八王子は「オタクに優しい街」だった! アニメ『うまるちゃん』に見る郊外都市の魅力とは

東京都西部に位置する八王子は、漫画やゲームの専門店が充実した「オタクに優しい街」です。その魅力について、人気ギャグ漫画「干物妹!うまるちゃん」を手掛かりに解説します。


アニメや漫画の専門店が豊富

 うまるちゃんがゲーム大会に参加した店舗は、ライオン(八王子市東町)です。アニメではゲームセンターとして登場していますが、実物はパチンコ店です。

「干物妹!うまるちゃん」のウェブサイト(画像:(C)サンカクヘッド/集英社、「干物妹!うまるちゃん」製作委員会)

 変更点はほかにもあり、現実ではらしんばん(閉店)とメロンブックス(中町)だった店舗が、アニメイトに変更されていました。

 なおメロンブックスは国内最大規模の同人誌専門店で、同人音楽や同人ゲームも販売されています。

 JR八王子駅北口には、大量の漫画やライトノベルをそろえたビーワンやアニメイト(ともに旭町)があります。2009(平成21)年にはとらのあな(閉店)、2010年には前述のらしんばん、メロンブックスがオープンし、一気にディープな雰囲気を増しました。

ご当地VTuberの等身大立て看板も

 八王子駅南口のビックカメラ(旭町)の入り口には、同店の擬人化キャラクター「八王子たん」とご当地VTuber「玉メンマ」の等身大看板が設置されています。

ビックカメラJR八王子駅店の擬人化キャラクター「八王子たん」(画像:ビックカメラ)

 家電量販店の顔といえる場所に萌えキャラのパネルが堂々と置かれている点からも、八王子全体でオタク文化を盛り上げようとしている雰囲気が伝わってきます。

 玉メンマは八王子の魅力を全国に発信するのを目的とし、SNSやYouTubeで活動しています。ラーメンと関連深い名前なのは、八王子の名物・八王子ラーメンにちなんでいるから。

 八王子ラーメンは醤油ベースの淡泊な味が刻みネギの甘さを引き立てる、少し懐かしい味がするラーメンで、全国のラーメン通に知られているため、八王子を訪れたらぜひ食べてみてください。

 八王子駅北口の量販店はパソコンやゲームの品ぞろえが充実しており、性能や操作感など自分でしっかり見て選べるので、オタクにはたまりません。筆者も実際に足を運びましたが、質・量ともに満足できる内容でした。

マスコットキャラがお出迎え


【画像】60年前の八王子の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210919_umaru_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画