろんな猫がいるな」「とにかくヨシ!」

2021年9月28日

ライフ
ULM編集部

JR新宿駅東口に設置された巨大な街頭ビジョンと、映し出される巨大な三毛猫。2021年7月にお目見えすると、世間の話題をさらいました。あれから2か月弱、「巨大3D猫」に新たな仲間が加わっているさま子が目撃されました。


感染対策呼び掛け、区とコラボ

 あ_っ君さんいわく、

「もともと『仕事猫』というキャラは知っていました。……むしろ、グッズを買うほど好きです。ですので最初に仕事猫が映し出されたのを見たときには『君ら猫違いだろ!』と思わず突っ込んでしまいました(笑)。新宿区とコラボしているのを知ったのは、その後です」。

 そう、実はこの街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」(新宿区新宿3)のおひざ元・新宿区が、新型コロナ禍の2020年12月から感染対策などを呼び掛けるため仕事猫とコラボしたイラストや動画を制作しているのです。

 区の公式サイトではフルバージョン(1分間)動画のほか、顔出しパネルの要領で仕事猫と一緒に「ヨシ!」を決めることのできる別バージョン動画を見ることができます。

新宿区の公式サイトで見られる「仕事猫」動画のスクリーンショット(画像:新宿区)

 クロス新宿ビジョンを共同運営するうちの1社、ユニカ(新宿区西早稲田)の担当者によると、同区の「仕事猫」動画は当面の間、ビジョンでの放映を予定しているとのこと。

 またほかには、オンラインゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の広告として、人気悪役のフリーザも街頭ビジョンに出演中。9月30日(木)までの放映予定で、作中の有名なセリフ「こっぱみじんにしてやる、あの地球人のようにな」を披露しているそうです。

 あ_っ君さんはフリーザも目撃したと言い、

「フリーザさまもいるとは知らなかったので偶然の出会いでした。アニメを見ていたので、飛び出すフリーザさまとの久々の再会にちょっと感激しました。仕事猫もどちらも、意表を突くキャラで面白かったです」

と興奮気味に話してくれました。

新宿の新名所を目指して話題作り


【画像】新宿に登場した新・巨大キャラ(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_neko_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画