東京の山深い奥地に“最恐心霊スポット” アニメにも描かれた「八王子城址」には何があるのか?

東京の山深い奥地に“最恐心霊スポット”と呼ばれる場所があります。「八王子城址」。人気アニメ『RDG レッドデータガール』にも描かれたこの地には、いったい何があるのでしょうか?


八王子城址が秘めた、戦国時代の悲劇

 八王子城は戦国武将・北条氏康の三男、北条氏照が天正年間(1573~1592年)に築城し、8kmほど離れた滝山城(現・八王子市丹木町)から移ったとされています。軍事上の要所であるため周囲に高い石垣を築き、尾根や堀切を巡らしていました。

 その敷地の広さゆえに増築を繰り返しており、落城したときも未完成だったのでは、との説もささやかれています。

 この八王子城を語るうえで欠かせないのが、1590(天正18)年の八王子城合戦です。

 これは豊臣秀吉の関東制圧の一環であり、前田利家・上杉景勝ら数万の大軍に攻め入られて八王子城は落城します。

 合戦時、城主の北条氏照ほか重要な家臣は小田原本城におり、八王子城には不在でした。

 家臣の横地監物(よこち けんもつ)や中山勘解由(なかやま かげゆ)などわずかな武士と、農民、職人、女性・子どもなど3000人ほどが籠城したものの、1日で落城し、氏照の正室や娘たちは自害を選びました。

多くの女性や子どもが身投げしたと伝わる御主殿の滝(画像:写真AC)

 このとき多くの女性や子どもが自刃(じじん)をし身投げした御主殿の滝は、3日3晩、真っ赤に染まり続けたといわれています。

 こうしたエピソードからも当時の痛ましさが伝わるのではないでしょうか。

東京スポットで八王子城址が注目される理由


【画像】“最恐心霊スポット”を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_fear_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画