北千住にシブいおそば屋さん発見! と思ったら実は「歴史ある喫茶店」、ただよう“昭和感”に2.7万人が驚き「ジオラマかと思った」「ナポリタンがうまい」

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


レトロな景色が広がる千住エリア

 投稿した柊サナカさんは、東京下町を舞台にしたミステリー小説『谷中レトロカメラ店の謎日和』シリーズ(宝島社文庫)など数多くの作品を発表している小説家。

 モカコーヒーのある北千住は作品の舞台として描いたこともあり、取材で何度も足を運んだ場所。この日も懐かしく歩いていたといいます。

「北千住にはレトロな町並みも多く残されています。町角に昔ながらのコインゲームなども置かれていて、ただ歩くだけでも発見があります。(この日は)用事を済ませて千住桜木町でバスを待っていたら、バス停の向かいにのれんが見えました」

「何となく、たたずまいとのれんから、おそば屋さんかなと思っていました。のれんに『コーヒー』、建物の側面に『ミルクホール』という看板があるのを見つけ、建物とのれんとのギャップが面白いなと感じました」

 レトロな建物も、コーヒー店も好きという柊さん。過去の作品では毎話必ずコーヒーを飲むシーンを入れたほど。

「北千住から千住桜木町にかけては、レトロな景色が好きな人の散歩コースとしても楽しめます。来年にかけていくつかの企画が同時に動いているので、執筆に疲れたら息抜きによくこのエリアを歩いています。雰囲気のある町並みを愛する方はぜひ」

 確かに小説のなかに登場しそうなムードをたたえたミルクホール モカ。実際に来店したことのあるフォロワーたちからは、

「ここのカツライスが好きです」
「昔ながらの味でナポリタンがうまいですよ」
「職人気質の素敵なマスターが一人でやってます」

と、魅惑の情報がいくつも寄せられていました。


【画像】昭和の風情ただよう店を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210904_kitasenju_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_kitasenju_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_kitasenju_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_kitasenju_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_kitasenju_01-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画