私の足はおかしいの――? 「靴の痛み」に苦しみ続けた東京アラサー女性、やっと見つけた解決策とは

2021年8月29日

ライフ
ULM編集部

身体にまつわる悩みやコンプレックスは人それぞれ。当の本人でないと分からないことが多分にあります。今回、東京に住むアラサーの会社員女性が、自身の体験談を話してくれました。


専門店で告げられた思わぬ診断結果

 彼女に転機が訪れたのは、何気なく入った書店で1冊の本を見つけたこと。

『その靴、痛くないですか?』。A美さんに問いかけているようなタイトルに思わず引き寄せられ、パラパラとページめくってみると、まるで自分のことが書いてあるかのような内容。

 帰宅してすぐに著者名をインターネットで検索すると、神戸で創業した120年超を超える老舗がヒットしました。新宿区内に店舗があるのを知り、すぐさま予約。“靴を売らない靴屋”として、足や靴についてしっかりと診断しアドバイスしてくれる専門店でした。

 計測のために靴を脱いだ瞬間、「あぁ~、この足だと靴選ぶの大変でしょう~」と担当者がひと言。

「やっぱり足の指が長過ぎるのかな? サイズも大きいのかもしれない……」。自分の中の心当たりをいくつか探しましたが、診断の結果は彼女にとって思いもよらないものでした。

さまざまなタイプの女性用の靴のイメージ(画像:写真AC)

 それは「足幅がものすごく狭く、さらに、くるぶしもものすごく小さい」というもの。

 足幅は、通常AからEまでのアルファベットを用いて表され、最も狭いものはAAA、逆に広いものはEEEと測定されます。

 A美さんの足は、最も細いAAAでした。一般的なアパレルショップや靴店に並ぶ商品は足幅E~EEが中心。彼女の足に合うパンプスは、基本的に市販品で探すのは極めて難しいということを初めて知ったのでした。

初めて自分の合う靴に出合えた!


【アンケート】今どき10代女性の悩み・コンプレックスとは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画