【ULM × Regina 特別企画】ゴルフは「ボール選び」が一番大切! その理由を教えます[PR]

2021年9月26日

お出かけ
Regina編集部

ゴルフがもっと上手になりたい! そんな人にとって、何より大切なのは「ボール選び」なのだと言います。果たしてその理由とは――?


ボールをころころ変えると上達の遠回りに?

「池だから、ここは拾ったボールを使おう」――。ゴルフボールは安いものではないので、そう考えがちですよね。でもこうやってボールをころころ変えていると、上達の遠回りになってしまうのだとか。

 その理由を、女性ゴルフファッション誌『Regina』編集部が解説します。

松山プロは「音」でパットの距離感を作っている

 プロゴルファーは、ゴルフクラブやゴルフボールを製造販売するゴルフギアメーカーと契約を結び、契約先のゴルフギアを使用することで契約金を手にします。

 でも、お金を払ってくれるならどこのメーカーでもいい、というわけではありません。プロゴルファーは成績が全て。自分の技術・パフォーマンスを十全に発揮してくれるゴルフギアでないと、厳しい競争の世界で生き抜いていけないからです。

 そんなプロゴルファーが最も重視するゴルフギアは、ボールです。

ゴルフの上達には「ボール選び」が一番大切! その理由とは?(画像:Regina編集部)

 例えば2021年、ゴルフ4大メジャーのひとつ「マスターズ」を日本人で初めて制覇した松山英樹プロ。

 彼は契約メーカーのダンロップ社が新開発のボールを持参してテストを依頼したとしても、最初のステップであるパッティングテストの際の「音」がイメージに合わなければ、そこから先のステップに進むことはありません。

 なぜなら、パッティングの「音」は自分の距離感を保つ上で重要なフィードバック。自分のイメージより音が大きかったり小さかったりすると、パッティングの力加減が狂ってしまうかもしれない。それを恐れているのです。

 同じくダンロップ社と契約し、2008(平成20)年の賞金女王に輝いた古閑美保プロも、「打感、クラブへの食いつき、音、硬さ、などボールによって全部違いますよ!」と言い切ります。

 ゴルフは確率のスポーツ。自分の距離感、フィーリングを養って、ナイスショット・ナイスパットの確率を上げていくためには、いつも同じボールを使うことがベストな選択なのです。

※ ※ ※

 では、私たちアマチュアゴルファーはどんなボールを選べばいいのでしょうか?

 その答えは、下記の「Regina-WEB」の記事をぜひ読んでみてください。ゴルフにどっぷりハマっているモデルの三枝こころさんが、ボールについて古閑美保プロにあれこれ質問しています。ゴルフ好きな人なら、きっと参考になるはずです。

【Regina-WEB】[教えて! 古閑美保プロ!]ボールひとつでスコアメイクは変わります!


【この記事の画像を見る】

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210924_regina2_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画