【鬼滅のグルメ】炭治郎も食べた? 大正時代の浅草は「串かつ屋台」が並び、「2度漬け禁止」ルールは東京で生まれていた!

9月25日(土)21時から、フジテレビ系列で「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がテレビ初放送されます。これを記念して、『鬼滅の刃』と縁の深い浅草でかつて食されていたB級グルメについて、著書に『串かつの戦前史』がある食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


鬼舞辻無惨との巡り合った場所付近に並んでいた串かつ屋台

 1902(明治35)年生まれの久我義男さんは、ちょうど炭治郎たちが上京した頃の浅草で、串かつを食べていました。

「大正四、五年から八年頃は、露店で牛めしが三銭から五銭、焼トリは一銭で二本。私は露店の焼トリの中では、肉フライというのが好きでした。油がなくて紫色をしたきれいな肉で、それを中へさしてパン粉をつけてあげて二銭でした。ただのフライてえと、ネギと肉と交互にさしてフライにしてくれる。で、ソースが共同でドブンとつけてたべる。それが好きでね。そういうのが、いまの伝法院の西側の庭の塀にずっと並んでいたわけです」(台東区立下町風俗資料館編『古老がつづる 下谷・浅草の明治・大正・昭和 1』)

 文中の「伝法院の西側の庭の塀」とは、現在のホッピー通りのことです。

浅草ホッピー通り(画像:近代食文化研究会)

 大正時代、ホッピー通りがあった伝法院横の通りには、串かつ屋台がずらりと並んでいました。

「傳法院横、玉木座前のフライ屋。ジユーツジユーツと油の音をさせて串フライをあげてゐる」

「一頃は、あの消防の處から、パウリスタの前角まで、悉く(ことごとく)此(こ)の串フライ屋で、其處(そこ)を通ると、ずツと並んでジユージユーと競争してゐる圖(ず)は實(じつ)に異觀(いかん)だつた」

「そして油じみたのれんをくぐり、油の匂ひを嗅ぎながら、肉の小片と葱(ねぎ)とを交互に挿した串の揚げたての奴を、ソースの皿の中にひたして、かぶりつく。その影が又のれんに動いてゐるのはとても面白いものだつた」(添田唖蝉坊『浅草底流記』)

 実はこのホッピー通り、炭治郎が鬼舞辻無惨と遭遇したと思われる(アニメ版から推察)浅草六区のすぐ近く、東に2本入った通り。

 嗅覚に優れた炭治郎のこと、あたりに漂う串かつの香りも感知していたかもしれません。

串かつはなぜ串に刺さっているのか?


【画像】『鬼滅の刃』の市場規模を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画