定番サンドイッチから「日本一のマンゴープリン」まで 銀座・有楽町で食べられる「黄色いメニュー」5選

外出先で何か食べるとき、メニューそのものではなく、メニューの「色」で選んでみませんか? 今回は黄色を取り入れたメニューが食べられる、銀座・有楽町付近のお店を五つご紹介します。


3.月のはなれ「月のレモンケーキ」

 続いてご紹介するのは、銀座にあるレストラン・月のはなれ(中央区銀座)。お店は雑居ビルの5階にあるため、細い階段を上っていく必要があります。途中、壁に貼られた「あと15段」などの文字に励まされながらたどり着くと、屋上庭園のような緑に囲まれた空間が広がっています。

 このお店の黄色メニューは、三日月型のかわいらしい見た目が特徴的な月のレモンケーキ。生地にもレモンが練りこまれているため、ナイフで切るとレモンの香りがふわっと広がります。

三日月型がかわいい月のレモンケーキ(画像:わしわし)

 さらにはちみつ、コンフィチュール、生クリームといった3種類のトッピングが添えられており、それらを付けて食べるとまた違った味わいになるから不思議です。銀座とは思えない隠れ家のようなお店で、心地よい風を感じてみてください。

4.喫茶ジュン「びっくりオムライス」

 続いては、有楽町の喫茶ジュン(千代田区有楽町)のびっくりオムライスをご紹介します。

エビが入ったびっくりオムライス(画像:わしわし)

 JR有楽町駅前にある東京交通会館の3階にあるため、新幹線を見ながら食事を楽しめます。そんな喫茶ジュンでおすすめなのが、人気メニューでもあるびっくりオムライス。卵の黄色とトマトソースの赤色が映える、食欲がそそられる色合いが魅力です。

 クリームを使用しているためふんわり柔らかいのが特徴で、スプーンを入れると中からご飯がとろりとあふれ出てきます。具材にはエビやマッシュルームを使用し、上にかかったトマトソースにも具材がたっぷり。ロケーションも良い店内で、おいしいランチを楽しんでみてはいかがですか?

5.ザ・ペニンシュラ東京「マンゴープリン」

 最後にご紹介するのは、5つ星ホテルのザ・ペニンシュラ東京(千代田区有楽町)のマンゴープリンです。

 開放感のある空間が魅力的なロビーでは、生演奏を楽しみながらアフタヌーンティーなどを味わえます。

 こちらのマンゴープリンは、とても濃厚でなめらかな食感が魅力。マンゴーをそのまま食べているかのようなぜいたく感があり、食べた人たちから

「日本一のマンゴープリン」

と呼ばれているのも納得です。

 マンゴープリンはお持ち帰りすることも可能なため、大切な人への手土産にもぴったり。宿泊は高くて手が出せなくても、カフェの利用なら気軽に憧れのホテルですてきな体験をすることができます。

黄色メニューで身体も心も元気に


【画像】有楽町で食べられる「日本一のマンゴープリン」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210909_yellow_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画