『ろくでなしBLUES』四天王の町! 吉祥寺・渋谷・浅草・池袋の観光エリアを漫画でたどる

昭和から平成初期にかけて大人気だった漫画『ろくでなしBLUES』。そのゆかりの地を今回振り返ります。あなたはいくつ覚えていますか?


葛西が牛耳る池袋

「東京四天王」で最強と名高い葛西が通う池袋正道館高校はその名の通り、池袋にあります。

 葛西が得意技のパワースラムで前田を圧倒した場所は東池袋中央公園(豊島区東池袋)だとファンの間で推測されています。東池袋中央公園は巣鴨刑務所跡地の再開発事業にとして、サンシャイン60とともに1980(昭和55)年に作られました。昨今ではコロナウイルスの感染拡大防止の観点から開催されていませんが、2019年頃まではダンスライブなどが催されていました。

豊島区東池袋にある東池袋中央公園(画像:写真AC)

 東池袋中央公園から道を挟むとサンシャインシティ(同)がそびえ立ちます。自分の生き方に葛藤した葛西がひとり訪れる水族館は、このサンシャインシティの中なかにあるサンシャイン水族館です。「天空の旅」、「水辺の旅」、「大海の旅」の3ブースで構成されるサンシャイン水族館は、まさに大都会のオアシスといえるでしょう。

『ろくでなしBLUES』での池袋は荒れた危険な町のイメージをほうふつとさせますが、現代では大きく変化しています。LIFULL(千代田区麹町)の調査によると、コロナウイルスの感染拡大以前の2017年、2018年、2019年では「借りて住みたい街ランキング」で3年連続1位が池袋です。充実した施設や便利なアクセスなど、その魅了を感じると池袋に住みたくなるかもしれません。

四天王の四つの都市

『ろくでなしBLUES』に登場する四天王の聖地、吉祥寺、渋谷、浅草、池袋についてご紹介しました。

 四つの都市の立地としては浅草が東に寄っていて、吉祥寺が西に位置します。そのためもしそれらの都市を回りたい場合は、中央に位置する渋谷と池袋を連続して訪れるとよいでしょう。

『ろくでなしBLUES』(画像:(C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社)

 緊急事態宣言が明けたら、『ろくでなしBLUES』のキャラクターが訪れた場所に足を運んでみませんか? 観光スポットとしても人気な場所ばかりなので、漫画のファン以外も楽しい外出になると思います。


【画像】表参道駅に貼られた『ろくでなしBLUES』葛西のポスター

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画